スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すぐにセックスが出来ていいなあ:『007 スペクター』の感想

『007 スペクター』を鑑賞。
スペクター1

予め言っておくと、自分はダニエル・クレイグが演じたジェームス・ボンド以前の007をほとんど見ていません。
ピアース・ブロスナンがボンドを演じた007の何作かはおそらく見た可能性はありますが、今はその内容を全く覚えていません。まともに見たことがないショーン・コネリー版やロジャー・ムーア版などなおさら。
ただ幼い時に微かに映像を見た記憶があり、子ども心に、ボンドが乗る改造車や秘密兵器にワクワクした記憶はあります。一番カッコよく印象に残っているのはロータス・エスプリでしょうか。潜水モードに変形する車がひじょうにカッコよかった記憶があります。
自分が本格的に見だしたのはダニエル・クレイグ版007からです。
このシリーズは過去作からのオマージュシーンが多様されており、それを知っていればより楽しめる作りになっているそうです。
またクレイグ版ボンドは過去のシリーズとリンクするような構成にもなっており、ファンならよく見知った人間が登場し、それを知っていれば相当嬉しいサプライズになるのだそうだ。
自分はその知識がゼロなので、どうしても007から切り離したアクション映画としての評価になってしまいます。
最近はスパイ映画ブームであり、『キングスマン』や『コードネーム アンクル』と立て続けにスパイ映画が公開され、そのどれもが高い評価を得ています。
自分は『キングスマン』を鑑賞しましたが、007のようにオリジナルが存在しないおかげか、スパイ映画だという意識をせずとも一つのアクション映画としてとても面白く鑑賞できました。アクション映画好きなら誰にでもオススメできる作品です。しかしこの映画は、過去のスパイ映画を現代的に再構築した作りにもなっていて、やはり他のスパイ映画を知っていればより楽しめるのかもしれません。
『コードネーム アンクル』は『0011ナポレオン・ソロ』という過去のテレビドラマを映画化したもので、それも007と同じような楽しみ方ができるタイプの作品です。映画はまだ未見ですので次への評価にしたいと思います。
ダニエル・クレイグ版007は、そんなスパイ映画に無頓着な自分でも十二分に楽しめる映画でした。それは過去のシリーズで描かれたボンド像とはかなり異なっていたからかもしれません。
一番最初の『カジノ・ロワイヤル』では、殺しのライセンスを取ったばかりのまだ命知らずで無鉄砲な頃のボンドが描かれ、そんな彼のアクションに胆を冷やさんばかりのスリリングな怖さと興奮を感じました。いろんな意味で金玉が縮みあがりましたから。高所恐怖症的な怖さに痛み的な怖さ。見た人なら分かりますよね。とにかく、シリーズを通してそんな命知らずなアクションを見せてくれるのがクレイグ版ボンドなのだ。そして常に血にまみれた傷だらけの戦いを行う。時には仮死状態になって蘇生することも。
高級ブランドのスーツに身を包んでいてもその下に眠る野獣のサガは隠せない、それが新生ボンドなのだ。その野獣っぷりは性欲にも現れる。とにかく会う女会う女とセックスしまくるのだ。しかも本人も認める人妻好き。
スーツ姿をビシッと決めて粋な言葉を口にするかっこいいボンドに血まみれになりながら戦うボンド、そして女を意のままにコマして体を貪るボンド、男なら憧れるではないか。またダニエル・クレイグの容姿がその全てを体現しているのだ。もう彼以外のボンドは考えられない。
そんなボンドが本気になって女を愛し純な青少年のようにウキウキするする姿も微笑ましい。いわゆるギャップ萌えというやつだ。その結果、彼は上司に突然の辞職メールを送る。あまりの無計画さと突然ぶりに、これがあの殺しのライセンスを持つ非情な男なのかと唖然としてしまう。だがこれもボンドなのだ。そんなボンドが自分は好きなのだ。
その後どうなるのかは皆さんご存知のはず。ボンドの苦しみも。そんな人間臭い生き様もまた、クレイグ版ボンドだ。そして彼は復讐者となるのだ。
このように、クレイグ版ボンドは自分にとって実に魅力的なキャラクターとして映画を面白いものにしてくれました。
