FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一度観ただけでは理解は出来ぬ:『バードマン:(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』

『バードマン』を昨日鑑賞しました。アカデミー作品賞、監督賞、撮影賞、脚本賞の計4部門を受賞した注目の作品です。
あくまでも個人的な意見ですが、正直に言って歴代のアカデミー受賞作品と肩を並べるほどの作品とは思いません。しかしそれは間違いであるのかもしれない。近年の大作指向に慣れてしまったのか、単に内容を理解するための読解力不足なのか、頭ごなしに評価を下してはいけない非常に難しい作品であることは確かです。
業界関係筋の評価は高いようですね。内容はハリウッドビジネスへの痛烈な批判と風刺が効いたものであり、それを安易に否定せず深い人間ドラマによって問題定義を見る者に突きつけたところに、映画ビジネス界に生きる人間と玄人映画ファンが手放しで誉め称えたんでしょう。
かつて人気だったヒーロー俳優が再び栄光を手にするために舞台劇で再起をかける。
演じるのは、ティム・バートン版『バットマン』で一躍時の人になったマイケル・キートンです。だからこの映画は彼がいなければ成立しません。評価もそう。思い切って言ってしまえば、全く価値のない作品です。
だからこそ男優賞を取れなかったことに本人も相当に悔しい思いをしているはずです。
実は発表の瞬間に彼は胸ポケットか用紙を出したそうです。それは壇上で読むスピーチ原稿だったのではないかと言われています。おそらくそうだったんでしょう。作品賞と監督賞を取ってそれはないですよね。他の俳優ではあの作品の持つ意味や価値はないのですから。
主人公は普段から自分が演じてきたヒーローの幻影に悩まされ続けています。幻影は彼に言うのです「そんな舞台などやってなんになる。お前はすでに過去の遺物なんだ」と。そして自分には超能力があると信じ込んでいる。
この力は物を自在に動かす超能力として映像で描かれています。しかしその力は本人以外は目にしていません。
最初のシーンで、嫌いな役者を舞台から下ろすために頭上から物を落として役者を病院送りにさせる場面があります。これも主人公は自分がやったと他に言い放つ。
このように、物語は現実と虚構が入り交じりながら進行していくのです。ちょっと映画に詳しい人ならお気づきかと思いますが、この内容って、ナタリー・ポートマンが演じた『ブラック・スワン』と似ているんですよね。
バレリーナが役への執着心から心に闇を抱えみ、次第にもう一人の人格が幻影となって現れてくる。サイコサスペンスとしてもかなり怖い作品です。
バードマンはそこまで前面に出してませんが、こちらも主人公の心の闇にスポットを当てた似た作品と言えます。
自分はそのような視点で映画を見てましたので退屈することなく結構スリリングに見る事ができました。いかにも芸術ぶった高尚な内容に退屈と評する人が多いですが、自分と同じような視点で見るとまた違った面白さがあると思います。
あと、一度栄光のスポットを当てられたのち奈落へ落ちた男に、監督は彼にどんな結末を与えるのかにも興味がありました。再びの栄光か、それとも絶望か、映画製作に携わる者なら誰しもが感心をもっていたと思います。同じような境遇の人も興味があったでしょう。栄光ならもう一度自分にもチャンスがあるはずだと。
そして迎えた結末。彼は全てを悟ったように、まるで憑き物が落ちたかのような涼やかな顔をしています。彼が選んだ最後の行動とシーンをどう感じ取るか、それは見る人の判断に任せるしかありません。映画には、それを促す映像がそこかしこに散りばめられています。しかし残念ながら自分の拙い読解力では全てを理解することができませんでした。幻影も超能力も、この映画で表現されている事柄は、すべてがメタファーなんです。話題のワンシーンワンカットの映像もそうです。全てに意味があるのだ。そこもこの映画の面白いところです。ぜひ見てこの映画に込められたメッセージを汲み取ってみてください。

スポンサーサイト

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヒッシー

Author:ヒッシー
映画レビューから最新作の情報配信まで、映画に関する面白いことなら何でも書いちゃおうといったブログです。また映画フィギュアの紹介とそれを使ったコント劇も作っています。なぜか真面目な話が作れません(笑)と言うか、お笑いのほうが作ってて面白いし。
読んでくれた人に笑って楽しんでもらえる、そんなブログを目指しています。たまには真面目なレビューもするよ(笑)

その他の映画情報
気になる映画情報をつぶやきます
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。