スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すぐにセックスが出来ていいなあ:『007 スペクター』の感想

『007 スペクター』を鑑賞。
スペクター1

予め言っておくと、自分はダニエル・クレイグが演じたジェームス・ボンド以前の007をほとんど見ていません。
ピアース・ブロスナンがボンドを演じた007の何作かはおそらく見た可能性はありますが、今はその内容を全く覚えていません。まともに見たことがないショーン・コネリー版やロジャー・ムーア版などなおさら。
ただ幼い時に微かに映像を見た記憶があり、子ども心に、ボンドが乗る改造車や秘密兵器にワクワクした記憶はあります。一番カッコよく印象に残っているのはロータス・エスプリでしょうか。潜水モードに変形する車がひじょうにカッコよかった記憶があります。
自分が本格的に見だしたのはダニエル・クレイグ版007からです。
このシリーズは過去作からのオマージュシーンが多様されており、それを知っていればより楽しめる作りになっているそうです。
またクレイグ版ボンドは過去のシリーズとリンクするような構成にもなっており、ファンならよく見知った人間が登場し、それを知っていれば相当嬉しいサプライズになるのだそうだ。
自分はその知識がゼロなので、どうしても007から切り離したアクション映画としての評価になってしまいます。
最近はスパイ映画ブームであり、『キングスマン』や『コードネーム アンクル』と立て続けにスパイ映画が公開され、そのどれもが高い評価を得ています。
自分は『キングスマン』を鑑賞しましたが、007のようにオリジナルが存在しないおかげか、スパイ映画だという意識をせずとも一つのアクション映画としてとても面白く鑑賞できました。アクション映画好きなら誰にでもオススメできる作品です。しかしこの映画は、過去のスパイ映画を現代的に再構築した作りにもなっていて、やはり他のスパイ映画を知っていればより楽しめるのかもしれません。
『コードネーム アンクル』は『0011ナポレオン・ソロ』という過去のテレビドラマを映画化したもので、それも007と同じような楽しみ方ができるタイプの作品です。映画はまだ未見ですので次への評価にしたいと思います。
ダニエル・クレイグ版007は、そんなスパイ映画に無頓着な自分でも十二分に楽しめる映画でした。それは過去のシリーズで描かれたボンド像とはかなり異なっていたからかもしれません。
一番最初の『カジノ・ロワイヤル』では、殺しのライセンスを取ったばかりのまだ命知らずで無鉄砲な頃のボンドが描かれ、そんな彼のアクションに胆を冷やさんばかりのスリリングな怖さと興奮を感じました。いろんな意味で金玉が縮みあがりましたから。高所恐怖症的な怖さに痛み的な怖さ。見た人なら分かりますよね。とにかく、シリーズを通してそんな命知らずなアクションを見せてくれるのがクレイグ版ボンドなのだ。そして常に血にまみれた傷だらけの戦いを行う。時には仮死状態になって蘇生することも。
高級ブランドのスーツに身を包んでいてもその下に眠る野獣のサガは隠せない、それが新生ボンドなのだ。その野獣っぷりは性欲にも現れる。とにかく会う女会う女とセックスしまくるのだ。しかも本人も認める人妻好き。
スーツ姿をビシッと決めて粋な言葉を口にするかっこいいボンドに血まみれになりながら戦うボンド、そして女を意のままにコマして体を貪るボンド、男なら憧れるではないか。またダニエル・クレイグの容姿がその全てを体現しているのだ。もう彼以外のボンドは考えられない。
そんなボンドが本気になって女を愛し純な青少年のようにウキウキするする姿も微笑ましい。いわゆるギャップ萌えというやつだ。その結果、彼は上司に突然の辞職メールを送る。あまりの無計画さと突然ぶりに、これがあの殺しのライセンスを持つ非情な男なのかと唖然としてしまう。だがこれもボンドなのだ。そんなボンドが自分は好きなのだ。
その後どうなるのかは皆さんご存知のはず。ボンドの苦しみも。そんな人間臭い生き様もまた、クレイグ版ボンドだ。そして彼は復讐者となるのだ。
