スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おれもオヤジになったんだな・・と実感

ツイッターをやりだして三週間ほどが過ぎました。そして気づいたことがあります。
それは、使っている層のほとんどが若者だということです。主に10代から20代でしょうか。
まあ、どのような用途に使っているかにもよるんですけど。自分は映画やフィギュアを趣味にしている人とのコミュニケーションが主です。最初は同じ仲間同士で気軽にやり取りができればいいなと思い始めたんですけど、でもまさかこんなにも若者が多いとは思いませんでした。
こんなネタをツイートしまして、それは海外のアマチュアが作ったスターウォーズのアニメでした。それがあまりにも『超時空要塞マクロス:愛・おぼえていますか』に似ていたので動画の比較と共にツイートしたんです。
しかし返信のツイートにはマクロスを知らないという人がいました。
そりゃ当然ですよね。三十年近い前の作品を10代や20代の若者が見てるはずもない。見ててもマクロスFとかでしょう。

年の差2

またこんなツイートもしました。それは、プレデターのフィギュアを北斗の拳に見たてた画像のツイートでした。
でもこれも、同じく作品を見てない人がいました。その人も若者です。春休みだというのでおそらく高校生でしょう。知らないのも当然ですね(笑)そして自分はその子に漫画をすすめておきました。そしてらブックオフで読みますとの返事が返ってきました。

年の差1

そんな感じですから、ましてやこんなネタなど分かるはずもない(笑)
年の差3

でも反響はよかったほうです。おそらくマーベルがらみだからだったんでしょう。内容の意味を理解してるのかどうか(笑)
こういう状況です。しかし、それでも私は毎日数限りないネタを投入するのであった(笑)
でもツイッターは面白いよ。なによりオタクばかりなのがうれしい(笑)
スポンサーサイト

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

シールド拳闘ジム

ニック・フューリーと丹下段平があまりにも?似ているので、コメントをくれたあれっし〜さんのアイデアを元にこんなのを作ってみた
キャプテン・アメリカ3からスパイダーマンがマーベルユニバースへ参加するので、そういった意味でもリンクしたネタになっています。


「おめえ、良いパンチ持ってんじゃねえか。どうだい、俺と一緒に拳闘をやってみねえか」
シールド4

シールド2

シールド3

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

『アベンジャーズ』から『あしたのジョー』へ転職

意外にも日本の漫画や映画に詳しいサミエル・L・ジャクソンなのだが、そんな彼がニック・フューリーを演じるために参考にしたというのが千葉真一が演じた柳生十兵衛です。千葉真一の大ファンであるサミエルは、ニックと同じく眼帯をした十兵衛を役作りに取り入れたそうです。
漫画に詳しいサミエルです、もしかしたら少しはこれも参考にしたんじゃないの?(笑)

ジョー4

ジョー5

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

ハルクバスター空中合体!

次々と驚きの新情報が公開される『アベンジャーズ2:エイジ・オブ・ウルトロン』です。
そして今日も新たな衝撃が世界に走りました。なんとあのハルクバスターが合体メカであった。
新しく公開されたテレビスポットには、マーク43とバラバラになった5体のバスターメカが空中合体するシーンがおさめられています。

ばすたー4

これがあまりにもカッコいい!まるで日本のロボットアニメではないか!
というわけで作ったしだいです。元ネタは『勇者王ガオガイガー』。そのCG映像と音楽を合体シークエンスに加えました。



