スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなラドクリフ君を見たことない:『ホーンズ』の感想

『ホーンズ』を鑑賞。
ホーンズ1

恋人殺しの容疑をかけられた男のひたいに突如ツノが生え始め、それと同時に備わった特殊能力で真犯人を探す話。
いや、厳密には、相手が勝手に自白するというのが正しい。探す苦労はしていないのだ。なぜならその能力は、会う相手相手が勝手に自分の本音を語り欲望をあらわにするからだ。苦労をしないのはそういった理由があるから。
そんな能力だからいつかは真犯人に当たる仕組みなのだ。一応そうならないようにする要素もあるがちょっと苦しい。でも苦労がないことには変わりない。ただ別の苦労があるようで、事件と関係ない部分を相手がベラベラと語りだすのだ。はっきり言って事件の真相などよりもそれが一番に楽しい映画だ。
ラドクリフ君にとっては迷惑な話だが、医者が、看護婦が、病院の受付が、子供を持つ主婦が、警官が、テレビレポーターが、ウェイトレスが、普段はそんなことを考えてたのかと笑いが止まらない。
この映画の主演はハリーポッターのダニエル・ラドクリフ君です。よって彼のファンはこの映画に興味を持っているのではないでしょうか。ハリーポッターが完結した以降、彼はジャンルも様々な作品に出演してきました。それは決して大作だけというわけではなく、通好みの監督が撮った小品も中には含まれています。そこから、彼の役者にかける並々ならぬ情熱を感じることができます。それは、ハリーのイメージから抜け出したいといった気持ちが初めにはあったかもしれません。しかし、もう彼をそんなイメージで見る人はいないでしょう。立派なアクターです。
と、そんなことを言ってる自分ですが、実はハリーポッターを一度もまともに見たことがないんです(笑)だから偉そうに成長がどうとか言えないんですけど。でもラドクリフ君の俳優としての凄さはこの映画からも感じました。
過激なセックスシーンも見事に演じてるし(笑)すいません、他もちゃんと演じてますよ(笑)ただ、映画を見たことがないけど、彼の小さかった頃のビジュアルは知っていたので、だからセックスシーンに仰天してしまったというわけで。
そんなラドクリフ君の成長した芝居を堪能できるのが先に説明した人々の自白だ。
様々な欲望を剥き出した人間たちに対するラドクリフ君のリアクションが楽しいのなんのって。なんかこれだけ書くとコメディのように勘違いされそうですがちゃんとした犯罪スリラーになっていて犯人を前に苦悩するラドクリフ君も見れますのでファンはご安心を。
だがラドクリフ君にとっては迷惑な話だ、本人が望まなくとも相手の汚い欲望と悪意の言葉が聞こえるんだから。それも親兄弟からも聞こえるんですよ。容疑者となって唯一の味方だと思っていた両親と兄弟から、これとないきつい言葉を聞かされるんだから。また仰天もののカミングアウトまでされてしまう。
唯一の救いは、相手が善良な人間なら汚い欲望の言葉を聞かないで済むということだ。
でもこれがですね、世の中そんなに甘くはないということです。そんな人間がこの世にいると思いますか?人間とは、世界とは、そんなものだとこの映画はテーマとして訴えているのだ。嘘ですけど(笑)
最後に、この映画はアレクサンドラ・アジャ監督の作品ですが、彼の撮った一連の作品を期待しないように。
『ハイテンション』『ヒルズ・ハブ・アイズ』『ピラニア3D』とスプラッター映画ファンには評価の高い作品を作ってきましたが今回はそれとは全く違うテイストの作品になっています。決してグロを期待しないように。
原作が、スティーブン・キングの息子であるジョー・ヒルの小説なのでいつもとは違った映画になったようです。

スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

『ヴィジット』の感想

『ヴィジット』を観賞。
ヴィジット1
祖父母の家へお泊り旅行に行った姉と弟の兄弟が、そこで恐ろしい体験をする話し。
そこで起きることは、いわゆる今流行りのジャパニーズホラーの演出を取り入れたハリウッドホラーだ。別に目新しいものではない。
しかし水準レベルにあるしなんといっても監督はM・ナイト・シャマランだ、期待をしてしまう。
そんな怖い目にあうのが子供二人というのもより恐怖演出を高めてくれるだろう。と思ったら大間違い。どんなに不気味で恐ろしい目にあおうと全く同情できないのだ。
なぜか。それは二人が酷くムカつくガキだから(笑)映画でこれだけイラつく子供を見たのは久しぶりだ。言動と行動のすべてがイラつく(笑)
そしてクライマックスである。そこでは更に同情できない壮絶なクライマックスが待っている。だがそれで終わりではない、エンドロールでトドメを刺されるのだ(笑)
さすがシャマラン、期待を裏切らない出来である。「シックス・センス」以降、肩透かしな内容の作品を乱発し迷走状態を続けてきたシャマランであったが、新作でようやく長いトンネルから抜け出したとのニュースを見聞きした。
でもなんのことはない、蓋を開けてみればいつも通りのシャマラン映画であった(笑)
でもプロット的には一番まっとうで不自然のないホラー映画と言えよう。低予算が功を奏したかな。
最後に、宣伝で使われている三つの約束。
1 楽しい時間を過ごすこと
2 好きなものは遠慮なく食べること
3 夜9時半以降は部屋から外に出ないこと
この三つの約束には騙されないように(笑)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

