FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リメイク版ロボコップがまさかの・・

2月14日〜16日までの全米映画ボックスオフィスランキングが発表されました。
さてリメイク版ロボコップの順位と興行収入の結果は。
なんと、初登場3位で収入二千万ドルの爆死・・制作費1億ドルでこれはまずい。
ここからランキングを上げることはまずないので、週末三日間でこれだと今後の売り上げが酷い事に・・
ちなみに、格付けサイトのRotten Tomatoesによる評価は、評論家支持率49%に対し、観客支持率は66%です。話題の期待作として見ると、これはかなり低い数字です。やはりオリジラルを超えられなかったことが批難された原因か。
あと自分が思うに、ロボコップを初めから人間臭く描いたことがいけなかったのでは。
この画像を見るとそんな気がしてならない。
ロボa
ロボb

顔のバイザーを外すと途端にコスプレイヤーになってしまうんですよねw
しかも嫁とラブラブだしw
前作にあった悲しさを感じない。けっこう幸せそう。息子とも上手くいってるみたいだし。
日本は来月から公開です。その評価の真偽は実際に見てからですね。

そのロボコップを抑えて一位と二位を記録したのは、二位の『アバウト・ラスト・ナイト』と一位の『The LEGO Movie』です。共に初登場。


『アバウト・・』は、80年代にデミ・ムーアとロブ・ロウ主演で作られた『きのうの夜は・・』のリメイクで、評論家支持率76%に対し、観客支持率81%になっています。1250万ドルの制作費に対して、2700万ドルの収入。ヒット確実です。
オリジナルは見た事も無いし、リメイクの方は評価が高いので、まあ面白いんでしょう。でも日本では絶対にヒットしないでしょうね、へたすると公開自体がない可能性がある。予告を見てもなにが面白いのかさっぱり分からないし。個人的にもわざわざ劇場に行って見るようなタイプの映画ではないです。このあたりに、海外と日本とでのヒット映画の温度差を感じます。文化や国民性の違いだけではなく、字幕だから面白さが伝わりにくいといった理由もあるんでしょうけど。そういったドラマは吹き替えを見ると理解しやすいです。

そして一位の『レゴ・ムービー』。評論家支持率95%に対して、観客支持率93%!!化け物か!6000万ドルの制作費に対して、1億2900万ドルの収入!ぼろ儲けです。
確かにレゴは世界的にも人気のおもちゃだけど、アメリカでの人気は異常。分からない、やはりこれも文化の違いか。多分これも日本ではヒットしないような気がします。
全米のランキングは本当に謎だらけです。しかもこの下にはまだまだ知らない映画がたくさん。それが映画大国である証なんですけどね。






スポンサーサイト

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヒッシー

Author:ヒッシー
映画レビューから最新作の情報配信まで、映画に関する面白いことなら何でも書いちゃおうといったブログです。また映画フィギュアの紹介とそれを使ったコント劇も作っています。なぜか真面目な話が作れません(笑)と言うか、お笑いのほうが作ってて面白いし。
読んでくれた人に笑って楽しんでもらえる、そんなブログを目指しています。たまには真面目なレビューもするよ(笑)

その他の映画情報
気になる映画情報をつぶやきます
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。