このように、クレイグ版ボンドは自分にとって実に魅力的なキャラクターとして映画を面白いものにしてくれました。
そして今回の新作では、ついにボンドの戦いに一つの終結が訪れる。それはボンドの心の奥底に刻まれた深い悲しみと彼の生涯を決めたであろう幼き日の傷を清算し癒すものだ。それを克服しようとする彼の眼の前に現れたのはスペクターと呼ばれる巨大な悪の組織であった。世界の悪を牛耳り裏から操るのがこのスペクターだ。ボンドの悲しみと血塗られた道の先にある到達点こそがこの組織だったのだ。そして避けられない運命と因縁としてボンドの前に立ちふさがる。
おそらく壮絶な戦いは避けられないだろう、そう思うではないか。
だがしかし、これがですね、映画を見た時に「え?この程度の組織なん?」と思うわけなんですよ。これまで散々ボンドを苦しめた元凶なだけにどれだけ凄い組織なんだろうと思うじゃないですか。おまけにスペクターのボスを演じるのが名優クリストフ・ヴァルツです。その、見る人誰をも引き込む曲者的な芝居に彼の出演する作品は常に期待されるほどです。彼の名が知れ渡ったのは『イングロリアス・バスターズ』からでした。監督のクエンティン・タランティーノが重要な役としてキャスティングするほどですからその才能は保証されたも同然です。またその後の彼の仕事も期待を裏切りませんでした。
そんなクリストフ・ヴァルツがボンド最大の敵を演じるんです。以前と変わらぬ期待をしてしまうじゃないですか。自分的には、映画を見る最大の理由はそれと言ってもいいぐらいでした。
だが遂に全容を現したはずのスペクターは自分の予想を遥かに下回るもので、それを束べるボスも組織のスケールに相応しく小者感漂う残念っぷりでした。
威厳さが皆無で何をしても何を語っても滑稽にしか見えないんです。
そしてこの小者っぷりに相応しい組織の最後にも腰砕けです。
呆気ない、まさにこの言葉が相応しい組織とボスの最後で、前3作はこのためにあったのかとしばらく虚しさを感じました。
それも突っ込みどころですが、映画には他にもたくさんの突っ込みどころが確認できます。評価の中には、ダニエル・クレイグボンドの総決算や、これこそがファンが待ち望んだ007といった高評価を見ることができますが、自分は突っ込みどころが多いせいでまともに評価するまでには至りませんでした。
もしかしたら、この間抜けな突っ込みどころも含めて高評価になってるんでしょうか。見たわけではありませんが、昔の映画には確かに突っ込みどころが多いし・・。日本や宇宙を舞台にした007があるんですよね、それなど見る前から予想できます。
しかし良かったところもあったのは確かで、特にQとの掛け合いなどは楽しかったですね。それは前作で初登場した時から感じていました。Qを今時の若者に設定したところも考えが古い堅物のボンドとの掛け合いを面白くしているのかもしれません。そういったチームとの連携プレーでボンドの魅力がさらに発揮されるかもしれませんね。昔のものはどうだったんでしょうか。
スペクターでは、それを感じさせるラストで終わり、今後の007に期待をしてしまいます。
でもそんな内容になると『ミッション・インポッシブル』と被ってしまうんですよね。クレイグボンドもイーサン・ハントに負けないぐらいの不死身っぷりだし。違うのはセックス好きぐらい。
組織の変容を迫られる内容にもなっていましたし、新しい時代に合わせてスパイ映画を作ることって本当に難しんでしょうね。米ソの冷戦時代なら普通だったことが今ではできませんから。現代の危機管理は人の手や足で行うのではなく衛星やコンピューターが行ってるわけですから。「ミッション・インポッシブル・ローグネイション』も、まさにそんな問題に面と向かう内容でした。
まあ色々と問題が多かった今回の007ですが、今後への布石を残したことで次はまた新しい007とボンドを見せてくれるのではないでしょうか。そういう意味では見所がある『007 スペクター』だと思います。


スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』イン コンサート2015に行ってきた

ついに行ってきました『バック・トゥ・ザ・フューチャー』イン コンサート2015。
バック
ご存知の方もいるかと思いますが、知らない方のために簡単に紹介したいと思います。
第1作目の映画が公開されてから今年で30周年を迎える『バック・トゥ・ザ・フューチャー』。また今年2015年は、映画第2作目でマーティとドクが未来へタイムスリップした年でもあります。それを祝い、世界各国でカウントダウンを行う様々なイベントも開催されました。
今回紹介するコンサートは、そんな記念すべき年に行われたBTTF最大のお祭りと言えるでしょう。
コンサートは、映画1作目を上映しながら劇中で使用された音楽を生のフルオーケストラで演奏するといったものになっています。
コンサートは世界各国を巡り、そしてとうとう日本に上陸したのです。
まずは東京で開催され、次に行われたのが大阪でした。私が行ったのは昨晩の大阪公演です。
コンサートの模様は既に動画で海外のものを見ており、小さな画面からでも伝わるその盛り上がりに期待がさらに膨らむのでした。
また、オーケストラの鑑賞が初めてということもあって、それに対する楽しみもありました。
映画音楽のオーケストラコンサートは以前からありました。特にジョン・ウィリアムズ作曲の映画コンサートが有名で、それに対する憧れをずっと抱いていたのです。『スターウォーズ』や『スーパーマン』や『インディ・ジョーンズ』などの彼が作ったオーケストラスコアは身震いするほどの興奮と感動がありますからね。それはもちろん、アラン・シルベストリが作った『バック・トゥ・ザ・フューチャー』も同じです。あの音楽を聴いてテンションが上がらない人なんていないでしょう。その音楽が、そしてフルオーケストラで聴けるのだ。気持ちは高まるばかりです。
そしてついに迎えた当日、館内には、自分のお気に入りのキャラのコスチュームに身を包んだ多くのファンの姿が見られ熱気が充満しています。そう、ここは、映画が好きで好きたまらない人間たちが集まった場所なのだ、そんな彼らとこの一夜を共にできる喜び、生涯忘れられない思い出になりそうです。
館内のロビーには、実物大の次元転移装置やMr.フージョンが置かれ、ホットトイズのマーティのフィギュアが置かれています。東京の公演には実物大のデドリアンが登場したとのことで、大阪公演にはその展示がなく少し残念な気持ちにはなりました。でも今日の主役は音楽、残念な気持ちは期待への高まりにすぐに消えてしまうのでした。
自分の席は三階の最前列、3階の上から見下ろす位置とは言え、最前列でスクリーンとオーケストラの全体が見渡せるということもあり、チケットを買って席を確認した時の不満は解消されていました。
バック2

アナウンスが場内に響き渡り遂にコンサートの始まりがやってきました。しかしまだ映画は始まりません。壇上に立った指揮者がタクトを振り上げ、その直後に鳴り響いたのは映画のメインテーマでした。ここで最初のテンションが上がります。自分の目にはうっすらと涙が浮かんでいました。これがオーケストラなのか、まさに音を感じるという感じで、それぞれの楽器の音が肌を震わすようだ、そしてそれは体の中へと浸透していき心臓を激しく脈打つ。鼓動は高まり、心が震える。その興奮と感動は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』という素晴らしい音楽によって更なる高みへと押し上げられるのだ。
テーマ曲は、そのまま映画のオープニングへと移ります。ここから映画の上映の始まりです。
映画の面白さは今さら語るまでもないでしょう。これほど完璧に面白い映画はありません。また、数十年ぶりに大画面で見る感激もありました。何度も何度も繰り返し見た映画がまた新たな楽しさを持って蘇ります。
劇場は笑いに包まれていました。笑い、興奮し、感動する、これまで何度体験しても、やはりそうならずにはいられない、それが『バック・トゥ・ザ・フューチャー』なのだ。
しかしふと自分は気づきます。「あれ?オーケストラがあったよな」と。いつの間にかオーケストラの存在を忘れていたんです。それはなぜか?実は映画の面白さに没頭してしまってその存在に気づかなくなっていたのだ。
映画を見ながら何度も聴き馴染んだ曲、それに加えてオーケストラの演奏が映画と完璧にシンクロしているので、それがゆえにオーケストラの存在を気づかなくなっていたのだ。
これでは、オーケストラの意味がないんではないか?
そして映画はひとまず休憩となり20分間のインターミッションに入ります。
その間に買ったのがドクのフィギュアです。すでにマーティを持ってましたので今回はドクのみの買い物です。しかしこの二人よりもジョージが人気だったことには驚きましたが。すぐに売り切れになったんです。
バック3