ところで、この六体の合体、なにかを思い出しませんか。40を超えたおっさんなら尚の事。
そうこれです。
六神合体ゴットマーズ。

バスター2


マーク43が体の中に入っているのも酷似。
今回のアベンジャーズ、とんでもない作品になりそうです。マーク45、ヴィジョン、まだまだ隠し球がありそうな予感。

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

ピクセルズ、部屋に襲来

購入したiPhoneでツイッターを初めて二週間ほどが経ちました。世の中の人間がなぜ携帯依存症にかかるのかを身をもって感じている今日この頃ですw
注目を集めたいがためにバカなツイートをする人間が後を絶たない理由も分かってきました。
そんな自分だって、バカな画像を毎日作ってはツイートしてるし。まあその画像自体はここで作ってるものとさほど変わらないんですけど。
そして良い事と悪い事も見えてきました。
まず好い事。比較的簡単に同じ趣味の仲間を見つけることができてやり取りが手軽にできる。手軽さ。これが最も良いとこでしょうね。文が短いので相手のツイートを短時間に読めるし、それに対するコメントやリツイートも直ぐに返せる。そんな情報で溢れかえっているので携帯を手放すことができないんでしょう。
悪いとこ。それは自分のツイートが相手に読まれてるのかどうかが分からないとこです。足跡なんてありませんから。
自分のブログは正直コメントも拍手も少ない。でも足跡が確認できるだけホッとします。一応は来てくれる人がいるんだと。みんなもそうですよね。でもツイッターは分からない。しかも秒単位で新しいツイートが更新されるわけです。すると自分のツイートが最新のものにアッと言う間に追いやられてしまう。
誰が見てるのかも分からない、しかも手のこんだネタを作る、返事が無いとこれほど虚しいものはありません。
難しいですね、ブログやツイッターって。
そんなわけで新たなネタを作らせてもらいました。
『ピクセルズ』の予告が本日公開になりました。
80年代に流行ったビデオゲームの信号を受信したエイリアンが、それを自分たちへの宣戦布告と勘違いして地球に攻めてくるといった内容です。
そしてこのような攻撃部隊を送り込んできます
ピクk
ぴくl
ぴくm
ピクn

みんなも知ってますよね。映画にはまだまだ多くのビデオゲームキャラが登場するようです。また敵に触れてしまうとピクセル化してしまいます。
映画はコメディ色が強いみたいですね。登場キャラやノリがゴースト・バスターズを思わせます。日本人には笑えないアメリカン・ジョークもふんだんにあるんでしょうw
そんなわけで、自分の部屋にもピクセルズが襲ってきたといったテーマで今回作りました。
ピクh
ピクi
ぴくe
ピクg
アッシュd
アッシュc
安定のオチですw

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

お腹を空かせてこの映画を観に行きましょう:『シェフ:三ツ星フードトラックを始めました』

「シェフ/三つ星フードトラックを始めました」を鑑賞
ハリウッド初の飯テロ映画が誕生。何度生唾を飲み込んだことか。
これは料理を作る楽しさと食す喜び、そして失った親子の絆を料理を通して取り戻す一人の料理人の物語だ。
そしてこの映画は、ジョン・ファブロー監督の怒りの映画でもある。
「お前たち料理評論家は料理人が必死に作った料理にクソを垂れやがる!だから俺は全てを失ったんだ!」
この台詞は映画評論家への言葉でもあるのだ、そう、アイアンマン2を酷評した評論家全てに対しての。


