スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

格闘音楽映画:『セッション』

金八先生、スクール・ウォーズ、近年のドラマではほとんど見られなくなったドラマです。教育をする側と受ける側、そこには常に体をはった心と心のぶつかり合いがありました。間違ったことには容赦なく手もあげます。一歩間違えば見下しとも取れかねない叱責の言葉を教え子に吐きます。でもそこには見る者の心を熱くする感動があるのです。その証拠に見てください、テレビ画面の中の彼らは涙を流しながら互いに熱い包容をしてるじゃありませんか。
先日も知り合いと話していました。最近はそんな先生がいなくなったよな、俺たちが中学生や高校生のころは普通にいたのに。そんな熱い先生がいたっていいよな、と。しかし今の教育現場ではそれが許されないのです。
先日『セッション』を劇場で鑑賞しました。知り合いと交わしたそんな話題のように、まさにタイムリーな内容といえる作品です。
名門音楽学校に入学した主人公と彼を教える音楽教師の物語です。主人公のアンドリューはドラムを学んでいてジャズバンドのクラスに在籍しています。講師のフレッチャーは自分の理想とするジャズマンを育てるためにありとあらゆる厳しい教育をアンドリューに課します。それは、先に説明したドラマなどが甘く見えるほどの壮絶さです。理想を手に入れるためには他人をも利用して利用された者を不幸にしてしまうほどの非人道的教育なのです。
でも悔しいことに理にかなっているんです。ひじょうに遠回りでその裏にある意味を理解しにくい教えだけど、そこにはちゃんと育つための教えがあるのだ。だけど当人たちにしてみればそんなこと分かるはずもない。悔しさと悲しさと恐れといった感情が先にあるのだから。
鞭4
鞭1

そしてその感情を怒りに変え、アンドリューはひたすらに、一心不乱にスティックをドラムに叩き付ける。なぜ認められないのか、なにが間違っているのか、もう疑問なんてありわしない、激しいドラムの打音は彼の怒りの象徴として鳴り響く。手は血にまみれている。ドラムには血潮が弾け飛ぶ。だがかまいやしない、すべては怒りの感情が彼を支配しているのだ。
鞭8
鞭7

でもことわっておきますが、アンドリューに否はないんです。他の生徒達よりも上手いし才能もある。ただ演奏をする動悸に偉大な音楽家を目指す熱意が全然足りない。それは彼の育った環境が理由でありコンプレックスが含まれてるようです。それをフレッチャーが読み取ったんでしょう。だからこその教育だったはずです。
涙を流し、怪我をし、血にまみれ(後半では全身が血だらけ。なぜだかは秘密です)、それでも彼はドラムへとしがみつきます。彼を突き動かすのはフレッチャーへの怒りだ。もうアンドリューには以前のような温和な顔はありません。怒りは彼の人格さへ変えてしまったのだ。
鞭2
鞭3

だが彼はまだ気づいていません、打ち続けた怒りの連打は彼の技術を知らぬ間に遥か高みにまで押し上げていたのだ。
例えるなら。ドラゴンボールのフリーザ編で、宇宙船に乗ってナメック星へ向かう途中の高重力特訓でいつの間にかサイヤ人の限界を超えていた悟空の状態です。
そうして身につけたアンドリューの技術はラストの演奏で観る事ができます。それがもう鳥肌もので、魂が震えるとはまさにこのことをいうんでしょう。ぜひとも同じ体験を味わってください。
鞭10

さて、激しい鞭打ちに(原題はウィップラッシュ)絶えまくるアンドリューですが、その鞭を打つフレッチャーに、自分は教育者としての生徒への想いが彼には絶対にあると信じていました。行き過ぎた教えだけど映画を見ながら納得してましたからね。だから金八先生やスクール・ウォーズの幻想をどこかで見ていたんです。最後にはそうした感動があるのだろうと。
だが!それは間違いであった。大いなる間違い。
真の教育?愛のある教え?それこそが幻想なのだ。『セッション』こそが現実の姿だったのだ。
人間には感情がある。怒り、恐れ、悲しみ、嫉妬、欲望、どんなに笑顔を振る舞おうと、善意ある行動を行おうと、優しさで接しようとも、真意は別にあったりするものだ。だが決して表に出しはしない。
この映画はその一線を越えてしまう。越えた感情そのままにぶつかり合うのだ。教師と教え子の関係はその時破壌し、一人の人間としてのぶつかり合い、男と男の意地とプライドをかけた戦いへと発展する。
その戦いに勝利した者こそがのちの偉人と呼ばれる者たちだ。またその先にこそ互いの理解が生まれる。
この作品は、音楽という形を借りた四角いリングの中で繰り広げられる格闘技と言えよう。
グローブをスティックに変え、対戦相手をドラムに見立て、アンドリューはスティックをドラムに打ち付ける!小刻みに小さく奏でる音は突如稲妻のような電光石火の強打へ。ジャブからストレートへ、それは紛れもなく格闘だ!
全ての感情と力を出しきって戦う男達の姿に熱く酔いしれてもらいたい作品です。
スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

