FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハリウッド版『ゴジラ』の予告に隠された驚くべき内容

ハリウッド版『ゴジラ』の第二弾予告が公開されました。
オリジナルのゴジラは、水爆実験により深海の住処を追われたゴジラが地上に現れるといった話でした。
人間の身勝手で愚かな行いにより仕方なく地上に現れただけで、実はゴジラ自身はなにも悪くはないんです。そのゴジラに対してまたもや人間は勝手な攻撃を与える。
ゴジラとは人間が招いた災いの象徴であり、天罰を下す怒りの神でした。
ハリウッド版『ゴジラ』はオリジナルをリスペクトした内容だと言われています。公開された第二弾の予告ではそれを感じさせる内容になっているようです。

それでは恒例の、妄想解説を始めることにしましょう。

岸の向こう側で暴れるのは、もちろん我らが怪獣王。実にナイスなアングルです、怪獣映画はこうでなくては
ゴジa

今回の映画はデザスタームービーとして見る事もできるでしょう。その被害は大きな自然災害にも匹敵します。それはあとのシーンでも分かります。
ゴジb

アメリカに終わりが近づくときには必ず女神が潰れますwパニックムービーのお約束ですね。
ゴジc

迫り上がる海水と船舶。怪獣王登場にふさわしいシーンです。やはり怪獣映画はこうです。
ゴジd

で、その巻き添えを食って津波に飲み込まれる人々。前に説明した自然災害とはこのことです。
ゴジe

捜索する軍隊がそこで見つけたものとは。
ゴジf

核。とうとうゴジラの真のテーマに迫ってきました。
ゴジg

白黒フィルムに映るゴジラの背びれ。映像は1954年に撮られたもので、オリジナルゴジラが作られたのもこの年です。そして水爆実験が行われゴジラが誕生するのだ。
ゴジh

水爆です。マークから対ゴジラ用だと分かります。でもマークが可愛いw
ゴジi

時代は過去へと遡り、1954年のある場所へと映像が変わります。そこにはゴジラが。
ゴジj

遂に放たれた水爆ミサイル。オリジナルと違うのはここ。水爆実験ではなくて初めからゴジラに攻撃する目的で水爆が使われたようです。
ゴジk

遠くに見えるのは、軍隊とゴジラとの戦いで起きた戦火でしょうか。手前には戦地へと輸送されるミサイルが見えます。
ゴジl

主役は『キックアス』のへたれヒーローが演じます。その父親には『ブレイキング・バッド」のドラッグ製造先生w『ブレイキング・バッド』ファンの自分としてはそれだけでも価値のある映画です。
ゴジm

ミサイル弾頭の後ろになんだか気持ち悪いものがからまってます。
ゴジn

空から舞い降りてくる謎の物体!羽が生えている!?ゴジラじゃないよね、これはもしかすると!
ゴジo

で、ドボーンと海中に突っ込みます。なんか尖った体が見えます。これは絶対にゴジラじゃない。
ゴジp

怪獣の骨?墓場なのか?もしかしたら他にもたくさんいるとか。さっきの空飛ぶやつももしかして・・・
ゴジq

さらに、これまた正体不明のかぎ爪。これもゴジラじゃない。では持ち主の正体とは。
ゴジs

かぎ爪アターック!
ゴジt

最後の締めは、やはり我らの怪獣王の雄叫びです。
ゴジu

どうでした?ますます期待が高まり楽しみが増した予告でしたよね。なかでも一番に気になったのが、あの羽の生えた生物とかぎ爪。もしかしたら、ゴジラ以外の怪獣が登場するんではないでしょうか。とすると、羽のやつは間違いなくラドンですよね、じゃあかぎ爪は?だれか詳しい人いません?
ゴジw

もしそれが事実なら、これは大事件ですよ!なんて言うビックなサプライズ!最終的には怪獣大戦争になるのかもしれない!
と、そんな感じで妄想にふける自分なのであったw
でもマジなんじゃないの?
スポンサーサイト

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

No title

残念ながら東宝から使用許可とってるのはゴジラだけらしいんで、ラドンは可能性低いそうな。

Re: No title

コメントありがとうございます
調べたところ、海外の一部のファンにそのようなつぶやきをしている人がいるみたいですね。
公式でも発表されてることなんでしょうか
もう一匹のかぎ爪は、ムートと言うクモに似たオリジナル怪獣らしいです。昨年のコミコンで公開された予告にその姿が映ってたらしいですが現在では削除されています。
と言うことは、羽の生えた生物もオリジナル怪獣の可能性が高いですね。

No title

予告の敵怪獣についてですがおそらくMUTO、飛行型と蜘蛛型らしいです
敵怪獣は2体が確定していますが蜘蛛型と飛行型が同種ということはあと一種いるのかもしれません、去年流れた映像のムカデのような怪獣の可能性もありますがMUTOが昆虫型なので飛行型の幼体かも?

ムカデはニコ動に動画が現存してるので見れますが私は今回の予告に映ってる飛行型怪獣がどう見ても虫ではなく翼竜のように見えます

あくまで噂ですがもう一体は強化ヘドラの説があります
ヘドラの監督が参加していること、元々今回のゴジラは監督本人がヘドラの続編を考えており、企画していたゴジラVSデスラという3D映画が色々問題があり実現できずプロデューサーとレジェンダリーに話を持ち掛けて生まれた映画とのことなので…しかしデスラも今回のMUTOと同じく二種の形態が存在してたらしく設定も似てる部分があるのでデスラがMUTOに変わったのかもしれません

長々と失礼しました
ここまであと一体が公開されないのは何かしらのサプライズあると思いたいですね、単純に姿が違うMUTOが2体とカウントされてるのかもわかりませんが

No title

絶望しかない展開ですね。
この状況から人類の明日は見えてこない……

にしても、詳しい解説、面白かったです(´∀`)
ざっと流してトレーラー見てたんで、
ヒッシーさんの解説、うれしかった!

いやあ、それにしても待ち遠しすぎますね!
一体、どんな映画になるのやら~

Re: No title

コメントありがとうございます
詳しいお答えに感謝です!さっそくニコ動で確認しました。
うおおおお、ほんとにムカデが!あのかぎ爪はムカデのもの?でも死骸の足と形状が違う気が・・かぎ爪はもっと長いですよね。クモとムカデの二体が出るんでしょうか。
飛行形態は自分も翼竜だと思います。
正面から見た膨らんだ胴体と足が完全にそれですよね。でもラドンを使う許可を東宝から得ていないと聞いたのでそれに似た怪獣なんでしょうね。
監督はヘドラが好きなんですか?怪物の見た目だけは知ってますけど内容までは知らないんですよ。続編を作りたいと言う事はよほど面白い作品なんでしょうね。
しかし詳しいですね〜本当に感謝です。

Re: No title

ハリガネさん、コメントありがとうございます。
なんだかゴジラの他にも何体かの怪獣が出るらしく、もう完全に人類終わりましたねw
しかしどうやって完結させるの?
意外とゴジラが正義に目覚めて他の怪獣をやっつけたりしてwそして海へと還るw
プロフィール

ヒッシー

Author:ヒッシー
映画レビューから最新作の情報配信まで、映画に関する面白いことなら何でも書いちゃおうといったブログです。また映画フィギュアの紹介とそれを使ったコント劇も作っています。なぜか真面目な話が作れません(笑)と言うか、お笑いのほうが作ってて面白いし。
読んでくれた人に笑って楽しんでもらえる、そんなブログを目指しています。たまには真面目なレビューもするよ(笑)

その他の映画情報
気になる映画情報をつぶやきます
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。