以下から上記ツイッターミニレビューの補足になります
まあとにかく飯、料理、これにつきるでしょう。飯テロという言葉を知ってますか?空きっ腹になる時間帯、そんな時にテレビなので美味しそうな料理が紹介されたりすると無性に食べたくなってきます。またそれが、刻まれる食材、グツグツと煮立つ鍋、油をはじくフライパン、ジュ〜ジュ〜と焼かれる肉など、料理を作ってる時のそれらの音が加わると余計に腹を空かせてしまう。
また、料理が身近なものであればなお良い。いつでもどこでも食べられそう、そんな身近な料理が胃袋を刺激するのである。
ドラマ『孤独のグルメ』がそれです。その全てをドラマは持っている。『シェフ』もそう。一度でも飯テロの経験のある方は是非ともこの両作品をおすすめしたい。まずはドラマを見てから映画を見ても良いし、映画のあとでドラマ見てくれてもかまいません。
いずれにせよ、どちらも私たちの胃袋を幸せで満たしてくれる作品です。いや幸せじゃなく拷問かな、だって食べたくて食べたくてしょうがないのに食べる事ができないのだから(笑)
『シェフ』は劇場作品です、それがなにを意味するか。良い音響と大きく美しい映像、このことが普段以上に食欲を刺激するのである。まるで満員になった劇場から一斉に生唾を飲み込む音が聞こえるようでした(笑)
製作脚本出演の三役を務めた、ジョン・ファブローの料理愛が伝わってきます。
これって、ハリウッドメジャースタジオの製作ではない、ほとんどインディーズに近い作品なんです。だから尚更作った人の思い入れが強い。自分の作りたいものが何からも縛られることなく自由に作れますから。
だからこそこの出来なのだ。
それともう一つ、インディーズだからこそ出来たもの、それは喧嘩だ。彼はこの映画で映画評論家とメジャースタジオに喧嘩を売ったのだ。
料理人がどれだけ丹精こめて料理を作るのか。そんな想いと努力を全く知らずもせずに評論家は勝手に酷評を下す。今はネットの時代であり、たった数行の文章は瞬く間に世界中に拡散され、それが一人の料理人の人生を一瞬にして左右するのだ。
ジョン・ファブロー演じる主人公が料理評論家に対して怒鳴り散らすシーンがある。それは凄まじいもので、まさに心の叫びといった感じの怒りだ。
実は彼は『アイアンマン』の1と2の監督でもありました。それが2で酷評を受け3で解雇されてしまうんです。またその後に作った『カウボーイ&エイリアン』も叩かれた。
その怒りがこの作品作りの原動力の一つでもあった。
監督は映画評論家や映画会社重役達を料理評論家に例えて自分の気持ちを彼らに伝えたんです。
でも最後には料理評論家とも和解します。そしてこれまでよりも良いレストランとメニューを作るんです。
ファブロー監督は、まだハリウッドに希望を持っているようです。
このメッセージを批評家やメジャー各社がどう受け止めるか、ファブロー監督の次作がとても気になるところです。

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

かぐや姫を恐怖に陥れるアゴ

アカデミー賞長篇アニメ部門にノミネートされて惜しくも受賞を逃した『かぐや姫の物語』であるが、たとえ賞を取って栄光ある伝説を残してもこれの前には霞んでしまう。もはやそれこそが伝説。
帝である。究極のナルシストにして過剰な自信家、それはもう、かぐや姫が「ひい!」と言って逃げ出すレベルの気持ち悪さだ(笑)
それだけでも伝説だ。しかし真の伝説はそこではない。顎、あご、アゴ、その異常に大きく尖りまくったアゴなのだ。
もはやカイジを超えた(笑)
色々と役立ちそうなアゴである。

ピンボール1

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

『13日の金曜日』と『かぐや姫の物語』の共通性

今日は13日の金曜日です。そして『かぐや姫の物語』のテレビ放送日
共通することは・・・・
竹・・
たけb

切り株・・
たけa

切り株ホラー・・
たけ3

ばんざーーーい!(笑)

そんなわけで、切り株から姫が生まれました(笑)

13日

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

ブラックウィドウがオタ芸を披露

『アベンジャーズ2:エイジ・オブ・ウルトロン』に登場するブラックウィドウの新コスチュームがかっこいい。
今度は体に青く光るラインが入っているのだ。
前作までは手首のリストが光るだけでした。このリストは電撃攻撃の役目をはたします。
『アベンジャーズ2』ではそれに加えてこん棒のような武器が登場します。この武器も青く光るところから電撃を繰り出せるんでしょう。打撃プラス電撃のダブル攻撃です。これは痛いw

ウル

でもこの武器がなにかに似てるんですよね。
というわけで作ってみましたw

オタ芸

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

シュワちゃんとスタローンの後継者?

