FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ファンタスティック4』の感想

「ファンタスティック4」を観賞。
41.jpg
公開前から何かと不穏な噂を振りまいた話題の問題作である。
評価は軒並み前代未聞の低評価、またその評価は全て製作会社のせいだと監督がツイートする始末である。自分が作っていたものを改善されたというのだ。それがなければ全く違った評価になっていたに違いないと。確執は会社だけではなく俳優ともあったようで、今後ジョシュ・トランク監督がハリウッドで生き残っていく可能性はほとんどないといっていい。前作の「クロニクル」の評価が高く自分も大好きな作品だっただけにひじょうに残念な思いだ。
そんなバッシング一色の中での作品観賞となったわけだが・・・
良い!良いじゃないか!俺は支持する。
公開前から監督が口にしていた「ザ・フライ」のテーマもちゃんと盛り込まれている。”進みすぎた科学を過信し無闇に使用してはならない”といったものだ。その結果の悲劇が四人の誕生なのだ。ヒーロー映画というよりかはSFホラーのテイストが強い。変貌した彼らが実に不気味だ。
しかしそれも途中まで。その変わり果てた彼らの苦悩があると思わせて次の瞬間にはいきなり能力を使いこなしているのだ。おそらく大幅にカットされたのはその部分だろう。それ以降の展開は取って付けたような悪とヒーローとの戦いになっていく。流れがあまりにも唐突に変わりすぎるのだ。
ただ全てが全て勝手に変更されたわけではなさそうで、監督が好きな「アキラ」の超能力バトルをそのまま使ったようなシーンもあり最後まで監督不在ではなかったようだ。やはり中盤にあったと思われる登場人物たちの苦悩とそこからの復活がカットされてしまったのだろう。
それさえあれば評価が違うものになったと語っている監督の言い分も分かる。だがそれでも異端の作品であることには違いない。
これまでのヒーロー映画のノリで見ると確実に戸惑うが、先に話したSFホラーが好きなら決して楽しめないものではないはず。でももし続編があるならそれは期待できそうもない。彼らは最後に意気揚々とチームの名を決め宣言するのだから。これまでのようなヒーロー映画が好きな人は続編に期待していいかも。
最後に、どうかジョシュ・トランクを見捨てないでやっていただきたい。

スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

お久しぶり!( ^ω^ )
ミスター・ファンタスティックは、アベンジャーズもXーMENも憧れるヒーローなんですけどね…。
なんでFFは映画化されるとヒドい扱いになってしまうのか。鷹の爪団風に言うと、「総統!大変です!アベンジャーズに予算をつぎ込み過ぎてしまいました!」「吉田くーん!だから目先の興行収入にとらわれるなとあれほど…」「大丈夫ですよ、今のマーヴルファンはアベンジャーズ以外さほど気にしてません」みたいな感じでしょうか(笑)

Re:

あれっし〜さん、コメントありがとうございます
久しぶりです。ずっとツイッター中心の生活なので長らく放置していましたwフォロワーさんからブログを褒められまして、それがなければずっと放置になっていたかもしれませんw
F4は歴史が古く、それ以降に作られた様々な能力を持ったヒーローに比べるとありきたりで地味に感じるかもしれませんね。だからこそ、監督はあのようなアプローチを目指したのかもしれません。考えは間違ってなかっただろうし途中まではそれが実現されていました。個人的にはひじょうに惜しい作品です
プロフィール

ヒッシー

Author:ヒッシー
映画レビューから最新作の情報配信まで、映画に関する面白いことなら何でも書いちゃおうといったブログです。また映画フィギュアの紹介とそれを使ったコント劇も作っています。なぜか真面目な話が作れません(笑)と言うか、お笑いのほうが作ってて面白いし。
読んでくれた人に笑って楽しんでもらえる、そんなブログを目指しています。たまには真面目なレビューもするよ(笑)

その他の映画情報
気になる映画情報をつぶやきます
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。