20分の休憩を挟み後半が始まります。
始まりは公演の最初と同じものでした。まずは曲から入りその後に映画本編に移るという演出です。そこでかかる曲は映画のパート3で使われた曲でした。1の上映でこれがかかるとはなかなかのサプライズではないでしょうか。
そしてやはりオーケストラの生演奏に感動してしまいます。最初に語ったように本当に素晴らしんです。だからこそ、この後の上映で感じるであろう事柄に多少の戸惑いを感じたりもして・・。
映画はやはり素晴らしい。後編になってからはさらに盛り上がります。でもオーケストラは・・もう忘れよう、映画を存分に楽しもうではないか、そう自分は気持ちを切り替えたのでした。
そして映画は終わりエンドロールになります。ここでも何度も聞いたあの音楽が高らかに場内に響き渡ります。エンンディングにふさわしい感動のスコアです。そこはさすがに映像がないせいか、オーケストラを思う存分に堪能することができました。
全てが終わり劇場内には割れんばかりの拍手が鳴り響きます。指揮者と奏者の挨拶と共に拍手はいつまでも続きます。
一度指揮者が壇上を降り再び姿を現した後に行われたのは映画のメインテーマの演奏でした。やはりここでも感動の嵐。
それが終わり遂に公演に終わりがやってきます。場内には再び割れんばかりの拍手が鳴り響く。それは以前のものよりもさらに大きなものでした。
挨拶の後に壇上を降りた指揮者が手にしてのは壇上横に置かれていた黒いバックでした。そしてその中から出てきたのは、なんと映画のパート2で出てきたホバーボートじゃないですか!それを脇に持って、深海パーティーでマーティが演奏した時に見せた軽やかなステップを踏む指揮者、またもた場内は笑いに包まれ拍手で満たされます。これで全てが終了です。
ここで今回のコンサートの総括です。
正直に言ってオーケストラの存在に多少疑問を感じる内容でしたが、上映前、インターミッション、上映後に聞くことができた演奏は本当に素晴らしいもので満足のいく内容でした。本音を言えば、演奏のみのコンサートを開催してもらいたいと願いたいところです。
だがそれよりも収穫だったのは、同じように『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を好きな人間と映画を共有できたことです。
そんな映画愛を強く感じた今回のコンサートでした。
また上映最後には、今回のような内容で『インディ・ジョーンズ』と『ET』の上映コンサートが開催されることがアナウンスされ、次回への楽しみを胸に会場を後にしました。