ドウェイン・ジョンソンの快進撃が止まらない!
今年は『ワイルド・スピード:スカイミッション』とディザスター映画『サンアンドレアス』の公開が控えています。



さらに出演予定のラインナップが増える可能性もあります。
完全に、シュワルツェネッガーやスタローンに代わる肉体派アクションスターの地位を手に入れたと言っていいのでは?
ジェイソン・ステイサムと共に禿げマッチョアクションスターという地位も手に入れた(笑)
アクション、コメディ、ファミリー映画と、どんなジャンルの映画にも適応できるのが彼の強みです。人なつっこさがあるんですよね。
残すのは、マーベルヒーロー映画への出演だけだ。
というわけで作ってみました

アントマン4

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

マーベルが仮面ライダーを参考にした?

ロボコップのデザインが日本の特撮ヒーロー『宇宙刑事ギャバン』をモデルにしているという話しは有名です。
この件に関しては、実は真偽のほどは定かではありません。日本の特撮を少し参考にしたといった証言があるだけです。
シルバーのボディと頭部のバイザーが似ているこの二つの点から話しが一人歩きしてしまったんでしょう。
でも日本のヒーローを参考にしたという証言は確かです。日本のヒーローは外国の人間にも広く受入れられているのだ。世界中の人間が日本のヒーローをかっこいいと感じているんです。
その証拠に、日本で放送された『ジュウレンジャー』が『パワーレンジャー』と名前を変えてアメリカで人気を博しています。そして映画化も進行中です。
『仮面ライダー龍騎』は『ドラゴン ナイト』のタイトルで放送されました。
レンジャー
龍騎

そしてマーベルヒーローの『アントマン』。
アイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソー、ハルクに続く、今年公開されるニューヒーローがアントマンです。
初めてそのデザインを見た時から感じていたんですが、仮面ライダーにどことなく似てるんです。
アントマン3

そんなわけで複眼と触覚を付けてみたんです。ライダーと言えば複眼と触覚ですから。
結果は見ての通り、見事にライダーでした。
アントマン

しかし、最も似ていたのはこれだったんです。『仮面ライダーウィザード』です。
アント4

そこでウィザード特有のコートを付けてみました。
アント2

どうです、見事に一致したでしょう?やはり参考にしたんでしょうか。
あとはみなさんの判断にまかします。信じるか信じないかは、あなたしだいです。

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

次のアベンジャーズこそは俺も・・(浅野忠信)

連日連夜『アベンジャーズ2:エイジ・オブ・ウルトロン』で盛り上がってるけど、彼はどう思ってるんでしょうね。一応マーベルユニバースの一員なんですけど(笑)
みんな彼のことを忘れてないか?シリーズを通して空気すぎてw
でも希望を捨てるな、『マイティ・ソー3:ラグナロク』の公開が控えている。
完結編と言われてるんで大活躍するに違いない!
ね、浅野君w
浅野3

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

ブルース・ウィルスが監禁されて・・

ツイッター欄にも書いてますが、ブルース・ウィルスがスティーブン・キング原作のミザリーでブロードウェイデビューをするそうです。
まあ100%あの役でしょうね、人気小説家です。その彼が彼の大ファンに監禁されてえらい目にあわされてしまう。
そして反撃にでる。
こうしてね(笑)

ミザリー2

そうでしょ?!運のない男の戦い方はこれと決まっている。

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

メル・ギブソン、マッチョになる

一週間前から始めたツイッターがあまりにも楽しくて、スマフォを手放せなくなってる今日この頃です(笑)
さて、アベンジャーズ2の最新トレーラーが公開されていつものように細かく映像紹介をしていくはずでしたが、もうすでに公開から数日がすぎて沢山の情報が拡散されてるはずなので取り止めにしたいと思います。
みんな穴が空くほど何度も見返してると思うし、もう自分がとやかく言う必要はないでしょう。
でもこれだけは紹介させてください。
アベン

これ、このワンシーン。この鳥肌の立つ格好良すぎるシーン、これを見ただけでアベンジャーズ2:エイジ・オブ・ウルトロンが絶対に面白いと確信できました。
こんな燃えるシーン、滅多な事では見れません。よくぞ作ってくれました。やはりジョス・ウェドン監督はただ者じゃない!
なぜか日本だけが最も遅い7月の公開。もう待ちきれません!!

