スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怪獣とおっぱいは最高なのである

『キングコング:髑髏島の巨神』を見たが、怪獣映画の魅力とはこういうことだ、それを改めて思い知った、いや初めて知ったと言ってもよい映画であった。
自分は特に怪獣ファンというわけではない、世代的には昔の特撮ヒーローやそれに登場する敵怪獣に子供の頃から夢中になっいてもおかしくはないのだがその記憶がほとんどない、日本が世界に誇るスター怪獣のゴジラシリーズでさえまともに見たことがないのだ。なぜ見てなかったのかは定かではないが大人になってからはリアルなハリウッド特撮映画を見慣れすぎてしまったことによりどこか日本の特撮怪獣作品に幼稚で低レベルな子供向け作品といった偏見を持ってしまっていた。
しかしその考えを一変させてくれた作品が現れる、それが『パシフィック・リム』である。
巨大怪獣たちと巨大ロボットとの戦いを日本製アニメのような迫力ある映像と演出で描いたこの作品に心底興奮した。
実はこの興奮は、監督の日本の怪獣作品とロボットアニメへの愛とリスペクトがあったからもたらされたものなのである、決して巨額で作られた作品だからというわけではない。
そして今回見た『キングコング:髑髏島の巨神』もそう。
この映画の監督も『パシフィック・リム』の監督と同じく日本の怪獣とアニメの熱狂的なファンとして知られている、いやそれ以上といった印象だ。インタビューでは自分が見たいと思ったものを全て注ぎ込んだと語っていてそれがどんなものになるのかと期待は膨らむばかりだ。
予告を見るとそれが偽りのないものだとわかる、異形の巨大モンスターが次から次えとのオンパレードなのだ。はっきり言って主役のコングが霞むほどの存在感。そのインパクトは本編を見てさらに爆発する。
そのインパクトを手っ取り早く感じてもらうにはイラストレーターの開田裕治氏が手がけた日本版ポスターを見てもらうのが一番だ、まんまあれ。
コン1

登場する様々な巨大モンスターがポスターのほとんどを占めていて人間は下に小さく描かれているのみ。同じ人間でも髑髏島の原住民の方が大きく描かれていて島に乗り込む武装したアメリカ人らは本当に豆粒同然。主役はあくまでも巨大モンスター、文明の利器を有した人間などは鼻くそ程度の扱いでしかない(笑)。
次々と現れる異形の怪物に鼻くそらが抵抗できず無慈悲にやられていくさまのなんと痛快なことか。その一方で我々人間の無力さにも思い知らされる。巨大怪獣とはこんなにも恐ろしい存在なのだと。
生態系の頂点にいると思い込んでいる傲慢な人間たちを容赦なく排除するその描写は怪獣作品の根底にあるテーマだ。
次はどんなモンスターが現れ驚かせてくれるのか、映画を見ながらそんなワクワクとドキドキが止まらない。それらの前では、主演俳優のトム・ヒドルストンもブリー・ラーソンといった人気俳優らであってもやはり鼻くそ同然(笑)。本当になんでいるのかわからない扱いなのだ。唯一同じ土俵に立てたのがサミュエル・L・ジャクソン。やはりさすがです。多くの部下がコングと怪獣に殺されてその復讐に燃える狂気の軍人を演じています。彼のいつもの名セリフも用意されてるぐらいですから監督もそれ相応のポジションをサミュエルに与えて彼もそれにちゃんと応えています。
あと怪獣と互角に渡り合えたのが、ブリー・ラーソンのタンクトップと巨乳。戦う女にタンクトップを用意することも監督はちゃんとわかってくれています。素晴らしい巨乳に目が奪われ時折怪獣のことを忘れてしまうところであった。
コン2
コン3

あと怪獣との戦いに日本刀が使われて謎の強力武器と化すあたりに未だに海外ではサムライ最強説があるようです(笑)サムライソードを使うシーンがやたらかっこいい。
好きなものと見たいシーンを全てぶち込んだ、その監督の言葉に納得したあっという間の2時間であった。
だが早々と席を立つのは禁物、エンドロール後には続編に繋がる重要なシーンが用意されていますので必ず最後まで見るように。
あのモンスターとあのモンスターとあのモンスターが・・・
そして咆哮に鳥肌を立ててください。
スポンサーサイト

狼男との恋

花、君に見せたいものがあるんだ


何?








俺が何に見える





今日の金曜ロードショーは「おおかみこどもの雨と雪」の放送日です


テーマ : アニメ
ジャンル : 映画

命知らずなトムが次に挑むのは…

危険なスタントを自らすることに喜びを見出すトム・クルーズ、そんな命知らずのトムの行動に関係者は内心ヒヤヒヤだ。映画を見てる側は面白いから良いんだけどw
そんなトムが挑んだ新しいチャレンジがこれ。
新作の「ザ・マミー」での無重力スタント。
ジャンボ機が上空から急降下してそのときに作られた0G状態の空間内でアクションを行うスタントだ。

これが専用のジャンボ機


専門家が詳しく説明


それを満面の笑顔で嬉しそうに聞くトムw


嬉しそうにピースサインをしながらジャンボ機へ向かうトムw


急上昇するジャンボ機。たぶんこのときもトムは笑顔w


無重力の中で楽しそうなトムw


観客を興奮させ楽しませるには先ずは自分が映画作りを楽しまなくてはいけない、そうすることで迫真の演技が見る人に伝わるのだ。
これこそがエンターテイナー!
トムの映画からまだまだ目が離せない!
https://youtu.be/lkpJzHj62uw

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

長髪は何かと邪魔

ソー・ラグナロクのソーが短髪になって神様っぽくなくなっちゃったw
戦士って感じやね、激しいバトルが期待できそう。
みんなはどっちが好み?

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

勇者ヨシヒコのガシャポン!?

勇者ヨシヒコのガシャポンが出るという記事を読んでワクワクしながら画像を見たら…

仏だけでいいや…
figmaのヨシヒコが本命やな

髭が気になる…

キングコング髑髏島の巨神が気になって仕方がないんだけど、それと同じぐらいに気になることがあるんだよ。
監督のジョーダン・ボート・ロバーツさんのことなんだけど、監督が来日した時に誰もそのことについて触れてなかったから敢えて言うぞ。
髭!その髭!なんでそんな髭なんだ!?w
どうしてそうなってしまったw

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

サミュエル・L・ジャクソンがHENTAIアニメ好きをカミングアウト

続きを読む

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

続きを読む

プロフィール

ヒッシー

Author:ヒッシー
映画レビューから最新作の情報配信まで、映画に関する面白いことなら何でも書いちゃおうといったブログです。また映画フィギュアの紹介とそれを使ったコント劇も作っています。なぜか真面目な話が作れません(笑)と言うか、お笑いのほうが作ってて面白いし。
読んでくれた人に笑って楽しんでもらえる、そんなブログを目指しています。たまには真面目なレビューもするよ(笑)

その他の映画情報
気になる映画情報をつぶやきます
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。