スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ターミネーターでは、シュワちゃんに腹パンされて死亡する不良役でした

エイリアンシリーズのフィギュアラインナップが充実してきました。
先日はビショップを購入。3月には待望のリプリーがNECAから発売されます。今回発売されるのは1のリプリー。また彼女の飼猫であるジョーンズも付属するという充実ぶりです。
個人的には2のヴァスケスを発売してほしいんですけどね。でも権利関係で難しいという話しもチラホラ。なんとか頑張って発売してほしいものです。


大丈夫だ、俺を信じろ
エイリアン1

俺が遠隔操作で宇宙船を呼んでくる

エイリアン2

みんなしっかりするんだ、俺たちは必ず助かる
エイリアン5

食らいやがれ、この化け物め
エイリアン6

駄目だああ、俺たちはみんな死んでしまうんだあ!

エイリアン3

ぎゃああ!助けてええ!
エイリアン4

こんな俺でも三人のなかで一番出世してるんだよおお!大作にだって沢山出てるし、ジェームズ・キャメロン監督の作品にも一番多く出てるんだぜ!ウィキペディアとか見てくれ!
信じてくれえええ

エイリアン7

マイケル・ビーン(ヒックス)
ターミネーター
アビス
ランス・ヘンリクセン(ビショップ)
ターミネーター
エイリアン2
ビル・パクストン(ハドソン)
ターミネーター
エイリアン2
トゥルー・ライズ
タイタニック

スポンサーサイト

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

テッドは何をしているのでしょうか

あのお下劣熊が帰ってくるぞ。
『TED2』の予告編が本日木曜日に公開されます。
しかし、このブログを書いてる時点ではまだ公開されてませんので、されしだい紹介したいと思います。
ただポスターは先駆けて公開されてますので、まずそれをご覧ください。
そして問題です。このテッドはなにをしているのでしょうか。
1 オナ○ー(一人エッチ)
2 立ちション
3 スポーツ観戦
4 罰として立たされている
さあ、答えを大きな声で叫んでください。それではどうぞ。
熊a

なに?嘘を言っちゃいけないなあ。心の声に正直になるんだ。特に男性、君の普段の行為の姿とそっくりじゃないか。なに?俺は片手だけを使う?それもそうだな、俺もそうだ。両手を使う人っているの?

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

新『ファンタスティック・フォー』が遂にお披露目

前日のブログでお伝えした通り、『ファンタスティック・フォー』の予告編が本日公開されました。
さあ、予想は的中するのか?ストーリーに、デビット・クローネンバーグ監督の『ザ・フライ』と『スキャナーズ』を下敷きにしたと言われている新『ファンタスティック・フォー』。おまけに『クロニクル』の監督が起用されたときている。
ここから導きだされる答えは明らかだ。映画は相当に暗くてヘビーな内容になるに違いない。ついでにグロいかも。
では早速、予告の紹介と見終わった感想を述べたい思います


やはり予想は的中でした。めちゃくちゃ暗い。クローネンバーグ作品の影響が見られることも確認できました。また『アキラ』をイメージしたであろう映像もいくつか含まれています。さすがは『アキラ』マニアの監督と言われるだけはあります。『クロニクル』では低予算のために出来なかったことを『ファンタスティック・フォー』で実現させているようにも感じました。
そのシーンについては以下の予告画像で紹介します。

科学実験をする少年達。眼鏡がMr.ファンタスティックでその隣がヒューマン・トーチでしょうね。
ファンタa
ファンタb

なにかの実験カプセルのようです。その中に人間が入ります。クローネンバーグっぽいですよね、『ザ・フライ』の空間移動ポッドをイメージさせます。いかにもヤバそうな実験です。そこも『ザ・フライ』的。
ファンタc
ファンタe

ヤバそうなお偉方による国家的な実験のようです。
ファンタf

成長したMr.ファンタスティック
ファンタg

インビジブル・ウーマン?お、なかなか可愛い。でも前作のジェシカ・アルバのほうが良いな。
ファンタh

ザ・シングでしょう。前作から黒人に変わったみたいですね。
ファンタj

ヒューマン・トーチのはず。そういえば、前作ではキャプテン・アメリカのクリス・エヴァンスが演じてたんだよなあ。
ファンタi

実験カプセルへ乗り込む複数の人間達。カプセルは前のとは違い最新型のようです。この人間達のなかに主人公ら四人が含まれています
ファンタk
ふぁんたl

実験開始。でもなんの実験なんでしょう。前作のように宇宙で未知の宇宙線を浴びるとか、そんな子供騙しの発想でないことは確かでしょう。もっとリアルな設定のはず。
ファンタm
ふぁんたn

実験失敗の大惨事。だが四人だけは生き残ります。
ふぁんたo
ファンタp

岩石魔人、ザ・シング誕生
ファンタq
ふぁんたr

透明&バリアー美女、インビジブル・ウーマン誕生。でもジェシカ・アルバのほうが可愛いよね。
ふぁんたs

燃える男、ヒューマン・トーチ誕生
ファンタta

コスチュームがイマイチださいんですよね。まあ一般的なスーパーヒーローって感じじゃないので、現実的な服装にしたということなんでしょう。前作は全身タイツだし。でもジェシカ・アルバだけはエロ可愛いかったな。
ふぁんたu

ここが『アキラ』っぽい。病院で能力に目覚めた鉄雄に対して特殊部隊が攻撃を行う場面。そしてやられる特殊部隊も両作品とも同じ。
ふぁんたv
ふぁんたw

ヒューマン・トーチとインビジブル・ウーマンの兄妹対決。
ふぁんたx

腕が伸びるように見えるMr.ファンタスティック
ふぁんたy

全員揃い踏み。彼らが見つめる光はなにか。敵は登場するんでしょうか。
ふぁんたz

予告からは、暴走し制御しきれない力に苦悩する四人と、その力を支配下に置こうとする彼らを追う謎の国家機関、また力に対抗する武装した軍隊、そのような図式が見て取れます。
う〜ん、やっぱり『アキラ』だよな。
うん、決めました。この映画に対するこれからの期待は、完成したものがどれだけ『アキラ』に近づけるか、その一点にしたいと思います。あとは、クローネンバーグ作品のような不吉かつ不気味なテイストにどこまで迫れるのか。監督ならそれを実現できるはず。だからこその大抜擢なのだから。
でもそれよりも、『アキラ』を監督の手で実写化してくれたほうが遥かに嬉しいんだけど。いつまでもアキラっぽいだけじゃなく。
しかし、予告に対する低評価のあまりの多さにビックリ。公式の予告なんだけど、いいねの三分の一が低評価。それだけ原作が愛されてるということか。

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

『アキラ』の実写は作らないの?

映画『ファンタスティック・フォー』が再映画化されるそうだ。でも続編ではなく前作とはまったくの別物、一から作り直すリセット作となります。
ファンタ1

最初に作られたのは2005年、『アイアンマン』が作られる3年前になります。マーベルは『アイアンマン』からマーベルユニバースの映画化に着手しだします。そしてその後に作られるマーベルヒーロー映画はすべて世界観が統一され作品相互のコラボが容易になりました。
そんなわけでの『ファンタスティック・フォー』の再映画化となったのです。いずれ彼らも他のマーベルキャラクターと競演する日がくるのかもしれません。
前作は前作のなりの面白さがありますが、でもイマイチ深みが足りなかった。
未知の宇宙線を浴びたことにより特殊能力もった超人になってしまった4人の科学者が、その力で世界の平和を守ろうとする。単純にヒーロー映画として楽しむのならそんなアバウトな設定でもいいかもしれないが、今ならもっと複雑さやキャラクターの内面を掘り下げたい。
そこで新監督として選ばれたのが『クロニクル』のジョシュ・トランク監督だ。
彼は長編デビュー作である『クロニクル』が認められ今回の大抜擢となりました。実は自分もこの作品が大好きで、『アキラ』の遺伝子を受け継いだ唯一の超能力映画として、その手腕と彼の今後の動向が気になっていました。当然彼も『アキラ』の大ファンです。
下は自分が以前に作った動画です。クロニクルにアキラの曲をミックスして逆回転とスピードコントロールの編集を行っています。

で、いきなりのハリウッド大作。『ゴジラ』で大作デビューを飾ったギャレス・エドワーズもこのパターンです。ギャレス監督は初の長編映画『モンスターズ』が認められ次の『ゴジラ』に抜擢されました。当然彼もゴジラオタクです。
『クロニクル』では超能力を持ってしまった若者達の苦悩と破滅が描かれます。このことから、なぜ彼が『ファンタスティック・フォー』の監督に選ばれたのかが分かりますね。内容も前作の明るめなトーンとは違い重めになりそうな予感がします。
前作のジェシカ・アルバみたいなエロカワは望めないでしょう。透明になるときは必ず服を脱がなければいけないのでそれがとっても楽しみでした。
しかもその重さに更に輪をかけるのが、物語の下敷きに、デビット・クローネンバーグの『スキャナーズ』と『ザ・フライ』を置くという監督の発言です。
・・・・・
おいおい、そこまでする?(笑)どんなヒーロー映画になるねん、多分監督の趣味だと思うが。
クローネンバーグとか、いかにもオタクが好きなマニアックな映画だし(笑)
じゃあさ、『ザ・フライ』みたいに人間以外へのグロテスクな変身があって『スキャナーズ』のような超能力で頭を爆発させる映画と思ってOK?(笑)どこがファンタスティックなんだよ(笑)
ファンタ2
ファンタ3

映画の予告編は明日公開予定です。どんな映画になるのか・・・

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンレポート、パート2

進撃の巨人のアトラクションレポートの続きです。
進撃の整理券を手に入れた私は開演時間がくるまでの間、園内を楽しむことにしました。
今日の目的は進撃とエヴァ。進撃は確保できた、あとはエヴァンゲリオンだけだ。しかしエヴァの開演は14時から、それまでは多少の時間は残されている、1時間ぐらいなら他を回っても大丈夫だろう。そんなお気楽な気持ちでまず真っ先に向かったのは実物大の巨人が展示されているエリアでした。
しかしこれがまずかった。夢中になりすぎて時間はとっくにエヴァの開演時間に。
そして急いで向かったのだが、待ち時間を見て唖然。なんと210分・・自分が他で浮かれているあいだにすでに大勢の客が並んでいたのだ。
意気消沈した私はその後何度となくアトラクション前の待ち時間を確認するのだが、状況はどんどん悪くなる一方であった。最後に確認できたのは270分待ちである。
まあいいか、年間パスを買ったことだし、次にしよう。そう思いながらとぼとぼと歩を進める私の目にあるものが飛び込んできた。
あ、あれは、あれは、夢にまで見た使徒まんではないか〜ないか〜ないか〜いか〜か〜・・・
そんなわけで食べましたよ、ATフィールド全開で(笑)