テーマ : ブログ日記
ジャンル : ブログ

こんなラドクリフ君を見たことない:『ホーンズ』の感想

『ホーンズ』を鑑賞。
ホーンズ1

恋人殺しの容疑をかけられた男のひたいに突如ツノが生え始め、それと同時に備わった特殊能力で真犯人を探す話。
いや、厳密には、相手が勝手に自白するというのが正しい。探す苦労はしていないのだ。なぜならその能力は、会う相手相手が勝手に自分の本音を語り欲望をあらわにするからだ。苦労をしないのはそういった理由があるから。
そんな能力だからいつかは真犯人に当たる仕組みなのだ。一応そうならないようにする要素もあるがちょっと苦しい。でも苦労がないことには変わりない。ただ別の苦労があるようで、事件と関係ない部分を相手がベラベラと語りだすのだ。はっきり言って事件の真相などよりもそれが一番に楽しい映画だ。
ラドクリフ君にとっては迷惑な話だが、医者が、看護婦が、病院の受付が、子供を持つ主婦が、警官が、テレビレポーターが、ウェイトレスが、普段はそんなことを考えてたのかと笑いが止まらない。
この映画の主演はハリーポッターのダニエル・ラドクリフ君です。よって彼のファンはこの映画に興味を持っているのではないでしょうか。ハリーポッターが完結した以降、彼はジャンルも様々な作品に出演してきました。それは決して大作だけというわけではなく、通好みの監督が撮った小品も中には含まれています。そこから、彼の役者にかける並々ならぬ情熱を感じることができます。それは、ハリーのイメージから抜け出したいといった気持ちが初めにはあったかもしれません。しかし、もう彼をそんなイメージで見る人はいないでしょう。立派なアクターです。
と、そんなことを言ってる自分ですが、実はハリーポッターを一度もまともに見たことがないんです(笑)だから偉そうに成長がどうとか言えないんですけど。でもラドクリフ君の俳優としての凄さはこの映画からも感じました。
過激なセックスシーンも見事に演じてるし(笑)すいません、他もちゃんと演じてますよ(笑)ただ、映画を見たことがないけど、彼の小さかった頃のビジュアルは知っていたので、だからセックスシーンに仰天してしまったというわけで。
そんなラドクリフ君の成長した芝居を堪能できるのが先に説明した人々の自白だ。
様々な欲望を剥き出した人間たちに対するラドクリフ君のリアクションが楽しいのなんのって。なんかこれだけ書くとコメディのように勘違いされそうですがちゃんとした犯罪スリラーになっていて犯人を前に苦悩するラドクリフ君も見れますのでファンはご安心を。
だがラドクリフ君にとっては迷惑な話だ、本人が望まなくとも相手の汚い欲望と悪意の言葉が聞こえるんだから。それも親兄弟からも聞こえるんですよ。容疑者となって唯一の味方だと思っていた両親と兄弟から、これとないきつい言葉を聞かされるんだから。また仰天もののカミングアウトまでされてしまう。
唯一の救いは、相手が善良な人間なら汚い欲望の言葉を聞かないで済むということだ。
でもこれがですね、世の中そんなに甘くはないということです。そんな人間がこの世にいると思いますか?人間とは、世界とは、そんなものだとこの映画はテーマとして訴えているのだ。嘘ですけど(笑)
最後に、この映画はアレクサンドラ・アジャ監督の作品ですが、彼の撮った一連の作品を期待しないように。
『ハイテンション』『ヒルズ・ハブ・アイズ』『ピラニア3D』とスプラッター映画ファンには評価の高い作品を作ってきましたが今回はそれとは全く違うテイストの作品になっています。決してグロを期待しないように。
原作が、スティーブン・キングの息子であるジョー・ヒルの小説なのでいつもとは違った映画になったようです。