『13日の金曜日』と『かぐや姫の物語』の共通性

今日は13日の金曜日です。そして『かぐや姫の物語』のテレビ放送日
共通することは・・・・
竹・・
たけb

切り株・・
たけa

切り株ホラー・・
たけ3

ばんざーーーい!(笑)

そんなわけで、切り株から姫が生まれました(笑)

13日

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

恐怖映画をついに克服する

ついに始まった『ニューヨーク 心霊捜査官』。うう・・怖いよ、え?あそこの暗闇でなんか動いた?ヒッ、今映画の音とは別の音がしなかった?ひ〜
というわけで、昨晩の視聴は中止になりました(笑)情けないというなー!!
これがしかたないんですよ、いやなにがって、サラウンドヘッドフォンの音響効果が想像以上の恐怖だった。
ストーリー的にはですね、実は思ったほど怖くはないんですよ。R18指定というからどんなに残酷な映像があるのかと思っていたら大したものではありませんでした。まあ、そういった映画に耐性のない人だったら目を反らしたくなるような映像なんですけど。でも本当に全然大丈夫、なんたってプロデューサーはあのジェリー・ブラッカイマーで主演はエリック・バナですから。彼らが手掛ける映画にグロを売りにしただけのB級ホラーっぽさなんてあるわけありません、ちゃんと一流感が出ています、金もかかってそう。
映画は実話をベースに脚色したもので、冒頭はアメリカ海軍の戦闘から始まります。どこかの戦地でその国に人間と海軍が激しい戦闘を繰り広げている。
マシンガンによる銃撃戦と爆発、それだけでブラッカイマー印と言えるのではないでしょうか。自分でも疑ってしまいましたから、これってホラー映画だよなって。
物語は、この戦闘に加わった三人の戦闘員がある洞窟に侵入して、そこで正体不明のなにかに遭遇するシーンから始まります。
舞台は変わってニューヨーク。
ニューヨーク市警に刑事として勤務するエリック・バナは通報のあった家へと向かいます。部屋には夫から暴力を受けて顔を傷だらけにした妻がいて、逃亡しようとした夫をエリックは捕まえます。
次に通報があったのは動物園からでした。女が自分の赤ん坊をライオンの檻の中に投げ捨てたというのです。幸い子供は助かりましたが女はまだ行方不明でした。まだ園内にいるはずと聞いたエリックらは女の行方を探します。
閉園になった夜の園内を捜索するエリックらはついに女を探し当てる。しかし彼女は錯乱して意味不明の言葉を呟いているだけでした。
そのときです、背後のライオンの檻に一人の人間がいたのに気づいたのは。彼は塀にペンキを塗っている業者のようでした。もしかしたら彼が一分始終を目撃したいたかもしれない、そう思ったエリックは声をかけます。
だが振り向いた彼の顔は普通の人間のそれではなかった。おぞましさと恐怖。
エリックはすぐに檻へと入るのだが男は跡形も無く姿を消していた。
このあとに第二第三の不可解な事件が起きて、その全てを繋げていたのが一人の人間だと分かります。そう、あの消えた男です。
やつの目的と正体とは。そこにもう一人の人間が登場します。自分を神父だと語る彼はエリックに助言を与えるのです。彼はその後エリックと共に事件の捜査に深く関わっていくことになります。
事件を起した人間が「うげ〜うげ〜」とうめき声をあげながら凄まじい形相で迫ってくる。そして神父の登場。もうお分かりですね、誰が見たって悪霊話です。話しは至ってシンプル、つまり戦場で悪霊に取り憑かれた兵士がニューヨークで悪さをするというだけの映画です。その悪霊を神父がお祓いをする話し。それに刑事が巻き込まれてしまう。
ただ少し変わってるのは、刑事には霊感のようなものが備わってるんです。以前から直感めいたもので事件を察知していた能力が実は霊感の一種だった。この事件をきっかけに能力が一層高まり他人では見えないものが見えるようになるんです。それが原因で彼の身にも危険が及ぶようになっていく。
実はですね、この彼の能力が映画を見る自分を変えていくことになっていくんです。
音が怖いと言いましたよね。またその使い方が、ホラー映画によくある演出で突然大きな音がなったりするやつがあるじゃないですか。いかにも来るぞ来るぞといったシーンで突然見えないところからドーーーーン!!となにかが登場するような。そのシーンをヘッドフォンで、しかもサラウンドで聞くわけですよ、マジで心臓が飛び出しそうになりますから。最初の頃はこれに絶えるのに必死でした。
けどエリックに能力があると分かると自分にある妄想が沸き上がってきたんです。
エリックと神父はその後、強力しあって悪魔払いをすることになります。その悪魔払いも出色の出来です。あの『エクソシスト』に迫る悪霊との対決といえるでしょう。まさにクライマックスに相応しい迫力でした。
怖さと迫力に圧倒されますが、実はこの展開に自分は燃えたんです。神父と霊感を開花させた刑事が強力して悪霊を倒す。どうです?めっちゃ熱い設定と思いません?またエリックは過去に罪を犯した苦しみに苛まれていて、それを神父が赦す場面があるんです。これを期に二人の間には信頼関係が生まれる。このことが最後の対決でも効果的に描かれます。
『NY 心霊捜査官』という邦題に正直B級臭さを感じてたんですが今ではピッタリだと思っています。だって霊感があるんだからその通りだし。アニメの『幽々白書』と同じですよね、あの主人公も霊界探偵でしたから。そんなふうに呼ばれてたけど内容はハードで主人公もかっこよかったし。
もし映画に続きがあるならもっと面白くなっていくんじゃないのかな、そんなふうに映画を見ながら考えていたわけです。
そして映画が終わって最後にテロップが流れるんですけど、そこにはこんな言葉が。
刑事はこのあと職務を退職し神父と共に務めに励んでいると。
考えてたことがほんまになってたんかーーい!(笑)
続編を早く望む!
下の映像は映画の主人公のモデルになった実在の人物です。
実際はうさん臭いよな(笑)やっぱり映画だけでいいわ(笑)