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

USJの『進撃の巨人』アトラクションレビュー

帰ってまいりましたよ、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンから。
さて、前日の宣言どおり、はたしてアトラクションに無事行く事ができたのか、早速レポートをしてまいりたいと思います。
午前9時にUSJ正門前に到着。家を出たのが8時を少しすぎた頃なのであっという間の到着です。このあたりは、大阪に住んでて本当に良かったと素直に喜んでしまいます。しかも片道220円。これなら会社帰りにでも気軽に行く事も可能です。
というわけで、今回は年間パスを購入しました。たしか1万2千円ちょいだったかな?一回の入場料金が7000円ですから破格のお買い得と言えるでしょう。でもそんなに毎回はいかないかも。だってもう45歳のおっちゃんだしね。若い子なら何度来てもはしゃげるだろうけど、おやじにはそんな体力も気力もないのだ。
ただ平日だったらアトラクションの待ち時間も少ないだろうから年間パスを有効に使おうと考えています。
だってね、今日は痛感しましたよ。並ぶ事がいかにしんどいと言うことかを。
進撃の巨人のアトラクションの整理券をもらうために列にならんだんですよ。前回のハリーポッターの時もそのように整理券を手に入れたんです。そのときはさほど時間をかけることなくもらえました、だから今回も大丈夫だろうと。
だと思ったら、これが大仰天。おそらく1キロはゆうに超えていたんじゃないでしょうか。結局2時間ほど並んでもらう事が出来ました。
じつはその前に年間パスの登録をしに別の場所へ行ったんです。登録だからほんの少しの時間ですむだろうと考えていた。事実そんなにかからなかったです。でもそんな少しが命取りになってしまった。甘かったです、すでに現場では長蛇の列が出来ていた。
並んでるあいだあまりにも暇だったんでiPadで『ハンニバル』を2話も見てしまいました。そのおかげで退屈しなかったけど。
で、整理券をもらったんですが、これが・・
巨人29

自分の入場時間が18時15分から。しかも入れる時間は15分。あれだけ並んでそれだけかよ(笑)
時計を見ると11時を過ぎていました。
しょうがない、気持ちを切り替えて、アトラクションが始まるまであれを見に行こうではないか。そうあれとは、実物大の巨人だ。
エヴァンゲリオンのアトラクションが始まるのは14時からだ、それまで余裕がある、なら巨人を先に見に行こう、そう私は思い立ったのでした。
ここからは、その感激の一分始終を写真と共にお見せします。枚数が多いのはそのためです。ご了承ください
エリアへと続くゲートをくぐると、そこには・・
おおおお!
巨人1
巨人2
巨人3

でかい!なんてでかさだ!漫画とアニメが現実になった瞬間であった。そこには紛れもなく巨人が存在していたのだ。
エレンが変身した巨人とアニが変身した女型の巨人。原作にあった二人の激闘を再現したシーンだ。その巨体を真下から見上げる。
本当に凄い・・
沢山のコスプレイヤーも来ていて皆が思い思いの格好で巨人の前で写真を撮っていました。
巨人4

朝焼けの戦い
巨人5
巨人6
巨人7
巨人8
巨人9
巨人10
巨人11

みな嬉しそうに巨人に食べられています(笑)それを調査兵団のコスプレをしたパークスタッフが写真撮影をして終了後に客を巨人から助けるといった流れです。
言葉遣いなど完全になりきってます(笑)
巨人12

グッズも充実。そしてやっぱり高い(笑)
巨人26

兵団の食事も高い(笑)
巨人27

夕闇の戦い
巨人14

月夜の戦い
巨人16

やっぱり楽しそうな食べられる人達(笑)
巨人17

日も落ち、ようやくアトラクションの時間が来たようです。整理券を兵団スタッフに渡していざ中へ。
そして15分後・・
感想を言いますと、ちょっと期待外れでした。
内容的には、テレビアニメで放送された女型の巨人捕獲作戦までのストーリーをダイジェストでスクリーンに写して見せるといったもので、アニメを見た人にはなんら目新しいものを感じませんでした。新規の映像なら少しは嬉しかったんですが、それもテレビからの流用です。
で、出口付近で最後の目玉があるんですけど、クロノイドと言われる技術で本物の人間とそっくりに作られた進撃のキャラクターの人形が出迎えてくれるんです。でもこれがですね、めちゃくちゃ違和感あるんですよ。これにする必要がなんであったんだろうって。べつにアニメ版の等身大人形でいいんとちゃうの?て。
巨人19
巨人20
巨人23
巨人24
巨人21
巨人22

アルミンなんて、ネットで今話題になっていて、山崎邦正とそっくりなんですよ(笑)しかも人間そっくりと言ってるわりには目が気持ち悪い。別にアニメの比率でなくてもいいやん、普通にすればいいのに。これなら家にいるミカサのほうが数倍可愛い
巨人30
巨人31

巨人にお金をかけすぎたのかな?すっごいショボかったな。
でもそれを差し引いても巨人は見応えがありです。写真は公開した三倍の量があります(笑)それほどお気に入りなんです。
ここで疑問に思った人はいませんか?
そうエヴァです。エヴァは見たのか?
それは次回のブログにて

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

明日USJに行ってきます

明日は朝一でUSJに行ってくるぞ。
もちろん目的はこれである。
本日から始まるニューアトラクション。

usj1.jpg
usj2.jpg

他にもバイオとモンハンがあるけど、やはり皆が一番に楽しみにしているのはこの二つの作品だ。
けど並ぶのを覚悟しなければならないだろう。いったい何時間待ちになることやら。
進撃は整理券性ということなので開演前に着ければなんとか確保出来ると思うけど、問題はエヴァやな。
進撃を見終えてエヴァのアトラクション前に着いたら既に長蛇の列が、なんてことになってそうな予感が・・
グッズ販売も凄いことになってそう。そして使うお金も凄いことになりそう(笑)
オタクらはグッツを買うためならいくらでもお金をつぎ込むからね。USJめ、なんて商売上手なんだ(笑)
また、いつもながら高いだこれが(笑)
そう思いつつも、これなんか見ると思わず買ってしまいたくなる。
特に使徒まん。これ考えたやつ天才やろ。

usj3.jpg

第三使徒サキエルの顔をした豚まん?を、ATフィールドの絵柄が入った袋で包んでいる。
またその開け方も秀逸。その動画を見てもらいたい。3分45秒からです。



まさにこれ(笑)
usj4.jpg
usj5.jpg
usj6.jpg

一話のサキエル戦をそのまま再現(笑)
凄いでしょ!?
でも高いんだろうなあ。単なる豚まんやのに(笑)
これを機会に年間パスを買おうかな。何度も行きたいアトラクションになると思うし、だったら年間パスのほうが断然お得。明日は入場料だけで7000円近くも飛んでいくんですよ。帰るころにはいったいいくら使っているんだろうか・・

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

レオナルド・ディカプリオ、またデブになる。

レオナルド・ディカプリオの新作がハードすぎる。
タイトルは『ザ・レブナント』
レオ

時は1823年。毛皮会社に依頼された屈強な山男たち10人が野生動物の毛皮を求めてロッキー山脈の山奥深くに入って行く。しかしそこで彼らは巨大熊と遭遇しディカプリオは瀕死の重傷を負わされてしまう。
背中と喉を切り裂かれて息も絶え絶えのディカプー。それを見た仲間達は足手まといになると判断し彼を見放して下山を決めるのだった。でも俺たちだって少しぐらいは情けはある。というわけで、リーダーは二人だけをその場に残してディカプーが死んだら埋葬するようにと二人に指示する。
残された二人だったが、でもいつまでたっても死にやしない。ついに痺れを切らした二人は、まあ適当に埋葬したって嘘をつけばいいやと、その場から去るのだった。
でもディカプーは死ななかった。死の底から舞い戻ってきたのだ。彼は怒りに燃える。よくも俺を見放したな、この恨み、はらさでおくべきか!
ディカプーの復讐へのサバイバルはここから始まるのであった。
舞台は冬の極寒地。その過酷な環境で現在も撮影が続いているという。しかも自然光だけを利用したライティング無しの現場である。あるがままの過酷な自然の姿をリアルに観客に伝えるための判断だ。
はたしてどんなサバイバルと男達の戦いが描かれるのか。R指定まったなしの大期待の一本と言えよう。
で、そのディカプーの撮影直前のバカンス写真がこちら
さすがである、映画の世界とはまったく真逆のディカプーがそこに(笑)
レオ4
レオ3

ダルダルのメタボ体型もそうだが、ハリウッドで彼ほどONとOFFの切り替えが激しい人間もいない。
そんな私が最も好きな作品が『ウルフ・オブ・ウォールストリート』だ。
OFF状態をそのまま映画に持ってきた素のディカプーが見れるぞ(笑)一応付け加えておきますが、彼はああ見えてエコロジストで熱心な環境保護活動家でもあるんです。まあ記憶の片隅にでも覚えておいてください。聞き流しても結構です。大概のファンはそんなディカプーに感心ないと思うし(笑)
その『ウルフ・オブ・ウォールストリート』で一番好きなシーンがこれ。
薬でラリって知的○害みたいになってるディカプーです(笑)迫真すぎる(笑)なぜアカデミー賞
を取れなかったのか(笑)


テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

映画秘宝が選ぶ、ベスト&トホホ映画TOP10発表

さ〜やってきましたよ〜毎年恒例の『映画秘宝ベスト&トホホTOP10』が。

表紙

さあ、どんな作品が一位をとるのかな〜わくわくわくわく。
と思ったら、めくっていきなり『コマンドー』のベネットだ(笑)名言と共に登場だ。
ポンッと現れやがったぜ(笑)さすがは映画秘宝(笑)
次の『ガーディアン・オブ・ザ・ギャラクシー』のイラストも最高!これにはジェームズ・ガン監督も喜ぶはずだ。COOLすぎるぜ。

ベネット


いきなり一位の発表です。
『ガーディアン・オブ・ザ・ギャラクシー』が輝きましたーーーー!!やったねガンちゃん。でも表紙になってたから初めから分かってたけどね(笑)

銀河6

以下は二位以下の発表です
二位 『ゴジラ』
三位 『ゴーン・ガール』
四位 『インターステラー』
五位 『ウルフ・オブ・ウォールストリート』
六位 『LEGO ムービー』
七位 『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』
八位 『ラッシュ/プライドと友情』
九位 『劇場版 テレクラキャノンボール2013』
十位 『ホドロフキーのDUNE』
の以上です。
テレクラキャノンボールってなんやねん!(笑)さすがは秘宝(笑)
これが予告です。こ、これが本気のキャノンボールか(笑)!!見てー!



つずいてトホホです。
一位 『ゴジラ』認めない人もいるしね
二位 『ルーシー』この前ブログで好きだと言ったばっかじゃん!(笑)
三位 『アナと雪の女王』さすがは秘宝、怖いもの知らず(笑)
四位 『キックアス2/ジャスティス・フォーエバー』大人になったヒットガールに価値なし!
五位 『キカイダーREBOOT』リブートやリメイクをした特撮ヒーローものにろくなもんがない
六位 『トランセンデンス』ジョニー・デップの作品を選ぶ基準がイマイチ分からん
七位 『渇き』頭のおかしいやつしか出ていないイカレタ暴力映画。これを高校生鑑賞割引キャンペーンとか・・
八位 『トランスフォーマー/ロスト・エイジ』安定のランキング
九位 『マチューテ・キルズ』1は好きだが2はまだ未見。ストーリーには初めから期待してないんだが・・
十位 『ロボコップ』ロボコップらしさが皆無
以上です。
最後に最優秀女優を紹介します
ジャーン!スカート・ヨハンソンさんです。同一位には『ゴーン・ガール』のロザムンド・パイクも選ばれました。
その紹介のされかたが(笑)逆ライザップ(笑)
さすがは映画秘宝です(笑)

スカ

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

ガーディアン・オブ・ギャラクシーとコブラが競演?

『ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー』のブルーレイを本日購入しました。
銀河5

実はですね、前から考えてたことがありまして。
彼らを競演させたら面白いだろうなって。

銀河1

銀河を股にかけるお尋ね者、海賊コブラ。そして相棒のアーマロイドレディ。
銀河を守る5人?の荒くれ者達、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー。
立場は違えど、共に宇宙の危機を何度も救ってきた者達だ。厄介者のトラブルメーカーといったところも似ている。

銀河2
銀河3

映画では無理だけど、コミックでの競演とかなら可能だろうな。
そして彼らチームの前に立ちはだかる敵はこいつだ!