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

今度は戦争だ:『ハンガー・ゲーム ファイナル・レボリューション』を鑑賞

『ハンガー・ゲーム ファイナル・レボリューション』を鑑賞。
ゲーム2
正直『ハンガー・ゲーム』シリーズはあまり好きではなかった。
独裁国家のもと、圧政に苦しむ市民の中から地区ごとに一人の人間を選び出し彼らに殺し合いをさせるという内容があまりにも日本で作られた『バトルロワイアル』に似ていたからだ。
まあそれでもいいだろう、肝心なのはそのゲームの内容だ、特にバイオレンス映画を好む人間は期待してしまうだろう。それが凄惨であればあるほど楽しいに違いない。『バトルロワイアル』がそうであったように。
だが期待は落胆に変わった。痛みや恐怖が共わない戦いに、それに加えて甘っちょろい男女の恋愛劇、いかにもティーンが好むライトノベル感覚の映画だ。出演俳優は誰もがイケメンと美女揃い。実際そのような映画が現在もたくさん作られている。
そのような内容の1と2があってその次に期待せよというのが無理な話だ。
2のラストでは、いよいよ物語が本格的に動きだす気配で終わるがそれでも次を見たいと思える気持ちにはさせられない。
だから3を劇場で見なかった。厳密には、行こうとしたがいつの間にか終わっていたが正しい。だがさして残念な気持ちでもなかった。それほどの映画に自分の中ではなっていたということだ。
だがそれが一変する。
ある日のこと、レンタルビデオ屋に3が置かれていたことに気がついた。発売のアナウンスさえ気にもしない作品になっていたのだ。
特に借りたい映画もなかったし、ならば見てみるか、そんな軽い気持ちでのレンタルであった。
そして見てびっくり!1や2の面影はどこえやら、全く違う映画になってるではないか、今度は戦争だ、戦争映画と化しているではないか。
それもぬるい部分がなく徹底して戦争の残酷な部分を描いている。そこで描かれる戦争は、人類がこれまでに歩んだきた戦争史をなぞらえたものであった。
プロパガンダによって民衆の意識を煽り戦闘意識を隆起させるやり方なんて特に。でもそれは決して良いイメージのものではない、ある種の洗脳であってかつての悪しき戦争でも使われたやり方だ。例え大義のためとはいえそれを行うことは非ではないか?そんな疑問と不信感が映画を見ながら常に違和感として伴う。それはカットニスとて同じなのだ。しかし彼女の怒りはそれを凌駕してしまう。戦争はいつだってそうだ。
このように、3は優れた戦争映画として生まれ変わったのだ。そして物語は最後に、またもや波乱を予感させる結末で終わる。これは期待できるではないか、もう自分の記憶からは1と2は抹消されていた。
そして遂に迎えた公開当日。果たして自分の目に完結編はどう映ったのか。
文句無しの出来であった。前作で評価した戦争映画としての優れた内容がさらに純度を上げたものになっていた。確かにあのゲームは見るのに辛かった。だがあのライトノベルゲームは3と4へ至る道への長い長い壮大な前振りとして必要だったのだ。その甲斐あってとてつもない作品に仕上がった。あのゲームは、ある一つの目的達成のために絶対に必要だったのである。
またその過程で戦争の酷たらしさをより明確に描く。
無実の人間と愛する者の犠牲をどれだけ伴わなければならないのか、争いは憎しみが憎しみを生む悲劇の連鎖だということをこの映画は訴える。残るのは虚しさだけだ。この映画は、そんな世界に巻き込まれてしまった女性の悲しき物語なのだ。
この世界は常にどこかで今も争いが行われている。人々は昔から今に至るまでそんなかりそめの平和の中で生きている。それはこれからも変わることなく続いていくだろう。
「人間は過去の過ちを忘れ学ぶことをしない」登場人物の一人が語る言葉だ。
あの最初のゲームからこんな深淵なテーマになると想像できただろうか(原作既読組は既に知っていたが)
全てが終わりかりそめの平和は訪れた。だがカットニスの代償はあまりにも大きすぎた。彼女は生涯それを背負って生きて行くのだ。なんという悲しい宿命だろうか。
だからこそ、彼女のラストシーンにはひとときの安らぎを感じずにはいられない。この安らぎが永遠に続けばいいのに・・
どうかカットニスの生涯に平穏と幸福があらんことを。
最後にもう一つ。
このようなシリアスなテーマを持った映画ですが、実はサバイバルホラーアクションとしても見応えのある内容になっているのだ。
監督が『コンスタンティン』や『アイアムレジェンド』のフランシス・ローレンスだということで大いに納得できる怖さです。

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

久しぶりの更新です。

約二ヶ月ぶりにブログを再開しました。手をつけてなかったからブログが使えなくなってたらどうしようとヒヤヒヤしましたが問題なくて一安心。
過去に見た映画レビュー8作品をブログに書きましたので、もし自分のブログを以前から読んでくれている方がいましたらよろしければそちらもご覧になってください。
また最近は動画制作も頻繁に行っており、その一部を紹介します。
まあ知ってる人は知ってると思いますが相変わらずバカな内容です(笑)
楽しんでいただければ幸いです。



テーマ : ブログ日記
ジャンル : ブログ

プロフィール

ヒッシー

Author:ヒッシー
映画レビューから最新作の情報配信まで、映画に関する面白いことなら何でも書いちゃおうといったブログです。また映画フィギュアの紹介とそれを使ったコント劇も作っています。なぜか真面目な話が作れません(笑)と言うか、お笑いのほうが作ってて面白いし。
読んでくれた人に笑って楽しんでもらえる、そんなブログを目指しています。たまには真面目なレビューもするよ(笑)

その他の映画情報
気になる映画情報をつぶやきます
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。