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

ホラー映画を見た後は風呂に入るのが怖くなる(苦笑)

家で映画を見るときはスクリーンで見る事がほとんどなんですけど、唯一見るのをためらうのがホラー映画なんですよ。
いえ好きですよ、ホラー映画は。でもそれは、大勢の観客がいる映画館で見たり部屋を明るくする場合にかぎってのこと。
スクリーンにプロジェクターの映像を写す場合は部屋を完全に暗くしなければならないんです。しかも自分は一人暮らし。これがどれほど勇気のいることか(苦笑)
あと、近所迷惑にならないようにサラウンドヘッドフォンをつけて映画を見てるんです。サラウンド効果があると映画館と同じような臨場感を得られるといったメリットもあるし。それでアクション映画なんか見ると本当に迫力があって楽しめます。でもそれがホラー映画だと・・・とんでもない恐怖体験を味わうことになるんです。
昨日『ニューヨーク心霊捜査官』というブルーレイをレンタルしてきました。タイトルで分かるいうにホラー映画です。しかもR18指定作品。それをこれから見ようというのです。
心霊8

この映画を撮った監督の前作に『フッテージ』というホラー映画がありまして、これもかなり怖かったんですよ。なにか得体の知れない不気味な雰囲気も相当ですけど、なにより怖かったのが音楽なんです。呪文のようなこの世の者ではないような不気味な声が調和の乱れた旋律と一緒に流れてきて常に不安と恐怖をかきたてるんです。
昨日のニコニコ生放送でも『NY 心霊捜査官』のDVD&ブルーレイ発売記念ということで『フッテージ』の無料放送をしてましたけど、やっぱり怖かった。
心霊6

もう覚悟を決めて見ますけど、なんだか部屋にいるフィギュアたちも怖く見えてきました。
心霊1

スカーレット・ヨハンソンとスタローンがこんなことになってます(苦笑)
心霊2
心霊3

あ〜ついに始まった〜
俺に勇気を・・
心霊7

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

プロフィール

ヒッシー

Author:ヒッシー
映画レビューから最新作の情報配信まで、映画に関する面白いことなら何でも書いちゃおうといったブログです。また映画フィギュアの紹介とそれを使ったコント劇も作っています。なぜか真面目な話が作れません(笑)と言うか、お笑いのほうが作ってて面白いし。
読んでくれた人に笑って楽しんでもらえる、そんなブログを目指しています。たまには真面目なレビューもするよ(笑)

その他の映画情報
気になる映画情報をつぶやきます
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。