銀河4

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

世界に認められた映画雑誌。その名も『映画秘宝』!

うおおおおおおおおおお!
『ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー』のジェームズ・ガン監督が今月号の『映画秘宝』の表紙に喜んでツイートしてるぞ!

ガン

うう・・ずっと映画秘宝読者でよかった、こんなに嬉しいことはない。本当に涙が出てきた・・
でもガンちゃんと秘宝の繋がりは当然なんですよね。エログロホラームービーを手掛けるのトロマ社で長年下済みを積んできたガンちゃんです。同じようなジャンルムービーの記事を得意にしてきた秘宝とガンちゃんとの間には深い絆が存在するのだ。
21日発売号の特集は、一年を締めくくる恒例となった、ベスト&トホホ映画TOP10です。圏外もたっぷり紹介するぞ。
選評は、もちろん秘宝ライターと読者がするのだから、一般の雑誌とは異なるものになります。でもそれが良いのだ。作品のメッセージ性や考証などといったお高くとまった論評など糞食らえだ。そんな映画が本当に面白いはずがない。考えるな、感じるんだ。そんな作品達が一堂に会するぞ。今までとは違う世界を見たいあなた、真の映画ファンを目指したいあなた、ぜひとも映画秘宝をその手に!
そうそう、『ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー』のブルーレイ&DVDは今月21日発売です。めちゃくちゃ面白いぞ!お楽しみに。

でも吹き替えが相変わらずクソやけどな。ロケットに加藤浩次、グルートに遠藤憲一とか、ふざけんなよ!
マーベルはいつまでこんなキャスティングをするのか。というか、マーベルというよりディズニーの責任やな。ディズニーの指示に違いない。
有名人を起用したからって見たいとおもう?みんな思わないでしょ。なんなのこの風潮。

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

リュック・ベッソン相当勉強したな:『ルーシー』

スカーレット・ヨハンソンのおっぱいを鑑賞。いや『ルーシー』を鑑賞。
・・・・
もう正直に話そう。そうだ、わたしは確かに彼女のおっぱいばかりを見ていた。家には彼女の魅惑的なフィギュアが飾られている。そのフィギュアを使った劇によって私の頭の中は増々彼女で満たされていくのだった。だって見てくださいよ、このチラリと覗く巨乳を、そして上げ下げ出来るジッパーを。どうぞ何なりとご自由にしてくださいと、制作者のご好意と配慮が伝わってくるではないか。もちろん私はありがたくそれに従った。この上なき幸せである。
草薙j
草薙q

でも所詮は作り物、人の手で作られたそっくりさんである、本物の肉感にはかなうまい。重力に逆らって波打ち揺さぶる二つの乳房の色香にはどんなアニメやCGもかなわない。
『ルーシー』では、そんなスカーレット・ヨハンソンが堪能できるのだ。またそれだけではない。彼女は実に短くタイトなスカートを全編にわたって履きこなしてくれている。あともう少しで見えそう。そんな感じで常にじらしてくれるのだ。両足を閉じて椅子に座ったスカヨハの太ももの奥に見える黒い三角地帯。思わず目を凝らして見てしまう。もしくは一時停止をして。でも見えないのだ。でもどこかに見えるシーンが必ずあるはず。私はそのために全神経を研ぎすませる。
だが私のそんな想いと努力を邪魔するものがあるのだ。こっちは彼女のパン◯ラが拝みたいのに意識が分散されてしまうのである。その原因は話しの面白さにあった。
この映画、かなり自分の好きな題材です。『インターステラー』を見ましたか?ワームホールや多次元宇宙などの理論を超えた科学知識が多く登場する作品でした。未だに解明されてない宇宙の多くの謎に迫る作品として、それらの話しが好きな者にとっては心がワクワクとときめく内容でした。
『ルーシー』では、そこからさらに進んで宇宙の始まりとそれ以前にあるものを見せ、過去と現在と未来の全ての時間と次元を超越してしまいます。
生きとし生けるもの全ての記憶、細胞には、その深淵に太古の記憶が刻まれている。人間の脳の情報伝達を果たすニューロン細胞の入り組みは宇宙を構成する数多の星々に匹敵するほどの複雑さであり一説によると近いとも言われている。自分は頭が悪いので具体的には分からないが、特別に可視化した二つの映像は非常に似ていたんだそうだ。もしかすると宇宙にも人間の脳と似たような何かの伝達が存在しているのかもしれない。
つまりは、人間の脳には太古の宇宙の記憶が存在しているということだ。宇宙の始まり、ビックバンの記憶もあるかもしれない。人間の恐怖は脳の奥底にある最も古い記憶である。太古の生命が感じ取ったその信号が恐怖なのだ。しかしその更に奥深くがあることも立証されている。だがそれを確かめる術はないのだ。はたしてそこにはなにがあるのか。そこには宇宙の始まり、そしてそれ以前の記憶が存在するのだろうか。
では、その記憶を呼び覚ますとどうなってしまうのか。それが人間の脳が使う事のできる潜在能力である。現在人間の脳は10%の力しか使えないと言われている。残りのパーセントを使うことが失われた記憶を呼び覚ますということなのだ。
『アキラ』というアニメがあります。超能力に目覚めた鉄雄が遂には科学では解明できないほどの巨大な力を手にして、最終的には暴走した力が東京全土を一瞬にして壊滅させます。その作品でも宇宙の始まりが語られます。そのパワーが人間の記憶にもあって、もしそれを呼び覚ましたらどうなってしまうのだろうかと。それが鉄雄の力ではないかと。そして誰でもその危険性はあると警鐘を鳴らします。
映画のラストでは宇宙の始まりの映像が映し出されます。そして声が響きます「僕は鉄雄」と。別の次元で新しい宇宙が誕生したということでしょう。
鉄雄1

『ルーシー』では、スカヨハが鉄雄の役を演じます。彼女はある事件に巻き込まれて突如力を覚醒するのです。
その覚醒の理屈が結構理にかなっている。生物の進化は危険な状況がそうかでないかで別れると言う。生き残るために自己能力を伸ばすのだ。虫にもいろんな特殊能力をもったものがいますよね、あれなどもそれです。
そしてルーシーもそんな危機的状況に追い込まれてしまう。そのおかげでスカヨハの色々な姿を見れるんですけどね。怯えるスカヨハにゲロを吐くスカヨハ。普段は強くて奇麗な彼女がそんな姿を見せるんですから、そりゃ興奮するってなもんです。
彼女の体の中にはある劇薬が仕込まれていました。それは強力な覚せい剤の一種で、それが体内にバラまかれ溶けて同化してしまうのだ。危機的状況で起きた過度の覚醒効果は彼女の中に眠る記憶を呼び覚ます。
そこから人間の失われた能力の覚醒が次第に始まるのです。
るーしーa

20%、30%、40、50、60・・力は段階を持って覚醒していきます。
ここは『アキラ』そのままといっていいでしょう。あのような覚醒がルーシーにも生じます。
能力と肉体に起きる変化、それも鉄雄が体験する変化と同類です。崩れた巨大な肉の塊になる鉄雄と同じことがスカヨハにも起きるんです。これにはかなりショックを受けました。ほとんどスプラッター映画でしたからね。よく彼女が引き受けたもんです。
ルーシーe

肉体変化、物質のコントロールと同化、もうなんでもありです。ある意味『アキラ』よりも面白かった。多分鉄雄でも可能だったんでしょうけど、ここまでバラエティに富んだ能力解放はありませんでしたからね。
ルーシーc
ルーシーd

そして鉄雄が辿った道と同じく彼女にもそのときが訪れます。ただ彼女は破壊のために力を使うのではありません。これを人類のために、自分が知ったこの世の全ての理を後世に残そうとする。そうしなさいと教えたのは脳科学者を演じたモーガン・フリーマンです。はい出ました、こんな映画には彼こそ相応しい人間はいません。いつものように説得力のあるキャラを演じます。世界がまともでいられたのは彼のおかげといえるでしょう。また彼のルーシーへの助言が人類の次に進むべき未来を作る。モーガンさすがです。
ルーシーb

そうして得た使命によって彼女は様々な映像を我々観客に見せて行きます。時間と次元を超越した彼女は旅をします。現代から過去へ、人類の歴史と有史以前へと。そして彼女は星の誕生と全ての始まりの瞬間をその場で体験する。それはかつてあった記憶ではない、今そこで実際にあることだ。
激しくうねる光の洪水は遂にそこへ到達する。そここそが・・・
素晴らしい体験でした。この映像を作ったスタッフには本当に感謝したい。やはり宇宙はいいですね、長年の夢がかなったようでした。
でも結局のところ、ルーシーが得た知識と人類に伝えたかったことがなんだったのかは詳しく分からずじまいで終わりましたけど。最後は一本のUSBメモリーだけを残します。この中には一体何が収められているんでしょうか。まあそれがいいんでしょう、これこそがSFです。中二心も刺激されますし。
あと気づいたんですが、ルーシーは力を持つ過程で人間の感情や感覚を無くしていくんです。でもそのわりにはスカートの中を見せないようにうまく手で隠していたな、と(笑)やっぱり恥ずかしさの感情は残っていたということでしょうか(笑)
ちくしょう、もう一度パンツが見えてないか確認してやる(笑)
最後に、よくあのリュック・ベッソンがこんな映画の脚本を書いたなと思っていたら、なんと10年かけて作ったそうだ。高校もろくに卒業してない自分がこんな脚本をよく書いたなと自分で笑ってました(笑)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

平安時代の男ってアホばっかりやな:『かぐや姫の物語』

昔から伝わる『竹取物語』の物語を知ってますか?話しの大筋は誰もが知っているはずです。
年老いた竹取爺さんが山で輝く竹を見つける。そして切ってみると、中には羽衣をまとった美しく小さな女性がいた。爺さんは彼女を手にして妻のいる家へと帰ります。すると驚いたことに二人の目の前でみるみるうちに人間の赤ん坊に姿を変えていくではないか。夫婦はこの赤ん坊を育てることにするのでした。
かぐやa
かぐやb

その日から山で不思議なことが起き始める。なんと爺さん、今度は竹の中から金を山ほど見つけるのだった。それが繰り返し繰り返し。で、これは天からのメッセージだ、娘に良い暮らしをさせてあげなさいとのメッセージに違いない、そう勝手に思い込んだ爺さんは都へ向かい馬鹿でかい家を購入。召使いも山ほどや雇った。
これで晴れて金持ちセレブの仲間入りです。仕事を一切しなくてもよい優雅な生活がこの日から始まるのだった。
娘は”かぐや姫”と名付けられ、彼女の美しさは日ごとに増すのでした。
かぐやc

