スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日公開の『ターミネーター:ジェニシス』に向けて

『ターミネーター:ジェニシス』の公開日が明日に迫ってきました。生みの親であるジェームズ・キャメロン監督が「これは私の作った作品の正当な続編だ、どんでん返しに驚いた」とコメントを寄せていました。
その言葉に勇気づけられた人は多いはず。オリジナルの一作目を見たのは自分が15歳の頃です。当時は、銃撃戦や肉体派アクションに夢中になっていた頃で、そんなアクション小僧がターミネーターを見てどれだけの衝撃を受けたことか。
劇場で体験した観客のどよめきも忘れられません。サイボーグのシュワルツェネッガーがカイル・リースの放った複数の銃弾で吹っ飛び、観客達がホッとしたのもつかの間、なんとシュワルツェネッガーはむくりと立ち上がって反撃をしてくるではないか!その瞬間、劇場内にどよめきが走りました。それまでいろんな悪役が登場する映画を見てきましたがそんなふうに銃弾を何発食らっても立ち上がってくる敵なんて見たこともありませんでしたから。しかもシュワルツェネッガーの容姿がめちゃくちゃ怖い。当時シュワちゃんは無名でしたからね、映画での登場シーンからして衝撃でした。筋肉モリモリのマッチョマンが素っ裸で登場して近くにいた不良達を素手で殴り殺してしまうんですから。それも腹を貫通して内蔵をえぐるほどのパンチ力で。こいつはとんでもないバケモノだって思うじゃないですか、でその後の銃撃戦です。あんなインパクトは今後ないでしょう。それも15歳という多感な時期に見たもんだから、もうその後の人生は決まったようなもんですw。加えてシュワルツェネッガーとスタローンのブームがやって来ますからね。筋肉に銃に爆破。現在自分は45歳ですが間違った方向に駄目人間になってしまいました。未だに中二心が消えないおっさんですw同じ歳でそんな人が多いんじゃないですか?
そして待ちに待った『ターミネーター2』がやってきます。この当時、シュワルツェネッガーは今や押しも押されぬ世間の人気者です。演じる役と行ったら正義のヒーローばかりです。そんな彼がまたあの残虐で恐ろしい役を演じるのか?当時はネットなんて存在していないので得られる情報なんて限られています。ロードショーやスクリーンといった月刊紙や深夜のマニアックな情報番組からそれを見聞きしていたぐらいです。最初に見た予告は深夜番組でした。それはサイバーダイン101型が工場で作られるといっただけのものです。そして最後に完成して出てきたのが裸のシュワちゃんでした。その時に口にしたシュワちゃんの言葉があの有名な「アイル ビー バック」です。
映画の内容にはまったく触れていませんでしたが、それだけで中二な自分は大興奮したのでした。
その後次々と明らかになる新事実に更に期待が高まることになります。
そして遂に来た公開日。観賞中と観賞後のあの気持ちはとてもここでは書き尽くせません。あの凶悪なロボットが実は主人公を守るために未来からやってきたロボットだと知ったときの驚き。新たに登場した敵の驚くべき能力。その敵の前にはあのT800でさえかなわない圧倒的な恐怖と絶望。その絶望と抵抗のなかから生まれる母と子の愛、そしてT800との絆。人間の心を理解していくT800に胸を打たれます。彼らは未来を変えるために戦います。
迎えるラストシーン、もう涙無くして見れません。
どうでしょうか、自分が受けた感動が少しでも伝わったでしょか。
「私たちの目の前には未知の未来が広がっている。どんな未来が待っているのか分からない。でも分かったことは一つある、それはマシンにも私たちの心を理解できるということだ」
そう、まだ見ぬ未来。映画を見る人間もその未来に多くの想いは馳せたのだ。その気持ちは今も変わる事無く自分の中で大事にしまっている。だからこそずっと好きな映画なのだ。
その後に3と4が作られましたが、そんな理由で自分の中ではそれらの作品はないものになっています。独立したアクション映画として見るなら見応えのあるシーンもあります。そりゃお金をかけてますからね、当然と言えば当然です。特に3は好きですよ、T850とT-Xとのトイレでのガンチンコバトルは今も好きなシーンです。でも2の続編ではない。あのラストで感じた気持ちを大事にしてると話したじゃないですか、だから自分にとってのターミネーターはあそこで時間が止まってるんです。
ジェニシス公開へのキャメロンの言葉はありがたいですが、だから正直内心複雑なんです、キャメロン本人が作ったのならまだいいですけど他の人間が作ったものを2の続編として認めたくはない。
現在アメリカで公開中ですが、やはり自分と同じ思いの人間が多いのか、大惨敗の大コケになってしまっているようです。評価も芳しくない。
キャメロンの言葉の真意がどこにあったのか分かりかねます。今まで散々こねくり回されてきた自身の作品を今更軽々しく続編などと口にできるのだろうか。もしかして金?w
公開は明日です。その真実をこの目でしっかりと確認しにいこうと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヒッシー

Author:ヒッシー
映画レビューから最新作の情報配信まで、映画に関する面白いことなら何でも書いちゃおうといったブログです。また映画フィギュアの紹介とそれを使ったコント劇も作っています。なぜか真面目な話が作れません(笑)と言うか、お笑いのほうが作ってて面白いし。
読んでくれた人に笑って楽しんでもらえる、そんなブログを目指しています。たまには真面目なレビューもするよ(笑)

その他の映画情報
気になる映画情報をつぶやきます
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。