吹き替え問題にもの申す

『マッドマックス:怒りのデスロード』が本当に楽しみでしょうがない。
完成した映画を観た主演のトム・ハーディが言った言葉が「ファッキン クレイジー」だったそうだ(笑)
これは最大の褒め言葉と受け取っていいでしょう。マッドマックスとはそういう映画なのだから。
だいたい予告からしてファッキンすぎる(笑)まさに北斗の拳を地でいく世界。


マックス5

一番びっくりするのは、こんな狂った映画を長らくバイオレンスの世界から遠ざかっていたジョージ・ミラー監督が撮ったことだ。
マッドマックス三部作以降、ベイブやハッピーフィートなどの可愛い動物系映画で荒稼ぎしていた爺さんが突然バイオレンスワールドに戻ってきたのだ。そして予想を遥かに上回る狂いっぷりを新マッドマックスで見せてくれそうなのだ。
しかし、もうみなさんもニュースでご存知かと思いますが、史上最悪の吹き替え騒動、今ちまたではこの話題で持ちきりです。
EXILEのAKIRAがマックスを、そして竹内力が声優に起用され、映画ファンは連日のように怒りのツイートをしています。
なにが一番の問題かって、EXILEのメンバーの起用で話題作りを堂々と宣言してしまったことでしょう。映画人にあるまじき行為です。完全に魂を売り渡したとしか思えません。
まあいつも通り字幕を観に行くんですけど、問題はソフト化されたときなんですよ。吹き替えが変更されずにそのまま収録されるんです。お金を払って買うファンに失礼ですよね。
もうすぐアベンジャーズ2が公開されます。日本での公開が近づくにつれ、竹中、米倉、宮迫コンビでまたまた大嵐が吹き荒れる予感です。

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

一度観ただけでは理解は出来ぬ:『バードマン:(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』

『バードマン』を昨日鑑賞しました。アカデミー作品賞、監督賞、撮影賞、脚本賞の計4部門を受賞した注目の作品です。
あくまでも個人的な意見ですが、正直に言って歴代のアカデミー受賞作品と肩を並べるほどの作品とは思いません。しかしそれは間違いであるのかもしれない。近年の大作指向に慣れてしまったのか、単に内容を理解するための読解力不足なのか、頭ごなしに評価を下してはいけない非常に難しい作品であることは確かです。
業界関係筋の評価は高いようですね。内容はハリウッドビジネスへの痛烈な批判と風刺が効いたものであり、それを安易に否定せず深い人間ドラマによって問題定義を見る者に突きつけたところに、映画ビジネス界に生きる人間と玄人映画ファンが手放しで誉め称えたんでしょう。
かつて人気だったヒーロー俳優が再び栄光を手にするために舞台劇で再起をかける。
演じるのは、ティム・バートン版『バットマン』で一躍時の人になったマイケル・キートンです。だからこの映画は彼がいなければ成立しません。評価もそう。思い切って言ってしまえば、全く価値のない作品です。
だからこそ男優賞を取れなかったことに本人も相当に悔しい思いをしているはずです。
実は発表の瞬間に彼は胸ポケットか用紙を出したそうです。それは壇上で読むスピーチ原稿だったのではないかと言われています。おそらくそうだったんでしょう。作品賞と監督賞を取ってそれはないですよね。他の俳優ではあの作品の持つ意味や価値はないのですから。
主人公は普段から自分が演じてきたヒーローの幻影に悩まされ続けています。幻影は彼に言うのです「そんな舞台などやってなんになる。お前はすでに過去の遺物なんだ」と。そして自分には超能力があると信じ込んでいる。
この力は物を自在に動かす超能力として映像で描かれています。しかしその力は本人以外は目にしていません。
最初のシーンで、嫌いな役者を舞台から下ろすために頭上から物を落として役者を病院送りにさせる場面があります。これも主人公は自分がやったと他に言い放つ。
このように、物語は現実と虚構が入り交じりながら進行していくのです。ちょっと映画に詳しい人ならお気づきかと思いますが、この内容って、ナタリー・ポートマンが演じた『ブラック・スワン』と似ているんですよね。
バレリーナが役への執着心から心に闇を抱えみ、次第にもう一人の人格が幻影となって現れてくる。サイコサスペンスとしてもかなり怖い作品です。
バードマンはそこまで前面に出してませんが、こちらも主人公の心の闇にスポットを当てた似た作品と言えます。
自分はそのような視点で映画を見てましたので退屈することなく結構スリリングに見る事ができました。いかにも芸術ぶった高尚な内容に退屈と評する人が多いですが、自分と同じような視点で見るとまた違った面白さがあると思います。
あと、一度栄光のスポットを当てられたのち奈落へ落ちた男に、監督は彼にどんな結末を与えるのかにも興味がありました。再びの栄光か、それとも絶望か、映画製作に携わる者なら誰しもが感心をもっていたと思います。同じような境遇の人も興味があったでしょう。栄光ならもう一度自分にもチャンスがあるはずだと。
そして迎えた結末。彼は全てを悟ったように、まるで憑き物が落ちたかのような涼やかな顔をしています。彼が選んだ最後の行動とシーンをどう感じ取るか、それは見る人の判断に任せるしかありません。映画には、それを促す映像がそこかしこに散りばめられています。しかし残念ながら自分の拙い読解力では全てを理解することができませんでした。幻影も超能力も、この映画で表現されている事柄は、すべてがメタファーなんです。話題のワンシーンワンカットの映像もそうです。全てに意味があるのだ。そこもこの映画の面白いところです。ぜひ見てこの映画に込められたメッセージを汲み取ってみてください。