そんな美人を一目見ようと世のオタクどもは家の周りをうろつき始める。その噂を聞きつけたのが金持ちボンボンの5人の男たちでした。そしていきなり駆けつけ求婚を願う。これには爺さんも大喜び。なんせ相手は名のある貴族だ、娘の将来もわしらの老後も一生安泰なのだから。
しかし、勘違い野郎達のキザな告白には姫の気持ちは揺らぎはしなかった。それどころか、自分を欲しいならと、この世に存在しない財宝をもってきなさいと無理難題を言い渡すのだった。
だがライバルたちには負けてられないと、男共は宝を持ってくる。だがこれが、どれも真っ赤な偽物。こうして恥をかかされた男共は泣く泣く退散。中には、その後悲惨な人生の末路をたどる者もいた。
この話しを聞いたのが帝(みかど)だ。俺の美貌と財と権力に首を縦にふらない女はいないと求婚の手紙を渡すが、これも姫の答えはNOだった。ならばと自らおしかけ姫の後ろからいきなり羽交い目にする帝。そして「こうすることで私に惹かれない女はいない」と甘く囁く。
ひいいいいいいい。これに鳥肌を立てたのが姫だ。キモい、めちゃくちゃキモすぎる。姫は一目散にその場から離れるのだった。
「しょうがないな、今日は帰ることにするよ、またね」そう爽やかな笑顔で去る帝であった。
キモい、この世の中の男たちはキモい男ばっかりじゃない。
翌日、姫は突然両親に告白する。
「すいません、わたしは月からきた人間なんです。15日に月からのお迎えがきますのでみなさんとはお別れです」
あまりの突然の告白に動転する両親「なんでいきなり・・・」
そして迎えた15日、ついに月からの迎えが天から現れる。だが安々と引き渡すものか。集まった群勢の矢が一斉に迎えの者に放たれる。だがどれも失敗。彼らはみな超能力者だったのだ。
迎えの者と月へと戻る姫は地上の下衆どもにこう言い放つ。
「この羽衣をまとうとこれまでの記憶が一切なくなります。ではみなさんさようなら」
こうして皆が見つめるなか、姫は月へと帰るのでした。
おしまい。
なんかイメージと違う、そう言ってるそこのあなた、これは紛れもない事実。しかも映画はこれとほぼ同じなのだ。金持ちになってウハウハの爺さんも、家の周りでストーカー紛いをするオタク達も、金持ち勘違いボンボンも、キモい帝も、みんな登場するぞ。
いやあ、平安時代の人間はこんなのばっかりなのか?これには姫にも酷く同情してしまう。みんなキモすぎるって。
しかも彼女が可哀想なのは、別に優雅な暮らしを望んでいないということなんですよね。強制的に連れて来られて無理矢理礼儀作法を強いられた。活き活きとしていたのは裸足で駆け回る山での暮らしです。汚れなどまるでない純粋な少女だったんです。それが、欲に汚れまくった都会に連れて来られてしまう。そしてあのキモい連中の登場です。
かぐやd

予告に姫が林の中を激しく走る場面があるじゃないですか、あれは、そんな姫が我慢できなくなって遂に感情が爆発するシーンなんです。作画からも感情の激しさが伝わってくるでしょ?それほどに嫌悪してるんです。
かぐやe
かぐやf

帝の羽交い締めのあとの両親への突然の告白にはどこか不自然さを感じてしまいます。なんだか棒読みなんです。感情が入っていない。
だから自分はこう解釈しました。実は月からの迎えの話しは姫の作り話しではないのかと。逃げたい一心での嘘。
その後に、かつて姫と一緒に野山を駆け回った幼なじみとの再会があり二人と空を飛ぶ幻想的なシーンが登場します。実はあれも、ある所から姫の想像の世界であって最後の迎えの場面までずっと続いていたんじゃないでしょうか。
林を疾走するシーンも同様です。彼女はその後眠りから目を覚ますんです。林など行ってないことがそこで分かります。あれは夢なのか現実なのか。もしくは死ぬ間際の幻覚とも見てとれる。姫がもし本当に月の者なら超能力で起きた現象と見ることもできるでしょう、だが映画は様々に解釈できる作りにしているようにも思えます。そこが見ていて面白かったですね。最後のお迎えなど完全に頭が逝ってしまった映像だし(笑)薬かなんかやってんじゃないか?そう思えるぐらいにぶっ飛んだビジュアルでした。まあ当時描かれた絵そのままなので勝手な憶測ではありますが。
かぐやg

キャッチコピーは”姫の罪と罰”でしたっけ?あれは別に姫自身の意思が犯したものではなくて、姫の美しさが原因で以前とは変わり果てた爺さんと多くの姫萌えキモオタ信者を生んだことを姫の罪にされてしまったというのが事実で、罰はそこでの苦渋の暮らしに絶えなければならないといったものでした。
でも映画では変えています。姫自身の罪ではあるが奇麗なエピソードになっています。まあ元々がそんな時代の物語だし、汚れな人間の登場はそのときに始まったものじゃないしね。美人に群がりおかしくなる輩はいつの時代も同じです。むしろ今のほうが変でしょ。アイドルに熱狂するファンとかそうでしょ?それを罪にするってのがおかしいわけで、だから映画は変えたのかもね。でも受けた罰は同じなんで酷すぎるけど。
絵柄に関しては前回のブログの感想と同じです。素晴らしいです。特に林の疾走シーンが凄い。
映像や技術的なことに関してならば作品賞受賞は確実でしょう。あとはあの突飛な話しをどう取るか。
ちなみにアメリカ版の姫の吹き替えはクロエ・グレース・モレッツちゃんです。うひょーやったー。

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

恋はいつも波瀾万丈

昨日、会社の窓から猫達によるドラマッチクな物語を目撃しました。
それをビデオに撮って映画風に編集したので、意外な結末と共にお楽しみください。

テーマ : 猫写真
ジャンル : ブログ

アカデミー賞ノミネートおめでとう。『かぐや姫の物語』鑑賞中。

『かぐや姫の物語』。第87回アカデミー賞長編アニメ作品賞ノミネートおめでとうございます。
うう、これで少しは高畑さんが報われる。莫大な制作費をかけてまで挑んだ気合いの入った作品だったのに、公開後は散々なものに・・
ジブリが一時解散する理由にはそんな事情もあるとかないとか。『ほ〜ほけきょ、となりの山田君』の時も同じような事態だったからなあ。ほんと可哀想。技術的には相当なチャレンジをしてるんだけど一般にはそれが伝わりきれてないんですよね。それに題材が題材だから理解しずらい。今回のかぐや姫だってそう。
そんな感じで、これまでの前例や作品の印象から結局、『かぐや姫の物語』も映画館で見る事はありませんでした。
しかし!なんとアカデミー賞アニメ作品賞でのノミネート!例年ならディズニー作品やピクサー作品が受賞するところだが、ディズニーはヒーロー映画だし、ピクサーは前年作がゼロということもあり、もしかするともしかする可能性が見えてきた。題材は外国人好みだし、技術的なチャレンジも認められてのノミネートなんでしょう。
個人的には『レゴ・ザ・ムービー』が大傑作と思っていたので、それがノミネートから外れたことが大変残念であり不思議なところでもあるんですが。そう思う人は業界には沢山います。
でも日本人にとっては喜ばしいことです。
というわけで早速レンタルして現在鑑賞しています。
かぐや1

でも不安もなきにしもあらず。
いきなり冒頭からこの絵ですから。
素人目には手抜きとしか見えないでしょう。水墨画に水彩画をプラスした画風とでも言うのかな。実はかなり芸術的指向の高い絵柄であることが分かります。
かぐや2
かぐや3

凄いのは、これがヌルヌルとなめらかに動くんです。これがいかに凄いか。だってこの絵を膨大な人数のアニメーターが動かすんですよ。荒々しさと繊細さが入り交じった描線は、まさに芸術家の手から筆下ろされた生きた線です。それを違うアニメーターが連続する作画として描いている。凄すぎる。凄まじすぎる意思統一です。
これにはアカデミー会員達の選出にも激しく同意するしかないでしょう。
かぐや4

映画は鑑賞途中です。作品としての評価は見終わってから改めてしようと思います。
でも納得できないところもあります。問題のこれです。
かぐや5

なんぼ自分がおっぱいが好きでも婆さんのそれだけは・・
実に形の良いおっぱいなんだけど、持ち主は婆さんなんだよなあ(笑)
かぐや6

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

マイティ・ソー対クジラ:『ハート・オブ・ザ・シー』の予告を紹介

アメリカのこのバラエティ番組をご覧ください。
コーナーのひとつで、マイティ・ソーでお馴染みのクリス・ヘムズワースが司会者とのゲームに負けて罰として水を浴びせられるといった内容です。


筋肉ムキムキの裸体にシャツ一枚。水に濡れて透けて見える筋肉。
やらせに決まってるやんけ!(笑)
お茶の間から、若い姉ちゃんからババアまでの悲鳴が聞こえてきそうだ(笑)狙いすぎだろ(笑)
クリス・ヘムズワースの作品での脱ぎ率は非常に高い。
ソーは当然として、『ラッシュ』でF1ドライバーのジェームス・ハントを演じたときも鍛え抜かれた裸体を披露した。
今年は『アベンジャーズ2』以外にも『ハート・オブ・ザ・シー』と『ブラック・ハット』が公開されます。
前者は捕鯨船と巨大クジラの戦いを描いたアドベンチャー、後者はサイバーテロと戦うハッカーを主人公にしたサスペンス。ジャンルはまったく違えど、間違いなく共通して言えるのは、両作品とも裸体が拝めるということだろう。海を舞台にした『ハート・オブ・シー』は特にだ。
昔『白鯨』という映画があったのを覚えていますか?自分は幼かったのではっきりとは覚えてないんですがなんとなく迫力があったのを覚えています。船長とシロナガスクジラの凄まじい対決があって最後はクジラの体にロープで括られたままの船長がクジラと共に海の底へと消えていくシーンだけは覚えています。
その映画の原作小説を忠実に再映画化したのが『ハート・オブ・ザ・シー』です。だから凄く楽しみでもある。映像技術が進んだ今だったら凄いものができるに違いない。クジラ対帆船、クジラと人間との戦いがどのように描かれるのか、予告からはその凄まじさが伝わってきます。もう食い入るように見てしまいました。その戦いは、さながら怪獣映画のようです。


で、その興奮いっぱいの予告を見たあとに詳しい物語を知りたくてネットで調べてみたんです。
映画の出来事は史実らしく、1819年に実際に起きた捕鯨船事故で、それを元にして書かれたのが『復讐する海 捕鯨船エセックス号の悲劇』という小説なんです。
小説では、その事故がいかに悲惨なものであったのかが語られます。
いったいなにが起きたのか、簡単ではありましたが自分はその物語の一端を知る事ができました。
読んで思った事は、笑うに笑えない、興奮もへったくれもない、その一言でした。
筋肉裸体?クジラバトル?いやいや、実は映画でメインとして描かれるのはその後の話しだったんです。
まず、クジラに負けた船員達は遭難するわけです。三隻のボートに別れた彼らの地獄のサバイバルはここから始まります。
詳しくはネットなりで調べてみてください。一応簡単に説明すると、遭難して食料が次第に無くなってくるわけです。そして遂には完全に無くなる。漂流する海のど真ん中、全員が正気を失いつつある状況で飢えは激しくなるばかり。そこで彼らは決断するわけです、飢えをしのぐために。
ここからが地獄絵図の始まりです。
実は映画でもここを忠実に描いているのです。クジラとの戦いはきっかけであり、本当の話しはここからだったのだ。
クジラと捕鯨船の迫力に目を奪われがちだが、でもその後の話しもちゃんと予告に入ってるんですよね。あれをナイフで切ってるし・・・
これ絶対にR指定だろ。クジラと人間とのバトルに食人・・・まあ好きな題材が揃った映画でもあるんだけどね。
そんな映画でもクリス・ヘムズワースの筋肉裸体が拝めるんだろうな(笑)