話変わって、メル・ギブソンの最新作の画像が公開されました。タイトルは『Blood Father』です。
メルギブは、娘を麻薬組織から救う元犯罪者役を演じます。
それより見てください、この鍛え抜かれたごつい高背筋を。これがメルギブなのか?これではスタローンじゃないか。
メル1

と思っていたんですが、実は本当にメルギブでした。なんとトレーニングによってビルドアップをしていたんです。
完全にスタローン化をしています。
める2
める3


映画はバイオレンスアクションといった感じで、メルギブの完全復活を期待できそうな内容のようです。加えてこの筋肉。メルギブの快進撃が続きそう。
もうさ、エクスペンダブルズにもう一度出ましょうよ。3で死んじゃったから、あのキャラの双子の弟という設定にしてさ。そしてエクスペンダブルズのメンバーに加わる。絶対に良いんじゃないの?

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

『アベンジャーズ2:エイジ・オブ・ウルトロン』の最新予告が本日解禁になりました!

やばいです。本日早朝に『アベンジャーズ2:エイジ・オブ・ウルトロン』の最新予告がリリースされました。
ほんとうにヤバい、大興奮の映像が満載です。
急遽予告から映像の一部を切り取ってツイートしましたのでツイート欄でご確認ください。さらに詳しい紹介はまた後ほど。
なにせあと二時間あまりで仕事に行かなければならないのだ。ではお休みなさいませ。

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

新スパイダーマン、ついに発表!

スパイダーマンの新作『ザ・スペクタキュラー・スパイダーマン』の詳細が発表されました。
ただ公式による発表ではないので100%確かではありません。しかしほぼ間違いないといっていいでしょう。
伝えられたところによると、スパイディは高校生として登場し既にヒーローとして活躍している設定になっています。だから誕生の経緯は描かれません。その彼が『キャプテン・アメリカ3/シビル・ウォー』で登場してキャップとアイアンマンとの派閥抗争に巻き込まれていきます。
そして2017年に単独で主演を果たす新スパイダーマンでアイアンマンとの本格的な戦いが描かれます。しかしこの戦いは、スパイディがアイアンマンが組織するグループに入るためのテストの意味合いもあるようです。
この物語を経て、その後に予定されている『アベンジャーズ3』のパート1と2に繋がります。
数日前にロバート・ダウニー・Jr.が言っていた重大発表とはどうやらこのことのようです。
おそらく明日明後日にも公式の発表があるでしょう。その時にはスパイディの配役の発表もあるかもしれません。
噂では、ヒーロー映画初の黒人俳優になる可能性も。そのときはヒーロー映画の歴史が変わるでしょう。
実はツイッターを数日前から初めまして(ツイート表示は右の欄で)、フォロワーさんの話しでは、二人の濃密な関係が描かれるということでした。
それをヒントに作ったアイアンマンとスパイディの濃密な戦いをご覧ください。

アイアンマン1
アイアンマン2
アイアンマン3
勝負あり!

テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
ジャンル : 映画

マイケル・ビーン、久々の大作にワクワクする?(笑)

『エイリアン』の新作が、『第九地区』や『エリジウム』のニール・プロムガンプ監督によって作られる事が決まりましたよね。
新作の『チャッピー』を製作中にプレゼン用として描いた絵が20世紀フォックスに認められてGOサインが出る事になりました。
その一部がこれ。
えいa
えいb
えいc

