スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『博士と彼女のセオリー』の感想。

『博士と彼女のセオリーを観賞』。
セオリー
世界的な宇宙物理学者で今も存命であることからその人の人生を変に着色してしまうわけにはいかない。よってホーキング博士の人生をあるがままに描いた映画と言える。自叙伝を見るような感じだ。しかし恋の始まりから描くところに創作的面白みがあるのも事実だ。ホーキング博士と彼を愛した女性との愛の物語として涙する人も多いだろう。
実際にも多くの苦労があったようで、それを巧みな演出と役者たちの芝居によって心の機微を表現し映画的ドラマ性を加味している。そして最も映画的なのがラスト。
公演でホーキング博士は来場者からの質問を受ける。「あなたは無神論者だが、あなたにとっての人生哲学はなんであるのか」と。
それに答える直前にあることが起きる。はっきりとは明言しないが、それはその時初めて博士が神の存在を願った瞬間の行為だったのだろう。
ともあれ、この映画一番の見所は俳優の演技に尽きる。
ホーキング博士そっくりになりきったエディ・レッドメインの演技にはただただ驚くばかりだ。アカデミー男優賞受賞も当然の結果と言えるだろう。

スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヒッシー

Author:ヒッシー
映画レビューから最新作の情報配信まで、映画に関する面白いことなら何でも書いちゃおうといったブログです。また映画フィギュアの紹介とそれを使ったコント劇も作っています。なぜか真面目な話が作れません(笑)と言うか、お笑いのほうが作ってて面白いし。
読んでくれた人に笑って楽しんでもらえる、そんなブログを目指しています。たまには真面目なレビューもするよ(笑)

その他の映画情報
気になる映画情報をつぶやきます
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。