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

ロボットアクション映画の名作が生まれるか?:『チャッピー』予告第二弾

『チャッピー』の予告第二弾が公開になりました。
『第9地区』と『エリジウム』で世界のロボットオタク達を魅了したニール・プロムガンプ監督の最新作です。
リアルロボットを描かせたらおそらくハリウッド一でしょう。それほどこの監督はマニアックです。
なんせロボットから発射されるミサイルの軌道に板野一郎のアニメ作画技法、板野サーカスを採用したほどですから。
最新作でも期待に応えます。予告第一弾では監督らしいメカ描写が満載でした。しかし内容的には今までとは違ってハートフルな印象を受けます。
その予告がこれです。



そして第二弾が公開になりました。
これがですね、第一弾とはまったく違った内容になっているんです。
近未来ロボットバトルアクション。まさにそんな内容の予告に仕上がっています。なおかつ、これまでのどの作品よりもマニア度が増している。つまりは、自分の大好物の映画になっているというわけ。第一弾はカムフラージュだったのだ。本当に描きたいのはこっちだった。まあ世間一般的には前回のほうが好ましかったんでしょう。でも期待していいのは第二弾のほうだ。
ではその驚き予告をご覧ください。



量産されるチャッピー。
ウサギa

彼らは暴徒鎮圧のために開発されたバトルマシンなのだ。
ウサギb

犯罪組織のアジトに押し入るマシン。まんまロボコップじゃん(笑)
うさぎc


銃を構える姿もかっこいい
ウサギd

こ、これは、ロボコップのED209?!
うさぎe

ヒュー・ジャックマンの机にはさっきのロボのプラモが!欲しいぞ、くれ(笑)
うさぎf

赤いボディは特別型か?もしや3倍速く動けるのか?(笑)
ウサギg

ヘッドマウントディスプレイを被るヒュー
うさぎh

そして操縦桿を握る
ウサギi

さっきのロボが飛んだあああ!
うさぎj

ロボ着地。おおお!逆関節だあ!やっぱ逆関節ロボはかっこいいなあ
うさぎk

武装で固められた上半身。無骨な感じがまさにリアルロボ
うさぎl

ガトリング砲発射
ウサギm

チャッピーピンチ
ウサギn

さらに発射の嵐
ウサギo

負けるなチャッピー
ウサギp

だがチャッピーも負けてない、反撃だ
うさぎq

勝ったぞ!
うさぎr

うわああああ、めちゃくちゃ早く見てえええええ!


テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

一足早くにアベンジャーズ2を公開します

前回紹介した『アベンジャーズ2/エイジング・オブ・ウルトロン』の新予告に触発されて自分なりのアベンジャーズ2を作ってみました。

「お前がウルトロンなんてものを作ったからこんなことになってしまったんだ!」
あべんzl

「どう責任をとるつもりだ、トニー!」
あべんzm

「やめなさい!世界が一大事ってときに仲間同士で争うなんてどうかしてるわよ!」
あべんzn

「・・・・・・・・」
アベンzo

「お前のせいだ!なんとかしろ!
アベンzp

「なんてやつらなの、わたしの言葉を聞こうともしない。しかたないわね、じゃあこれでどうよ」
あべんzq

「あなたたち、いますぐに喧嘩を止めなさい!」
アベンzr
アベンzs

はい分かりました
アベンzo

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

『アベンジャーズ2/エイジ・オブ・ウルトロン』予告第二弾公開。

『アベンジャーズ2/エイジ・オブ・ウルトロン』の予告第二弾が本日公開されました。
では、予告とそこから気になる映像を紹介したいと思います。
まずは予告から。


次は気になる映像です。
ニューコスチュームのキャップ登場
アベンa
アベンb

こちらもニューコスのホークアイが登場。続編では全てのメンバーがニューコスチュームになっています。なかにはマイナーチェンジ的なものもあるけどね。
あべんc
アベンd

トニー登場。今回は、彼が前回の敵から採取したデータを元にウルトロンを開発します。それが結果的に災いとなってしまうんです。まあ彼の責任でもあるわけですね。
あべんe
あべんf

開発し終わったばかりのウルトロンが自我に目覚めて人類に宣戦布告します。人類は世界にとっての一番の悪だと。正論ですね。
あべんg
あべんh
アベンi
あべんj

新キャラ、クイックシルバーとスカーレットウィッチ。実は味方なのか敵なのかが今の所不明です。なぜかは後ほど。
アベンk

水に浸かろうとする謎の女性。拡大しても分かりませんでした。仮面のようなものを被ってるようにも見えるんですが・・
アベンl

攻撃をするスカーレット
あべんm

その相手はアイアンマンでした。これが先ほどの、味方か否かの謎です。
アベンn

これも気になります。多分ブラックウィドウでしょうけど、幼い感じがしますよね、そして手術を何者かにされている。彼女の謎の過去が語られるんでしょうか。
アベンo
あべんp
あべんq
あべんr

量産型のウルトロンですが、でも手強そうです。こんなのが数十体?も現れるんですから、はたして倒す事ができるんでしょうか。
アベンs

相変わらずかっこいい登場のしかたをするアイアンマンです。またフィギュアが欲しくなります。予約したけど(笑)
あべんt
あべんu

両腕にばかでかい兵器を持つウィドウ。相手はウルトロンか?
あべんv

この人知ってます?アンディ・サーキスです。ロード・オブ・ザ・リングのゴラムやリメイク版猿の惑星のシーザー、またハリウッド版ゴジラでパフォーマンスキャプチャーを担当した役者です。どんな役なんだろう
あべんw

ロボット相手に生身のキャップがどこまで戦えるんでしょう。苦戦してますね。
アベンx
あべんy

見つめ合うハルクとウィドウ。今回ハルクは敵になってしまうようです。二人の寂しげな表情がそれを不吉に暗示します。
あべんz
アベンza

ウルトロンの攻撃に苦戦するソー?完全体になったウルトロンにはどんな攻撃も通じなさそう。
あべんzb
あべんzc

災いを招いた張本人トニーに詰め寄るソー。「全部きさまのせいだ!」そんな感じ?
あべんzd
あべんze

対ハルク用アイアンマン、ハルクバスターの登場です。今回の目玉の一つと言えるでしょう。全ヒーロー中最もパワーのあるハルクと互角に戦えるアイアンマンなのですから、はたしてどんな激戦になることやら。ホットトイズからフィギュアもでるけど買えません。多分50センチをこえて7万はするでしょうから。
あべんzf
あべんzg
あべんzh
あべんzi
あべんzk
アベンzj

次に公開される予告にも大期待です。

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

エイリアン3を好きですか?

突然ですが、エイリアンシリーズの中で嫌いな作品はなんですか?
自分は3です。速攻で3を選びます。だれがなんと言おうと3です。そうでしょ?そうですよね?

ポスター

まあ意見は人それぞれだと思いますが。
監督はデビット・フィンチャーです。『セブン』『ファイトクラブ』『ゴーン・ガール』と、自分の好きな作品を多く撮っている監督です。今最も才能と勢いのある監督といっていいでしょう。
でもこれだけは許せない。何が許せないって、エイリアン2のニュートとヒックスをいとも簡単に冒頭で死なせたことだ。
ニュートを必至に救ったリプリーの活躍はなんだったのか、二人の間には愛情さえ芽生えていた。

エイリアン12

最後まで諦めることなくエイリアンに立ち向かったヒックスの勇姿を自分は忘れない。かれこそ本物の戦士だ。

ヒックス

それなのに3であっさり死なせてしまった。あれ以降だ、エイリアンの方向性が不明瞭になり始めたのは。一方で、3であれだけのことをしてしまったものだから、もうなんでもありが許せる世界観になってしまった。エイリアンVSプレデターなどがそれ。
3のドッグエイリアンも新たな設定だ。寄生する対象生物の身体的特徴を持ってエイリアンが生まれてくるのだ。3では犬に寄生するのでそれに似た体型と運動能力がエイリアンに備わっていた。もはや1で恐れおののいた最強宇宙生物の姿はそこにはない。ワンコスタイルには愛嬌すら感じられる。

ドッグエイリアン

なのに、ドッグエイリアンのフィギュアを買ってしまいました。正直どっちでもよかったんです。でもセットで売っていたもう一つのフィギュアがどうしても欲しくて、それで仕方なく買ってしまいました。そのもう一つは後日紹介します。
やはりワンコスタイルです。可愛いですね。

エイリアン1

ここでちょっと試したくなります。立たせてみようと。

エイリアン2

お?
エイリアン3

おお?
エイリアン5

おおおお?!
エイリアン4

か、かっこいいじゃん!逆関節の二足の足で立ち上がった姿がめちゃくちゃかっこいい!これなら全然ありです。
なんだかヒーローっぽい。
そういえば逆関節のキャラクターってどれもかっこいいんですよね。

エイリアンクイーンも

エイリアン6

パシフィックリムのイェーガーも
エイリアン7

パシフィックリムの怪獣も
エイリアン8

ロボコップのED209も
エイリアン9

そんなわけで私はある実験をしてみることにした。人間ならばどうなのかと。
そこで選ばれたのが彼だ。

エイリアン10

そして実験は成功する。
見てくれたまえ、これが人類で初の逆関節人間だ!
どうですかみなさん、かっこいいですか?!

エイリアン11

きめえええええええええ!!!

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

おわびとアントマンネタ

ブログを書いた順番が突然変わっていた、そんな奇妙な現象にあわれた人はいますか?
昨日それにあってしまい困ってしまいました。
『96時間/レクイエム』のレビューがその前日に書いた記事と入れ替わっていたんです。しかも日付さえ変わっている。
最初はそれに気づかなくて『96時間』のレビューが完全に消えたと思い込んでしまい再びレビューのアップをしました。だから結果的に同じレビューが二つ存在することになってしまいました。
またこともあろうに、せっかく書き込んでくれたコメントも消えてしまっている。その問題の記事がこれ。

http://wako8500.blog.fc2.com/blog-entry-322.html

つかりこさん、まことに申し訳ありませんでした。
では気持ちを切り替えて今日のネタです。

その問題の記事内でアントマンが仮面ライダーウィザードに似ていると指摘しました。
アント29

そんなわけで、仮面ライダーの複眼と額のアンテナをアントマンに付けてみようと思い立ったわけです。
その結果がこれ・・

アント30

やっぱりライダーでした(笑)ベルトのバックルも大きくしたらより完璧になるはず。
縮小するときに変身ポーズをしてくれないだろうか(笑)

テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
ジャンル : 映画

まるで映画『逃亡者』:『96時間/レクイエム』

すいません。ちょっと不可解なことが起きてしまいました。なぜか前回に書いた『96時間/レクイエム』のレビューが消えていました。よって再アップします。ですので、この前の記事と内容が前後逆になってしまいました。よろしければこのレビューのあとに前の記事もお読みください。
ではレビューです。
リーアム・ニーソン公認のストップウォッチを持って早速行ってきましたよ、『96時間/レクイエム』を見に。


