スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スパイダーマン、ついに故郷へ帰る

前回のブログからの続きです。とりあえずは映像を立方体に写すことには成功しました。
実際の映像は動画になっていて三つの面にそれぞれ違った動画が貼付けられています。
マッピング

実は使ったソフトはデモ版で、作ったデータは保存できないようになってるんです。それから素材にDEMOと書かれた文字がちょくちょく出てくるのも鬱陶しい。なのでライセンス版を購入しようと思ったんですが値段を見てビックリしました。なんと8万円!
でもこういったソフトのなかではかなりリーズナブルな値段なのだそうです。
でも8万でしょ?・・8万もあったらホットトイズのフィギュアが4体も買えるやないか!というわけで今回はパス。Photoshopみたいにライト版があったらいいんですけどね。そのうち出るだろうか。でも一般的に誰もが使うようなものではないので可能性は低そう。
IOSのアプリで500円のやつがあるみたいなんでそれを試してみようかな。
話し変わりまして、ここで映画ネタをひとつを
ついにソニーピクチャーズとマーベルが業務提携を結ぶ事になり、スパイダーマンのマーベルシネマティックユニバースへの参加が正式に決定しました。
クモ

提携内容は
1 新スパイダーマンの制作費はソニーが負担し、配給権も同社が保有する。
2 マーベルが制作する作品へのスパイダーマン出演の許諾。
3 それぞれの作品の売り上げに関して互いに干渉をしない。
主にこの三つです。また実際の製作に関しては両作品ともマーベル側が受け持つようです。
共同で作る新スパイダーマンはこれまでのものとは一切関係のないものとして生まれ変わります。単体の映画としては2017年の公開が決まっていて、しかしその前に、他のマーベル作品で登場することになります。今の所『キャプテン・アメリカ3 シビル・ウォー』が濃厚だそうです。
完全新作。ということは、ソニーピクチャーズが作ったアメイジング・スパイダーマンは完全に消滅したというわけです。一番可愛そうなのは解雇になるアンドリュー・ガーフィールドでしょう。失敗したのは彼のせいではないんですけどね。あんな作りにした経営陣のせいです。リア充ラブラブ青春映画なんて誰が好き好んで見るかってえの。俺たちはアメコミ映画が見たいんだよ。
まあ何はともあれ、これで一件落着です。驚きの発表も今後まだあるでしょう。これからのマーベル映画から増々目が離せなくなってきました。
スポンサーサイト

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

新スパイダーマンはこれまでのものとは関係のないものということは…

黒人スパイディか!?Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

いや、まさかね(笑)

Re: タイトルなし

あれっし〜さん、コメントありがとうございます
今連載してるやつは黒人でしたっけ。なら可能性はあるってことですよね。でもそうなると確実にソニーピクチャーズが沈没してしまうやろうけど。ハッキング攻撃どころではないかも(笑)
プロフィール

ヒッシー

Author:ヒッシー
映画レビューから最新作の情報配信まで、映画に関する面白いことなら何でも書いちゃおうといったブログです。また映画フィギュアの紹介とそれを使ったコント劇も作っています。なぜか真面目な話が作れません(笑)と言うか、お笑いのほうが作ってて面白いし。
読んでくれた人に笑って楽しんでもらえる、そんなブログを目指しています。たまには真面目なレビューもするよ(笑)

その他の映画情報
気になる映画情報をつぶやきます
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。