リプリーとヒックスが描かれています。もうお分かりのように、新作は2の続編になるんです。1と2が好きな監督が、リプリーの物語にちゃんとした結末を与えたいといった理由から今回の物語を思いついたらしいのです。
自分もそれには賛成です。2以降のリプリーの扱いはあまりにも酷過ぎた。その最もなのが、3でのニュートとヒックスの死でしょう。冒頭のしょっぱなから死亡させてますからね。航海中の事故で死んだことにして登場すらさせてませんから。死に物狂いで救って母と子の絆を結んだあの感動的な話しはなんだったのか。ヒックスとも良い関係になれたのに。なにより戦士としてのヒックスがかっこよかった。それをいとも簡単に・・・
プロムガンプ監督の考えた続編がどのようなものになるのかはまだ分かりませんが、ファンにとっては待ち望んだ新作になることは間違いないでしょう。
シガニー・ウィーバーとは『エリジウム』と『チャッピー』でも手を組んでますし、彼女も絶対の信頼を置いてるでしょう。
彼女の出演は当初から決まってましたが、つい先頃、マイケル・ビーンの出演も確定との情報が伝わってきました。
でもちょっと心配事もあります。
それは出演者の年齢です。
シガニーもマイケル・ビーンも共に60歳を超えてるんですよね。でもイラストの二人は若く感じます。それでも2の頃よりは老けてますので2から10年〜20年後の設定でしょうか。とは言っても、それを今の彼らが演じられるとは到底思えません。特に今のマイケル・ビーンは酷いし。メイクかCGなら可能なんでしょうけど。
えいd

う〜ん、いったいどんな物語になるんですかね〜。
ちなみに、ヒックスの顔がただれてるのは、2の最後あたりでエイリアンの酸を浴びたからです。

出演バンザ〜イ
えい1
??
えい2
やっぱりですか?!
えい3
えい4

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

ロボコップのデザインの原点

ロボコップのデザインが『宇宙刑事ギャバン』を元にして作られたと言われてますけど、どこまでが本当なんだろう。確かに体の色と目のデザインは似てるけど、それだけのような気もするし。憶測が一人歩きしただけかもしれない。むしろ、はっきりと元にしたと断言できるのは『スターウォーズ』のC3-POの方です。
こうして二つを並べてみると全体のラインが似通っているのがよく分かる。
ロボ1
ろぼ3

足のラインや左右のデザインが非対称なところも一緒。
ろぼ2

やっぱりスターウォーズはSF映画史におけるエポックメイキングな作品なのだ。と言いたい所だが、実はスターウォーズなど足下にも及ばない偉大なSF映画が存在する。それは今からおよそ90年前、1927年に作られた。
『メトロポリス』。ディストピアSF映画の原点にして頂点に君臨する傑作。その先見性はいまでも古さを感じさせません。これがなければ『ブレード・ランナー』も『マトリックス』も作られなかった。
そして何と言っても有名なのが、物語に登場するロボット、マリアの存在。
ろぼ5
ろぼ6

C3-POのデザインは、このマリアを元にして作られています。だからロボコップのデザインの原点もマリアと言えます。凄いですよね、こんなにもイカしたデザインのロボットが90年前に作られていたなんて。ロボットだけじゃなく舞台美術だって凄い。ネオンに輝く高層タワーや高速道路など、そのビジュアルは今のSF映画にそのまま使われています。
ろぼ8

人間の想像力と科学は凄いですよね。はたしてこれから90年先、未来はどうなっているんでしょうか。そのときに生きていないのがちょっと残念ではありますが。
できればモビルスーツに乗って敵と戦いたかった(笑)

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

プロフィール

ヒッシー

Author:ヒッシー
映画レビューから最新作の情報配信まで、映画に関する面白いことなら何でも書いちゃおうといったブログです。また映画フィギュアの紹介とそれを使ったコント劇も作っています。なぜか真面目な話が作れません(笑)と言うか、お笑いのほうが作ってて面白いし。
読んでくれた人に笑って楽しんでもらえる、そんなブログを目指しています。たまには真面目なレビューもするよ(笑)

その他の映画情報
気になる映画情報をつぶやきます
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。