もう興奮が抑えられない。シリーズ完結編です、製作と脚本のリュック・ベッソンは盛大な幕切れを用意してくれているに違いありません。手にもつカウンターも誤作動がないように入念にチェック。
そうだ、このブログを初めて見る人もいるかもしれませんよね。まずはストップウォッチのことから簡単に説明します。これを何に使うのかというと、主人公のブライアン・ミルズが悪人達を殺した人数を数えるのに使うんです。
呆れた方、自分は冗談を言っているのではありません、本気でカウントするためにストップウォッチを持ってきてるんです。『96時間』シリーズでブライアンが敵を殺してきた数をご存知でしょうか。誘拐された家族を救うため、元CIA特殊工作員のお父さんは身につけたスキルで犯人たちを次々と血祭りにあげていくのです。
ブライアンは言います「家族のためならエッフェル塔だって破壊する」と。
ブライアンの強さもありますが、その言葉にある説得力は、ひとえにリーアム・ニーソンという役者によるところが大きい。
近年では、このような役柄を多く演じる事が多いリーアムですが、彼にはそれとは別に、知的で紳士的なイメージの役柄を演じられるという一面もあります。そちらの人格も非常に説得力に満ち溢れている。『シンドラーのリスト』などが良い例です。
過去のそんな実績があるものですから、だからこそ、どんな危機をも切り抜け標的を確実に仕留めるといった強さがリーアム・ニーソンから伝わってくるのです。この人に任せておけば全てが安心。危うさなど微塵も感じさせない、そんな信頼感が彼には備わっているのだ。
「家族のためならエッフェル塔だって破壊する」。その言葉の説得力もそこからきている。すでに還暦をすぎた彼ですが、年を感じさせない強さもそうした理由からです。現在流行りオヤジアクション映画を一番に牽引しているのは彼、リーアム・ニーソンと断言していいでしょう。『96時間』シリーズは、まさにリーアムの魅力が凝縮されたアクション映画と言えるのだ。
その魅力に目覚めたファンたちは彼の過去作にも注目していくことになります。するとどうだろう、次々と彼の殺人遍歴が明らかになるではないか(笑)現在のリーアム・ニーソン人気の決定打はここで完成したといっていい。そして彼の最新作の動向が注目を浴び始める。もちろん期待するのは一つだ。そんな期待にそってのことか分からないが、リーアムも同じような役柄を演じ始める。一度彼に心境を聞いてみたいものです。実際のところかなり気になる部分でもあります。
そのファンたちの期待を浴びて満を持して作られたのが『96時間/レクイエム』だ。今度は別れた前妻が彼の目の前で殺されてしまう。再び愛を確かめ合ったあとに・・・
観客もスクリーンに釘付けになる。な、なんてこった・・嫁が、嫁が殺されてしまった。前作で、一度は無くし家族の絆を取り戻したのに・・家族みんなで危機を乗り切ったじゃないか、幸せを、笑顔を取り戻したじゃないか。これじゃブライアンがあまりにも・・・
これじゃ・・これじゃ・・悪人たちを殺し放題だぜええええええ!イヤッホー!ブライアン頼むぜ、悪人どもをぶち殺しまくってくれええ!記録更新期待してるぞおお!
普通そうなりますわな(笑)
カウンターのボタンを押す指にも力が入るってなもんです。
そして集計の結果が出ました。さあ、ブライアン・ミルズは最後の作品で有終の美を飾ることができるのか。映画史に名を残すことができるのか。
発表します。ブライアン・ミルズが『96時間/レクイエム』で殺した悪人の人数は!
14人!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
少な!!
前回前々回と比べて半分以下に減ってしまっているではないか!これはどういうことだ?!
この数字が意味するものとはなんなのか。はっきりと言います。つまりは全然面白くないということだ。
数が少ない事への不満、それだけなら多少は我慢しよう、でも話し自体がまったくなっていない。こんなどうしようもない脚本をよくも書いてくれたものだ。これをシリーズ最後に持ってくるとは、リュック・ベッソンお得意のやっつけ仕事を久々に見たような気がする。絶対に適当な思いつきで書いてるやろ。
映画は、妻殺しの容疑をかけられたブライアンが逃亡をしながら犯人を探すといったストーリーになっています。それを、フォレスト・ウィテカー演じる捜査官が追います。要は『逃亡者』ですね。ハリソン・フォードとトミー・リー・ジョーンズが主演した映画です。ブライアンがハリソン、ウィテカーがジョーンズといった具合です。
三作目を作るにあたり前回前々回と同じ内容のものには出演したくないと言っていたリーアムのために今回の脚本を書いたのだと思いますが、誰がどう見ても元ネタは『逃亡者』です。思いつきでさっさと書き上げたのでしょう、それがはっきりと分かります。
で書いてる最中にハッと気づいた。脚本の8割が完成してるのにまだ悪人が出て来ない。ブライアンが一人も悪人を倒していない。パクるのに夢中で『96時間』を忘れていたのだ(笑)
そんなわけで急遽、犯人の黒幕に繋がる展開と急な悪人たちの登場が脚本に追加される。映画を見たら分かると思うが、後半の話しなど完全に後付け設定で違和感だらけです。なにもかもが急すぎる。
実は映画を見ながらずっと思っていたんですよ。真犯人はいつ登場するの?と。その間が退屈で退屈で、カウンターも手から滑り落ちてしまいました(笑)
一応は犯人とおぼしき人間がオープニングに出てくるんですけど、彼とブライアンの接点がいつまでたっても明かされないんです。妻が殺されたんですからどう考えたってやつらの仕業と思うじゃないですか。でも物語が8割すぎたあたりでも真相が判明しない。したらしたらで今度は拍子抜け。なにより話しがちっぽけすぎる。これでシリーズ完結編とは・・。
こういう映画、というか『96時間』シリーズの場合は敵の正体と目的をはっきりさせてから主人公と敵を対決させたほうが面白いと思うんです。アクション映画はスタートとゴールが見えているほうが面白い。そこに『逃亡者』的な逃亡劇をプラスするのも有りです。犯人の姿を見せないようにするのがリュック・ベッソンの意図なんでしょうけど、でもそれじゃあ『逃亡者』そのままじゃないか。私たちファンが見たいのは『96時間』のブライアン・ミルズであって『逃亡者』の主人公ではない。
で一応は気づくんだけど、その結果があの後付け(笑)
悪人たちもたまったもんじゃない、俺たちはなんのためにこの映画に出てるんだと怒りたくなるはずです。
しかも酷いのは、犯人のリーダーの扱い。
とりあえず悪人ずらの強そうな俳優を起用して、とりあえずロシアの特殊部隊にいたという設定にしとこう、そんな感じで何から何までとりあえずに決められたキャラなのだ(笑)
最後あたりで強引に特殊部隊の話しが出てくるおかしさといったら(笑)それでブライアンへの危機感を煽ろうとしても効果がまるでなし(笑)そうしたわりにはあっという間に決着がつくし。しかも犯人はブリーフパンツいっちょでブライアンと戦います(笑)めっちゃ笑う(笑)
後付けと言えば、逃亡劇の最中のカーアクションと爆発もわざとらしい。『ダイハード』のマクレーン級の大迷惑アクションが繰り広げられるのだ。いや、『96時間』ってそんな映画じゃないし(笑)そのわりには特撮下手だし(笑)
『逃亡者』をやりたいのに捜査官のやる気のなさもなんなのか。
ブライアンが凄腕と分かるや、何をしても無駄だから手出しはするなと部下たちに命令をします(笑)また先に説明したように主人公が完璧なもんだから追う者と追われる者との間に生まれる緊迫感がほぼないに等しいんです。おまけに捜査官が無能だから(笑)
リュック・ベッソンはいったいなにを作りたかったんだ?まあ、適当に早く仕事を終わらせるものを作りたかったんやろな(笑)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

リーアム・ニーソンのアクション最新作が公開。ただし『96時間』じゃないよ。

『96時間/レクイエム』を鑑賞し興奮冷めやらぬ中(怒りと呆れに興奮)、またまたニーアム・ニーソンの最新作が公開されるぞ。
期待してよろしい、やはり同じようなキャラを演じます。そして敵を殺しまくります。
タイトルは『ラン・オール・ナイト』。
ランa

殺し屋家業に身を置く父親が、そのために命を狙われることになった息子を守るため、雇い主で親友でもある組織のボスを敵に回して戦います。その一夜を描いたのが本作。
またしてもパパ役(笑)
『96時間』の三作目で同じような内容の作品に出るのは嫌だと言っていたのに、同じ役を演じてるじゃねえかよ!(笑)
前回のブログにも少し書きましたけど、やっぱりリーアムの心境を直に聞いてみたいです。なんで最近はこんなアクション映画ばかりに矢継ぎ早に出るんだろう。来るもの拒まずといった感じさえもします。断れない性格なのか?まあ面白ければ良いんだけどさ。
息子を演じるのは、リメイク版『ロボコップ』でマーフィーを演じたジョエル・キンナマン。
ランc

そして組織のボスは名優エド・ハリスが演じます。エドが出演するだけで映画は見る価値ありといっていいでしょう。
ランb

やはり敵が輝いているほどアクション映画は面白い。だから『96時間/レクイエム』はあんな目に・・
今回の戦いだけは、いつものリーアム無双が通じなさそうです。銃や格闘に頼らない、濃厚で見応えたっぷりの芝居の応酬が見れるんじゃないでしょうか。
とは言っても、武器の描写にもこだわりがありそう。
このヒットマンが使う武器が気になります。
ランd

目にドラゴンボールのスカウターのようなものを付けてるんですよね。銃もそれと連動した機能がありそう。位置測定機能や赤外線モードがあったりして。Googleグラスといった機械を知ってます?まさに映画のような機器でパソコンの画面がレンズに映し出されるんです。それかもしれませんね。
あとはリーアムのライフルショットシーン。怪我で使えない左手の代わりに特殊な撃ち方をしています。しかもスローモーションで。緊迫した見応えのあるアクションシーンになりそうです。
ランe

でも、もうそろそろ現実的な役を演じてもいい頃かも。賞レースを狙えるような。実力はあるんだけど、本人にはあまりその気がないんですかねえ。早くも次の作品が気になるリーアム・ニーソンなのであった。

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

今度こそ大きいアントマンの予告が公開

『アントマン』の公式ポスターが公開されました。ではご覧ください。
アントw

画面が真っ白・・・・
言っておくが、決して画像を読み込むのが遅いわけではない。
よーーーーーく画面の中央を見てください。ちっさくて黒いものが見えませんか。
そうです、これがアントマンなのだああああ!


またやらかしおったーー!前回の予告でやらかしたパターンををまた使ってきたーーー!(笑)
もう完全にやり通す覚悟ですね。まあ俺は笑えたんで好きですけど、このパターン。