そして今回の新作では、ついにボンドの戦いに一つの終結が訪れる。それはボンドの心の奥底に刻まれた深い悲しみと彼の生涯を決めたであろう幼き日の傷を清算し癒すものだ。それを克服しようとする彼の眼の前に現れたのはスペクターと呼ばれる巨大な悪の組織であった。世界の悪を牛耳り裏から操るのがこのスペクターだ。ボンドの悲しみと血塗られた道の先にある到達点こそがこの組織だったのだ。そして避けられない運命と因縁としてボンドの前に立ちふさがる。
おそらく壮絶な戦いは避けられないだろう、そう思うではないか。
だがしかし、これがですね、映画を見た時に「え?この程度の組織なん?」と思うわけなんですよ。これまで散々ボンドを苦しめた元凶なだけにどれだけ凄い組織なんだろうと思うじゃないですか。おまけにスペクターのボスを演じるのが名優クリストフ・ヴァルツです。その、見る人誰をも引き込む曲者的な芝居に彼の出演する作品は常に期待されるほどです。彼の名が知れ渡ったのは『イングロリアス・バスターズ』からでした。監督のクエンティン・タランティーノが重要な役としてキャスティングするほどですからその才能は保証されたも同然です。またその後の彼の仕事も期待を裏切りませんでした。
そんなクリストフ・ヴァルツがボンド最大の敵を演じるんです。以前と変わらぬ期待をしてしまうじゃないですか。自分的には、映画を見る最大の理由はそれと言ってもいいぐらいでした。
だが遂に全容を現したはずのスペクターは自分の予想を遥かに下回るもので、それを束べるボスも組織のスケールに相応しく小者感漂う残念っぷりでした。
威厳さが皆無で何をしても何を語っても滑稽にしか見えないんです。
そしてこの小者っぷりに相応しい組織の最後にも腰砕けです。
呆気ない、まさにこの言葉が相応しい組織とボスの最後で、前3作はこのためにあったのかとしばらく虚しさを感じました。
それも突っ込みどころですが、映画には他にもたくさんの突っ込みどころが確認できます。評価の中には、ダニエル・クレイグボンドの総決算や、これこそがファンが待ち望んだ007といった高評価を見ることができますが、自分は突っ込みどころが多いせいでまともに評価するまでには至りませんでした。
もしかしたら、この間抜けな突っ込みどころも含めて高評価になってるんでしょうか。見たわけではありませんが、昔の映画には確かに突っ込みどころが多いし・・。日本や宇宙を舞台にした007があるんですよね、それなど見る前から予想できます。
しかし良かったところもあったのは確かで、特にQとの掛け合いなどは楽しかったですね。それは前作で初登場した時から感じていました。Qを今時の若者に設定したところも考えが古い堅物のボンドとの掛け合いを面白くしているのかもしれません。そういったチームとの連携プレーでボンドの魅力がさらに発揮されるかもしれませんね。昔のものはどうだったんでしょうか。
スペクターでは、それを感じさせるラストで終わり、今後の007に期待をしてしまいます。
でもそんな内容になると『ミッション・インポッシブル』と被ってしまうんですよね。クレイグボンドもイーサン・ハントに負けないぐらいの不死身っぷりだし。違うのはセックス好きぐらい。
組織の変容を迫られる内容にもなっていましたし、新しい時代に合わせてスパイ映画を作ることって本当に難しんでしょうね。米ソの冷戦時代なら普通だったことが今ではできませんから。現代の危機管理は人の手や足で行うのではなく衛星やコンピューターが行ってるわけですから。「ミッション・インポッシブル・ローグネイション』も、まさにそんな問題に面と向かう内容でした。
まあ色々と問題が多かった今回の007ですが、今後への布石を残したことで次はまた新しい007とボンドを見せてくれるのではないでしょうか。そういう意味では見所がある『007 スペクター』だと思います。


スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

プロフィール

ヒッシー

Author:ヒッシー
映画レビューから最新作の情報配信まで、映画に関する面白いことなら何でも書いちゃおうといったブログです。また映画フィギュアの紹介とそれを使ったコント劇も作っています。なぜか真面目な話が作れません(笑)と言うか、お笑いのほうが作ってて面白いし。
読んでくれた人に笑って楽しんでもらえる、そんなブログを目指しています。たまには真面目なレビューもするよ(笑)

その他の映画情報
気になる映画情報をつぶやきます
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。