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』のPVを影山ヒロノブの歌に合わせて作ってみた

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』のPVを影山ヒロノブの歌に合わせて作りました。
歌は『真・ゲッターロボ』の主題歌です。
いや〜熱いですね。燃えますね。そんな歌とアベンジャーズはピッタリ。映画は絶対に燃える内容のはず。
で注目してもらいたいのが歌のエンディング。これって前作のエンドクレジット後に出てくるおまけなんですよ。
激しい戦いの後の戦士達の休息。とてもヒーローとは思えないほどのだらしのない姿ですwでもそれが楽しい。
実はこの動画を作ったあとにニュースで知りまして、『アベンジャーズ2』には今回おまけがないらしんです。
まあそれもそうだと思います。今回はかなり深刻な話しになるらしく、それが続く『キャプテン・アメリカ/シビル・ウォー』へと繋がっていくんです。物語はヒーロー達の断裂と争いです。そんな物語になっていくのに前作のおまけみたいな和むシーンなんて絶対に作れない。
というわけで、せめて自分が作ったやつで和んでください。

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

初めて動画を作ってきて良かったと嬉しく感じた日

ツイッターをしているといろんな人との出会いがあるわけで、数日前にもそんな出会いの一つがありました。
ツイッターは30秒以内の動画ならスマホなどで直で動画を投稿することが可能で、自分もよく短いネタ動画を投稿しています。
いつものように動画を投稿したあとのことです。ある一人のフォロワーさんからメッセージがありました。
「もしかしたら、この動画の動画主さんは、とっとこさんですか?」と。とっとこというのは、自分がツイッターで使用している、とっとこ寿司太郎の名前からです。
フォロワーさんはスクリーンショットで撮ったものを送って来てくれました。それは間違いなく自分のYouTube動画でした。
おそらくツイッターに投稿した動画に写っている背景とYouTubeにアップした動画に写っている背景が同じなのでもしやと思ったんでしょう。
聞くと、彼は私の作った動画のことを気に入ってくれていてチャンネル登録もしているとのことでした。
また彼も動画主であるらしく、その後動画制作の話しで弾みました。
そして驚くなかれ、なんと彼は中学生だというのだ。45歳と中学生のセッションである(笑)
でも、こうして直に応援の声を聞けるというのは嬉しいし励みにもなりますよね。最近停滞気味の動画制作に弾みがつきそうです。というわけで早速作りました。
まあ、ふと思いついた簡単なものなんですけど。目の前のブルーレイディスクを見ていたら突然。
では短い時間ではありますがお楽しみください。

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

ロケ写真を追加しました

野外16
野外15
野外14

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

久しぶりの更新です。映画ミニレビューと映画フィギュアネタのあれこれ

しばらくぶりのブログ更新になります。多分理由はお分かりかと(笑)
映画のレビューは来週ぐらいから続々とアカデミー賞を受賞した作品が公開されますので随時アップしていきたいと思います。
『イミテーション・ゲーム』は既に見てるんですが案の定理由が・・
しかし良い作品でした。
第二次大戦時、ドイツ軍が開発した解読不可能と言われた暗号機エニグマ。そのエニグマの解読に成功したイギリス人数学者の実話です。
「時として、普通でない者が偉業を成し遂げる」
物語はこの言葉がたびたび出てきます。普通でない者、それがこの映画の主人公です。その彼の人生は非常に辛く孤独なものでした。その人生が結果として世界の平和と、こんにち我々の日常には無くてはならないコンピュータの開発と発展に貢献するのです。
平和と進歩ある明るい未来。
しかしその礎を築いた人物の歩んだ道は悲しみに包まれていました。涙無くして見れない感動作です。ぜひご覧ください。
最近フィギュアを使った野外ロケにハマっていて、その一部を公開したいと思います。お楽しみください。

野外1
野外2
野外3
野外4
野外5
野外6
野外7
野外8
野外9
野外10
野外11
野外12
野外13

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

プロフィール

ヒッシー

Author:ヒッシー
映画レビューから最新作の情報配信まで、映画に関する面白いことなら何でも書いちゃおうといったブログです。また映画フィギュアの紹介とそれを使ったコント劇も作っています。なぜか真面目な話が作れません(笑)と言うか、お笑いのほうが作ってて面白いし。
読んでくれた人に笑って楽しんでもらえる、そんなブログを目指しています。たまには真面目なレビューもするよ(笑)

その他の映画情報
気になる映画情報をつぶやきます
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。