このポスターと同時にロングバージョンの予告も公開されました。こちらは画面が大きくて一安心です。
ではいつものように映像を紹介。

この老人こそが初代アントマン。天才科学者でもあるヘンリー・ハンク・ピムを演じるのはマイケル・ダグラスだ

アントa

彼の開発した粒子光線により体を縮小させる能力が可能になる。
アントb

でこいつが二台目アントマン。名はスコット・ラング。しかし今はただの人。なんだか警官みたいな人間を連れ添っているぞ。
アントc

ここは刑務所だったのだ。でもなんで?
アントd

じつは彼は泥棒だった。
アントe

でも遂に御用となる。
アントf

そんな彼をマイケルは自分の開発室に連れてくる。
アントg

ここなんなの?
アントh

悪い事ばかりしていては駄目だよ、今から君が私の跡を継ぎなさい。改心するスコットなのであった。
アントi

ダ、ダサい。いやかっこいい。
アントj

仮面ライダーウィザードではない
アントk
アントx

変身!縮小!
アントl
アントm
アントn

縮小完了!
アントo
アントp

そこに一匹の羽アリが。虫との交信もできるスコットはアリンコとも仲良くなるのだった。
アントq

「乗れよ相棒!」「OK」
アントr

最強コンビ誕生だ
アントs

行くぜ!これから悪党どもを倒しにいくぜ!ブーン。
アントt

イヤッホー!
アントu

アントv

アントマンよ永遠なれ・・・

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

まるで映画『逃亡者』:『96時間/レクイエム』

リーアム・ニーソン公認のストップウォッチを持って早速行ってきましたよ、『96時間/レクイエム』を見に。


もう興奮が抑えられない。シリーズ完結編です、製作と脚本のリュック・ベッソンは盛大な幕切れを用意してくれているに違いありません。手にもつカウンターも誤作動がないように入念にチェック。
そうだ、このブログを初めて見る人もいるかもしれませんよね。まずはストップウォッチのことから簡単に説明します。これを何に使うのかというと、主人公のブライアン・ミルズが悪人達を殺した人数を数えるのに使うんです。
呆れた方、自分は冗談を言っているのではありません、本気でカウントするためにストップウォッチを持ってきてるんです。『96時間』シリーズでブライアンが敵を殺してきた数をご存知でしょうか。誘拐された家族を救うため、元CIA特殊工作員のお父さんは身につけたスキルで犯人たちを次々と血祭りにあげていくのです。
ブライアンは言います「家族のためならエッフェル塔だって破壊する」と。
ブライアンの強さもありますが、その言葉にある説得力は、ひとえにリーアム・ニーソンという役者によるところが大きい。
近年では、このような役柄を多く演じる事が多いリーアムですが、彼にはそれとは別に、知的で紳士的なイメージの役柄を演じられるという一面もあります。そちらも人格も非常に説得力に満ち溢れている。『シンドラーのリスト』などが良い例です。
過去のそんな実績があるものですから、だからこそ、どんな危機をも切り抜け標的を確実に仕留めるといった強さがリーアム・ニーソンから伝わってくるのです。この人に任せておけば全てが安心。危うさなど微塵も感じさせない、そんな信頼感が彼には備わっているのだ。
「家族のためならエッフェル塔だって破壊する」。その言葉の説得力もそこからきている。すでに還暦をすぎた彼ですが、年を感じさせない強さもそうした理由からです。現在流行りオヤジアクション映画を一番に牽引しているのは彼、リーアム・ニーソンと断言していいでしょう。『96時間』シリーズは、まさにリーアムの魅力が凝縮されたアクション映画と言えるのだ。
その魅力に目覚めたファンたちは彼の過去作にも注目していくことになります。するとどうだろう、次々と彼の殺人遍歴が明らかになるではないか(笑)現在のリーアム・ニーソン人気の決定打はここで完成したといっていい。そして彼の最新作の動向が注目を浴び始める。もちろん期待するのは一つだ。そんな期待にそってのことか分からないが、リーアムも同じような役柄を演じ始める。一度彼に心境を聞いてみたいものです。実際のところかなり気になる部分でもあります。
そのファンたちの期待を浴びて満を持して作られたのが『96時間/レクイエム』だ。今度は別れた前妻が彼の目の前で殺されてしまう。再び愛を確かめ合ったあとに・・・
観客もスクリーンに釘付けになる。な、なんてこった・・嫁が、嫁が殺されてしまった。前作で、一度は無くし家族の絆を取り戻したのに・・家族みんなで危機を乗り切ったじゃないか、幸せを、笑顔を取り戻したじゃないか。これじゃブライアンがあまりにも・・・
これじゃ・・これじゃ・・悪人たちを殺し放題だぜええええええ!イヤッホー!ブライアン頼むぜ、悪人どもをぶち殺しまくってくれええ!記録更新期待してるぞおお!
普通そうなりますわな(笑)
カウンターのボタンを押す指にも力が入るってなもんです。
そして集計の結果が出ました。さあ、ブライアン・ミルズは最後の作品で有終の美を飾ることができるのか。映画史に名を残すことができるのか。
発表します。ブライアン・ミルズが『96時間/レクイエム』で殺した悪人の人数は!
14人!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
少な!!
前回前々回と比べて半分以下に減ってしまっているではないか!これはどういうことだ?!
この数字が意味するものとはなんなのか。はっきりと言います。つまりは全然面白くないということだ。
数が少ない事への不満、それだけなら多少は我慢しよう、でも話し自体がまったくなっていない。こんなどうしようもない脚本をよくも書いてくれたものだ。これをシリーズ最後に持ってくるとは、リュック・ベッソンお得意のやっつけ仕事を久々に見たような気がする。絶対に適当な思いつきで書いてるやろ。
映画は、妻殺しの容疑をかけられたブライアンが逃亡をしながら犯人を探すといったストーリーになっています。それを、フォレスト・ウィテカー演じる捜査官が追います。要は『逃亡者』ですね。ハリソン・フォードとトミー・リー・ジョーンズが主演した映画です。ブライアンがハリソン、ウィテカーがジョーンズといった具合です。
三作目を作るにあたり前回前々回と同じ内容のものには出演したくないと言っていたリーアムのために今回の脚本を書いたのだと思いますが、誰がどう見ても元ネタは『逃亡者』です。思いつきでさっさと書き上げたのでしょう、それがはっきりと分かります。
で書いてる最中にハッと気づいた。脚本の8割が完成してるのにまだ悪人が出て来ない。ブライアンが一人も悪人を倒していない。パクるのに夢中で『96時間』を忘れていたのだ(笑)
そんなわけで急遽、犯人の黒幕に繋がる展開と急な悪人たちの登場が脚本に追加される。映画を見たら分かると思うが、後半の話しなど完全に後付け設定で違和感だらけです。なにもかもが急すぎる。
実は映画を見ながらずっと思っていたんですよ。真犯人はいつ登場するの?と。その間が退屈で退屈で、カウンターも手から滑り落ちてしまいました(笑)
一応は犯人とおぼしき人間がオープニングに出てくるんですけど、彼とブライアンの接点がいつまでたっても明かされないんです。妻が殺されたんですからどう考えたってやつらの仕業と思うじゃないですか。でも物語が8割すぎたあたりでも真相が判明しない。判明したらしたで拍子抜けなのもいかがなものか。話しがちっぽけすぎる。これで完結編とは・・
こういう映画、というか『96時間』シリーズの場合は敵の正体と目的をはっきりさせてから主人公と敵を対決させたほうが面白いと思うんです。アクション映画はスタートとゴールが見えてるほうが面白い。そこに『逃亡者』的な逃亡劇をプラスするのも有りです。犯人の姿を見せないようにするのがリュック・ベッソンの意図なんでしょうけど、でもそれじゃあ『逃亡者』そのまんまじゃないですか。私たちファンが見たいのは『96時間』のブライアン・ミルズであって『逃亡者』の主人公ではない。
で一応は気づくんだけど、その結果があの後付け(笑)
悪人たちもたまったもんじゃない、俺たちはなんのためにこの映画に出てるんだと怒りたくなるはずです。
しかも酷いのは、犯人のリーダーの扱い。
とりあえず悪人ずらの強そうな俳優を起用して、とりあえずロシアの特殊部隊にいたという設定にしとこう、そんな感じで何から何までとりあえずに決められたキャラなのだ(笑)
最後あたりで強引に特殊部隊の話しが出てくるおかしさといったら(笑)それでブライアンへの危機感を煽ろうとしても効果がまるでなし(笑)そうしたわりにはあっという間に決着がつくし。しかも犯人はブリーフパンツいっちょでブライアンと戦います(笑)めっちゃ笑う(笑)
後付けと言えば、逃亡劇の最中のカーアクションと爆発もわざとらしい。『ダイハード』のマクレーン級の大迷惑アクションが繰り広げられるのだ。いや、『96時間』ってそんな映画じゃないし(笑)そのわりには特撮下手だし(笑)
『逃亡者』をやりたいのに捜査官のやる気のなさもなんなのか。
ブライアンが凄腕と分かるや、何をしても無駄だから手出しはするなと部下たちに命令をします(笑)また先に説明したように主人公が完璧なもんだから追う者と追われる者との間に生まれる緊迫感がほぼないに等しいんです。おまけに捜査官が無能だから(笑)
リュック・ベッソンはいったいなにを作りたかったんだ?まあ、適当に早く仕事を終わらせるものを作りたかったんやろな(笑)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

スターウォーズ新聞発売

日刊スポーツから発売された”スターウォーズ新聞”を購入。
この新聞社、過去にも”まどか☆マギカ”新聞や”プリキュア新聞”などを出していて、発売後はコンビニや駅売店からあっという間に消えるほどの人気となりました。当然自分も購入(笑)
今年は新サーガが公開されるスターウォーズイヤーということもあり、その勢いにのって今度はスターウォーズ新聞も発売。
でもさすがは新聞社です。アニメや映画を扱おうと人気にあやかった紙面作りはしません。どれも内容の濃い充実したものばかりです。


今回はVo.1の発売です。2号は5月に発売
aw1.jpg

現在公開されている新サーガについての情報
sw2.jpg

各界の著名人たちがSWを語る
sw3.jpg

有名コスプレイヤー達によるSW座談会
sw4.jpg

元20世紀フォックスジャパンの宣伝担当が語るSWがもたらした革命
sw5.jpg

SW用語解説
sw6.jpg

SWメカ解説sw7.jpg


ダークサイド度チェック。自分は少年アナキン級で一安心。誰だ、そんなの嘘だと言ったやつは!(笑)
sw8.jpg

SWキャラ弁の作り方。ベイダーに使う材料は当然あれです。分かるよね(笑)
sw9.jpg

これは一押し。藤岡弘がジャッジする、最強ジェダイは誰だ?決定戦。武士道を極めた男が厳しくジャッジするぞ。半分冗談の企画なのに超真剣な藤岡弘なのだ(笑)

sw11.jpg

C-3POとR2-D2の徹底解析sw12.jpg

SWで起きた出来事を新聞の見出しのように書いた記事
sw15.jpg

EP1〜EP6までのストーリーを解説
sw13.jpg

キャラクター相関図
sw14.jpg

海老蔵、スターウォーズ愛を熱く語る
sw16.jpg





テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
ジャンル : 映画

今度こそ大きいアントマンの予告が公開

『アントマン』の公式ポスターが公開されました。ではご覧ください。
アントw

画面が真っ白・・・・
言っておくが、決して画像を読み込むのが遅いわけではない。
よーーーーーく画面の中央を見てください。ちっさくて黒いものが見えませんか。
そうです、これがアントマンなのだああああ!


