FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『エベレスト3D』を鑑賞

『エベレスト3D』を鑑賞。
エベレスト
はっきり言って舐めてました。実際にあったことの映画化だ、そして雪山での遭難もの。奇跡体験アンビリーバボーのような奇跡的な感動話があるんだろうと、そんなわりかし軽い気持ちでの鑑賞であった。
まあ莫大な製作資金がかかってるんだし、それにタイトルに3Dと大きく書かれてるぐらいだからそれなりには迫力があるんだろうと。だいたい今時、恥ずかしげもなく大々的に3Dを謳い文句にする映画ほど信用できないものはない。そのほとんどが張ったりもいいところだ。でもこのタイトルは日本だけなんですよね、相変わらず日本の宣伝方法には問題が多すぎる。
しかし映画を見て気持ちが一変。
襲い来る自然の猛威、猛威にさらされ死にゆく人間たち、死への恐怖、そして彼らを故郷で待つ愛する者たち。ここではヒロイズムの一切がないのだ。あるのは非情なまでの現実。
エベレストが死の世界と言われる所以を思い知らされた。だからこそ、その恐怖に立ち向かっていった人間の生命力の強さにも感動する。最後には涙が溢れ出る。
確かに死を間近に体験するような恐ろしい映画ではあるが、それでも最後に崇高な想いを馳せてしまうのはなぜか。
嵐が晴れ、朝日に照らされて神々しく輝く山々と今もそこで眠る登山者たちの姿が崇高で気高く自分の目に映るのだ。
あと吹き替えのキャスティングが絶妙で、主人公のジェイソン・クラークを小山力也、登山者達をベースキャンプでサポートするサム・ワーシントンを杉田智和が演じる。
つまりは、ジャック・バウアーとメタルギアのカズだ(笑)彼らのおかげで少しでも気が休まるのだ。最悪の状態でも彼らならなんとかしてくれるだろうと(笑)

スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヒッシー

Author:ヒッシー
映画レビューから最新作の情報配信まで、映画に関する面白いことなら何でも書いちゃおうといったブログです。また映画フィギュアの紹介とそれを使ったコント劇も作っています。なぜか真面目な話が作れません(笑)と言うか、お笑いのほうが作ってて面白いし。
読んでくれた人に笑って楽しんでもらえる、そんなブログを目指しています。たまには真面目なレビューもするよ(笑)

その他の映画情報
気になる映画情報をつぶやきます
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。