またやらかしおったーー!前回の予告でやらかしたパターンををまた使ってきたーーー!(笑)
もう完全にやり通す覚悟ですね。まあ俺は笑えたんで好きですけど、このパターン。

このポスターと同時にロングバージョンの予告も公開されました。こちらは画面が大きくて一安心です。
ではいつものように映像を紹介。

この老人こそが初代アントマン。天才科学者でもあるヘンリー・ハンク・ピムを演じるのはマイケル・ダグラスだ

アントa

彼の開発した粒子光線により体を縮小させる能力が可能になる。
アントb

でこいつが二台目アントマン。名はスコット・ラング。しかし今はただの人。なんだか警官みたいな人間を連れ添っているぞ。
アントc

ここは刑務所だったのだ。でもなんで?
アントd

じつは彼は泥棒だった。
アントe

でも遂に御用となる。
アントf

そんな彼をマイケルは自分の開発室に連れてくる。
アントg

ここなんなの?
アントh

悪い事ばかりしていては駄目だよ、今から君が私の跡を継ぎなさい。改心するスコットなのであった。
アントi

ダ、ダサい。いやかっこいい。
アントj

仮面ライダーウィザードではない
アントk
アントx

変身!縮小!
アントl
アントm
アントn

縮小完了!
アントo
アントp

そこに一匹の羽アリが。虫との交信もできるスコットはアリンコとも仲良くなるのだった。
アントq

「乗れよ相棒!」「OK」
アントr

最強コンビ誕生だ
アントs

行くぜ!これから悪党どもを倒しにいくぜ!ブーン。
アントt

イヤッホー!
アントu

アントv

アントマンよ永遠なれ・・・

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

実写版『攻殻機動隊』のキャスティングが発表

ハリウッドで映画化される『攻殻機動隊』のキャスティングが発表になりました。
製作は、スピルバーグ率いるドリームワークスが担当。今回発表されたのは、主役の草薙素子を演じる女優です。
その前に、アニメ版の草薙素子をご覧ください。

草薙a
草薙b
草薙2
草薙3

いやあ、かっこよくてエロいですね。そして強い。サイボーグ化された体で超絶アクションをこなします。
こんな主人公を演じる事が出来るのは、今やハリウッドではこの人しかいないでしょう。

草薙c

スカーレット・ヨハンソン。
画像はブラック・ウィドウですけど、このキャラで既に草薙素子を演じられそうです(笑)
最近は脱ぎっぷりもいいんで原作のこのシーンも期待できそう。ひひひ。



そうだ、家にも彼女がいたではないか!なら俺がその場面を再現してやろう。ひひひ。
草薙i

う〜ん、セクシーすぎるぜ
草薙j

この太もも
草薙k

この尻
草薙l

そそそそそして、このおっぱい。最近おっぱいネタが多いな(笑)
草薙m

い、今からファスナーを下ろすぞ。はあはあ
草薙n

はあはあはあ
草薙o

はあはあはあ
草薙p

ごくり。さあ、みんなもよく見てくれ。遂に脱が
草薙q

草薙g

草薙h







テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
ジャンル : 映画

漫画、アニメ、映画、それぞれに良さがある:『寄生獣』

菊池凛子が結婚してしまった・・・・
いや、特に彼女が好きというわけじゃないですよ、おっぱいが大きいですけどね(笑)
そうですね、僕が彼女のおっぱいに夢中になったのは『パシフィク・リム』のマコからなんですよ。イェーガーに乗る適正資格を見るために格闘訓練をする場面があるじゃないですか。同じパイロットのローリーと手合わせをする場面。そこでの彼女の服装がこれまたエロくて、薄手のタンクトップと大きく突き出した胸が私の妄想を酷く刺激した。
寄生1

また、イェーガーに乗る女性パイロットの戦闘服がまたまたエロくて、エヴァンゲリオンのプラグスーツを彷彿とさせます。特に女性が着たプラグスーツは絶品である。ちなみに綾波レイ派です。
そんなわけであるので、菊池凛子が出演した『バベル』で大興奮したのは言うまでもない。幸いにも、『パシフィック・リム』のあとに映画の存在を知ったので、その興奮たるや、言葉では言い尽くせないほどであった。
そのおっぱいが結婚した・・いや菊池凛子が結婚した。あのおっぱいが他の男のものになってしまったのだ。
染谷祥太(そめたにしょうた)。おっぱいを手に入れた男。
知らん。邦画には疎いんで全然知らん。と思ってちょっと調べてみたら『永遠の0』に出演していたことが分かった。邦画に疎い自分でもあの映画は知ってるぞ。確かに良い映画だった。過去のレビュー記事でも絶賛しています。
特攻で死んだ岡田准一君の代わりに彼の妻と結婚するラッキーな役。彼女が井上真央みたいな美人でよかったよな、なんて言いながら、その場面だけ納得できなかったことを覚えています。
あとは『TOKYO TRIBE』のラッパー。役も腹立つが、そもそも映画自体が気に食わない。だから語るのは論外。
つまりは、自分が知る限りの彼の出演作で良い印象があるものは一つもないというわけだ。そんな男におっぱい、菊池凛子が取られたのだ。
しかも菊池凛子が33歳で染谷将太は22歳。大人のテクニックで盛りの付いた若者は天にも昇る気持ちよさであろう。フライデーでも路上ベロチュウ写真が撮られている。路上でこれである。
そんな彼の最新作が『寄生獣』です。
二十数年前、夢中になって読んでいた連載漫画がこれです。漫画は完結から数十年の時を経てもなお、漫画史に残る名作と語り継がれています。
寄生c

ジェームズ・キャメロンが絶賛し一度はハリウッドに映画化の権利が渡るものの、しかし当時の技術ではビジュアル面での再現が難しかったのか結局は時間の流れと共に企画の案は風化していった。
そして生まれ故郷に戻ってきた。やはり日本にこそずっと漫画を愛し続ける人間がいたのだ。技術もようやく追いついた。
テーマも今の時代だからこ鮮明に浮き彫りになる。
資源を食いつくし死の争いを絶え間なく続ける人類という種ほど愚かな生き物はない。そこに人類を補食する新たな種が現れる。しかし彼らは生存本能に従って補食しているにすぎない。善悪の倫理観は存在しないのだ。ただ情報を理解する知性は併せ持っている。感情論に左右されることなく与えられ知り得た情報だけで行動をするのだ。するとどうだろう、彼らの存在によって人類こそが諸悪の根源であるのが分かり始めるのだ。
コンピュータが人類に戦争をしかけてくる物語が作られるのはこのパターンが多い。やはり人工知能が作られるのは色々と問題が多いような気がします。
このように、人間の存在意味と人の命の価値を、今一度見つめ直すきっかけを与えてくれるのがこの『寄生獣』です。
またそれだけではなく、アクションだってとても見応えがあります。人間と寄生獣との戦いには興奮を味わうことができるでしょう。
これだけ広げた壮大なテーマを誰もが納得できる形で完結させたところも見事でした。それが今も傑作と言われている所以でもあるんです。
そんな高い高いハードルの映画化の主役に染谷将太が選ばれた。
現在アニメ版が放送されているのをご存知ですか。放送前は、今風のキャラクターデザインへの変更なのでとやかくと悪く言われたもんですが、でも放送が始まるとそれも危惧に終わり原作に忠実な展開にその後は評価が上がりました。すると今度の標的にされたのは実写版です。まずは前編後編でまとめるには無理がある。その点アニメは24話ですから余裕があります。
あとは主人公の新一に寄生したミギーの声。アニメは声優の平野綾さんが演じています。これも放送前は女性が演じるとあってイメージが違うと散々な言われようでしたが、でも放送が始まるとこれも意見がガラリと変わりました。実写版の標的になったのはここでした。声が阿部サダオさんなんです。聞いた印象としては、軽い、その一言につきます。そんなこんなで、原作版信者と意外なほど高評価だったアニメのせいで実写版は全ての悪いイメージを背負わされてしまったんです。加えて染谷将太が新一を演じることに・・・これは個人的にですが。
そんな理由もあって、映画は公開されてからだいぶ後になってからの鑑賞になりました。
結論から言います。
面白い!めちゃくちゃよく出来てました。
短い時間内に収めるために省いた話しや変えた設定がありますがそれをほとんど感じなかったです。というより逆に新鮮な目で見る事ができました。はっき言って原作から変えられた部分が多いです。物語は同じでも、シーンや台詞やキャラクター設定を大幅に変えています。
しかしそれには意味があって、キャラクターの関係性や演出をよりドラマチックにみせるための映画的な演出と自分は受け止めました。それが嘘ではないように、確実に原作よりも胸をうつシーンがありました。音楽も良いですね、迫力のあるスコアでこれもドラマチックな演出を成す要因の一つになっています。
あとは時代に合わせて設定を現代的にしているところでしょうか。そこはアニメ版と共通するところです。漫画が発刊されたのは二十年以上も前ですが、それでもお世辞にもキャラクターが洗練されているとは言い難い。これは作者が持っている知識や趣味の問題ですが、一言でいうとダサいんです(笑)それとは違って映画やアニメでは男も女もかっこよく可愛くなってます。まあ原作の新一もかっこいいですけどね。
阿部サダオさんの声もアニメや原作にはない愛嬌があります。実はミギーは愛されキャラでもあるんです。フィギュアも出てることでし(笑)
寄生b
寄生e

またアニメにはなくて映画で再現されてるものといえば、寄生生物に惨殺される人間の描写です。映画版は容赦なく見せてます。人間が生きた魚を平気でさばいて人前に見せるように寄生生物も同じ感覚で人間を食い散らかしますからね。それこそが物語の根幹にあるものなんだから見せるのは当たり前というべきです。
ただ最後の戦闘場面に少し違和感がありました。演出過多になりすぎて戦闘ヒーローアクションみたいになってしまっていた。でも漫画も後半からは戦闘アクションが多くなっていくんでそれくらいでいいのかな?なら映画版の後編にも期待できそうです。最強の寄生生物、後藤を演じる浅野忠信と新一との戦いが今から楽しみです。
あとは染谷将太の芝居。彼の演技も映画をドラマチックにみせるために一役買っています。とくにある場面での泣の芝居が絶品。しょうがない、菊池凛子のおっぱいは君にあげるよ(笑)
漫画の実写映画は失敗がつきものと言われますが、本気になればここまでできるんですね。やっぱり映画は総合芸術の極めなんだと改めて実感した次第です。
デビルマンを再映画化してくれ(笑)
でも願わくば、もし漫画を見た事が無い人がいましたらそちらを見てもらいたい。やはり深く心に刺さり残るものは漫画です。
寄生d

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

リーアム・ニーソン、記録更新なるか?

ストップウォッチを100均で購入しました。
リーアム1

なんためにかって?
そりゃ決まってるじゃないですか。ストップウォッチを使う理由っていったら一つに決まってるでしょう。
リーアム・ニーソンが敵を殺す人数を数えるためですよ。ストップウォッチはそのためにあるのだ。
かっこいいストップウォッチでしょ?これ、リーアム・ニーソン公認のストップウォッチなんですよ。裏にはサインだってあります。それが100円で買えるんです(笑)

リーアム2
ここで訂正。ブログを書いたあとに気づいたんですが、ストップウォッチでは数をカウントできません(笑)とんでもない勘違いをしてしまいました。なにか数をカウントできる機械はないでしょうか

今週末から『96時間:レクイエム』が全世界同時公開になります。これは嬉しい。近頃は同時公開なんて稀ですからね。
リーアム4

リーアム・ニーソンが演じてきたキャラクター達が過去にどれだけの人間を殺してきたのかをご存知でしょうか。
そのキルズマップがこれです。

リーアム5

見てお分かりのように、『96時間』(原題『TAKEN』)シリーズが圧倒的です。次に『スターウォーズ・ファントムメナス』のクワイガンジン。
シリーズ三作目の『96時間:レクイエム』で果たして記録更新なるのか。全世界が注目しています。
今度は愛する妻が殺されて復讐する話しですからね、期待は高まる一方です(笑)
予告だけで既にかなりの人数が殺されてるし(笑)



それと、多くの人がカウントしてますが多少の誤差はあるみたいですね。殺してない数も含まれてるみたいだし。マップも正確かどうか・・
映画館ではなるべく正確にカウントしようと思います。



さあ、みんなも公認ストップウォッチをダイソーで買って映画館へ行こう。
追伸:なんとかストップウォッチで数をカウントできる方法が見つかりました。時計の秒合わせ設定を利用すればいいんです。
さあ、君も公認ストップウォッチを買って映画館へ急げ(まだ言うか)

テーマ : アクション映画
ジャンル : 映画

プロフィール

ヒッシー

Author:ヒッシー
映画レビューから最新作の情報配信まで、映画に関する面白いことなら何でも書いちゃおうといったブログです。また映画フィギュアの紹介とそれを使ったコント劇も作っています。なぜか真面目な話が作れません(笑)と言うか、お笑いのほうが作ってて面白いし。
読んでくれた人に笑って楽しんでもらえる、そんなブログを目指しています。たまには真面目なレビューもするよ(笑)

その他の映画情報
気になる映画情報をつぶやきます
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。